お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2017年9月18日月曜日

武器にカネ使いすぎ 住民をなだめているが…住民反応冷ややか

RFAの報道 、北朝鮮内部に情報網のある文記者の渾身レポート

www.rfa.org/korean/in_focus/nk_nuclear_talks/comfortnkpeople-09132017092607.html


アンカー:北朝鮮が核とミサイル開発完成により“人民らが腰のベルトを解く(余裕のある生活ができる)ようになること”としながら住民なだめに出たと知らされました。
反面週ミンらは核開発で情勢不安だけ加重させたとし,当局の宣伝に不信感を思っていると消息筋らは伝えました。
ムン・ソンフィ記者が報道します。

12日咸鏡北道の一消息筋は“市党宣伝部で毎人民班らに高級中学校教員らを講師で派遣して,住民講演を進行している”として“講演は核抑制力完成で国防費を減らせて人民生活向上の基礎が用意されたという内容”と話しました。

消息筋は“金正恩が再び私たちの人民らが腰のベルトをきつくしめないようにする(ひもじい思いをさせない)といった約束を守ることができないことに対して非常に胸が痛いという内容も入っている”としながら“金正恩が自ら人民らに固くした約束を破ったことを認めたもよう”と付け加えました。

消息筋はまた“講演では天文学的資金を核抑止力強化にまわすほかはなかったという弁解をしていて,金正恩が人民生活をけり飛ばして核開発に没頭してきたことを認めるような内容も入っている”と伝えました。

消息筋は続いて“水素爆弾開発が成功的に完了したので今は金正恩が人民生活向上に力を傾けるという講演内容に対して住民たちは苦笑した”としながら“いつになったら核開発をやめ、人民らを飢えさせて死ぬようにしないのかと反発している”と強調しました。

これと関連して両江道の一消息筋は13日“今人民生活が大変な程度を越えて,深刻な状況に達した”として“人々が‘このように難しく住むところにはいっそ戦争でもやったほうがいい’という話をするほど生活が疲弊した”と話しました。

消息筋は“今年8月から外国で輸入したベトナム米を軍部隊食糧で供給しているのにベトナム米はすぐに腹がへる”として“いつになったら核開発に使った軍事費を人民らに回すのかと人民らは反問している”と付け加えました。

それと共に消息筋は“核抑止力を完成したのでこれから残る軍事費を人民生活向上にまわすという宣伝は悪化した民心をなだめるための弁解に過ぎない”として“こういう宣伝は前からたくさん使ってきたので人民に全く効かない”と指摘しました。

2017年9月16日土曜日

金正恩の成果は科学者重視


金正恩は2017年の新年の辞で、科学技術を重視していることを明らかにしている。
 「英知に富み、才能豊かなわが国の科学者、技術者は、地球観測衛星「光明星-4」号を成功裏に打ち上げ、ついで新型の静止衛星運搬ロケット用大出力エンジンの地上噴出試験を成功させることによって、宇宙征服への道を大きく開きました。朝鮮式の無人化されたモデル生産システムを確立し、農業生産で凱歌を上げることのできる多収穫品種を育種したことをはじめ、国の経済発展と人民生活の向上において重要な意義をもつ誇るべき科学技術上の成果を次々と上げました」
 

新年の辞は、その年の目標を示すものだが、この約束が守られない事も多い。
 ただし、科学技術について金正恩は、着実に実行している。それが飛躍的なミサイル技術の向上につながっているといえよう。
 
 核分野と長距離ミサイル分野では 寧辺物理大学と、平壌国防大学がある。

数学と物理に才能ある子供を選んで入学させる。他の成績は関係ない。優秀な学生は10年間の軍隊生活を免除する。

そこを卒業した人材を国家科学院に配置し、専門的に研究させる。科学院の傘下にはおよそ130の研究所があり、研究員は数万人になる。

制限的だが、インターネットを使って海外の資料も読むことができる。

科学関係の行政機関の幹部は、これまでは名門の金日成大学出身だったが、最近では実力主義で理科大学出身が優先されている。


 研究所らが収益事業に乗り出した。事業が順調な場合には一般研究員ら月給が1ヶ月におよそ5千ウォン程度だが、10万ウォン以上受ける研究員も生まれるほどになった。
 例えばタブレットPCのようなものを生産して、売ればドル収入を得られる。

(韓国MBCテレビ 統一展望台など参考)

2017年9月15日金曜日

中朝の密貿易を摘発 中国

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=104&sid2=322&oid=214&aid=0000787783

中国がその間おおっぴらになされてきた北朝鮮との秘密取り引きについて、取り締まりを強化している。
韓国MBC(優れた国境レポートが多い)

鴨緑江周辺,中国,丹東のある漁村では武装した中国の辺境守備隊が周辺にいる船舶をいちいち調べます。
密輸の痕跡を確認するためにです。
[村住民]
"一日にも何度も巡回査察をします。
今関係が緊張しているでしょう,夕方にも巡回査察が来ます。"
今春までおおっぴらに北朝鮮との密輸がなされた川辺出入口には、フェンスができた。
密輸船舶に車両が近寄れない措置だ。


北中密輸ルートでしばしば利用されてきた町には密輸を強力取り締まるという警告を書いた垂れ幕を掲げた。先週には管轄する当局が密輸関連部署会議を開いて,調査方式まで具体化して出ました。
このように大々的な取り締まりが続きながら,密輸業者相当数が最近当局に捕まったし,北中境界地域で小規模でなされてきた密輸の道が途切れた。

[住民]
"もう北朝鮮物は今入ってこれません。
物交換するのも取り締まっていて船も皆差し押さえられた"
北朝鮮外貨稼ぎ戦線には甚大な打撃が避けられないことと見られます。
北中国境でMBCニュース金ピルグクです。