お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2010年5月15日土曜日

北 金・イルチョル解任 おしゃべりのせい??

北朝鮮からの報道が、いろいろな観測を呼んでいる。聯合ニュースの分析記事を訳した。

北 金・イルチョル解任..'重大誤り'可能性?>

解任された金・イルチョル国防委員
(ソウル=聯合ニュース)北朝鮮は国防委員会委員兼人民武力部第1部部長金・イルチョルに対して'すべての職務'で解任すると発表した。

'高齢のため'説得力ない .高位級北脱出者ら"個人誤りのようだ"

(ソウル=聯合ニュース)金ソンジン記者=北朝鮮最高権力機構の国防委員会の副委員長までして昨年の初めまで満11年間人民武力部長を過ごした'軍部実力者'金・イルチョルが突然'すべての職務'で解任されて,その背景に関心が集まっている。

北朝鮮朝鮮中央通信は金・イルチョルの解任理由を'年令上関係(80才)'と明らかにしたが,色々な情況に照らしても、説得力が落ちるということが大多数専門家たちの見解だ。


金氏は1982年6月に海軍司令官に任命され、10年後に大将に昇進した。1997年4月には次帥に昇格し、人民武力部長第1副部長に起用された。翌1998年9月には「金正日体制第1期」発足とともに、国防委員会副委員長兼人民武力部長に任命され、昨年2月まで11年間にわたり人民武力部長を務めた。

1982年の第7期から昨年第12期まで、計6回にわたり最高人民会議の代議員(国会議員に相当)に選出された金氏は、2000年9月に南北国防相会談のため韓国を訪れ、対外的に知られるようになった。

しかし、2003年9月の第11期最高人民会議(国会に相当)第1回会議で、国防委員会副委員長から国防委員に任命され、昨年2月には人民武力部長から人民武力部長第1副部長に降格された。



高齢というなら、例えば北朝鮮軍序列1位のチョ・ミョンロク軍総政治局長は・イルチョルより2才年上の82才なのに加え、持病で何年か前からほとんど活動をできないのに現職をそのまま維持している。

また他の国防委要人らを見ても全炳浩(チョン・ビョンホ)は84才と,リ・ヨンム国防委副院長は87才だ。

党側でも最近金正日国防委員長の中国訪問を随行した金己南中央委秘書が83才と,金重利は中央委秘書(勤労.社会団体担当)は先月末86才を一期で死亡するまで秘書職にあった。

金・イルチョルの解任が何か分からないが、'重大な誤り'ためであることもあるという分析が出てくる理由だ。

金日成総合大学教授出身の趙明哲対外経済政策研究員国際開発協力センター所長は"本来金・イルチョルは達弁なので、話が多かったし、時々失言もした"としながら"昨年2月人民武力部長から、人民武力部第1部部長に押し出された後,不平不満が多かったようだし,こういう言葉が続きながら,解任された可能性がある"と話した。

北朝鮮軍大佐(韓国の中佐と大佐の間階級)出身の崔ジュファル国家安保戦略研究所研究委員も"正確な背景は分からないが、金・イルチョルが重大誤りによって解任された可能性があるようだ"と指摘した。
趙明哲所長はしかし海軍司令官出身の金・イルチョルが哨戒艦「天安」事件にかかわった可能性に対して"北朝鮮が哨戒艦「天安」を攻撃したとしても成功した作戦に責任を問うということは前後が合わなくて,さらには今は北朝鮮が哨戒艦「天安」事件介入説自体を否認している状況"としながら一蹴した。

北朝鮮大学院大学のハム・テギョン教授も"海軍出身ではあるが,作戦系統にあった人物ではないから哨戒艦「天安」事件と連結するのは無理"としながら"軍部で外貨稼ぎのような事業をよくするから個人不正がばれて,軍部内派閥争いで押されたかも知れない"と話した。

一方政府当局者は"金・イルチョルの解任と関連して,まだ具体的に把握された事実がない"話した。

0 件のコメント:

コメントを投稿