お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2010年5月19日水曜日

中朝首脳会談の内幕

開かれた北朝鮮放送が伝えた金総書記訪中。本当かは分からないが、ありそうな印象な記事である。

胡錦涛,金正日に哨戒艦「天安」関連”朝鮮半島安定害する行動徹底的に自制すること”要求

去る5月16日中国と北朝鮮の高位級通信によれば一部言論の報道とは違って今回の北朝鮮-中国首脳会談はもちろんでその以前にも哨戒艦「天安」事件に対する深い議論があったとのことが確認された。

先に3月26日哨戒艦「天安」事件勃発直後金正日と胡錦涛間には何と3度にわたって,直通電話を連結して,哨戒艦「天安」関連した議論があったという。

この通)で金正日は最後まで哨戒艦「天安」事件は"北朝鮮が直接行ったのではない"として"したがって哨戒艦「天安」事件は北朝鮮とは関連ない"と主張してきた。

だが中国の胡錦涛は対北朝鮮情報ラインと韓国の該当機関と連結したホットライン報告を通じて,哨戒艦「天安」事件が北朝鮮と関連があるという状況証拠を確認していたという。

これに伴い胡錦涛は中国を訪問した金正日に”朝鮮半島の安定を害する行動を徹底的に自制して,再び同じであることが繰返しなってはいけないということを”を促したと消息筋は伝えた。

引き続き消息筋は哨戒艦「天安」関連このような北中間の不協和音の中でも中国が金正日を歓待して相当な政治的寛大な心を施したという点で、北朝鮮立場で今回の訪中の政治的成果はあると話した。

だが経済的側面では中国がすでに計画された対北朝鮮投資だけ再確認しただけ中国から特別な新しい経済的支援は受けることができなかったという。

そのような点で経済的には微小な成果しか得られなかったと自評しているという。

0 件のコメント:

コメントを投稿