お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2010年6月24日木曜日

中朝会談の通訳が情報漏らし、死刑か 朝鮮日報


中国内の知韓派人間図 明鏡網より



なぜか日本語版には出ていないので、少し丁寧に訳をつけてみた。

この死刑になったという人の名前は初めて聞く。

過去の首脳会談では、中国側の通訳はふっくらした女性であった。

金総書記好みだとされ、彼女が一手に引き受けていたはずである。

朝鮮族は、もともと外交の場では、韓国、北朝鮮関係に関与していない。

少し不自然な感じもするが、

この情報戦自体は、興味深いものがある。

韓国の情報力に改めて注目したい。



北朝鮮
金正日と胡錦涛通訳した中国幹部,スパイ疑惑処刑されていた 香港メディア報道
香港=移項数特派員hangsu@chosun.com
"韓国に首脳会談秘密漏洩"


中国の胡錦濤国家主席と北朝鮮の金正日国防委員長の首脳会談通訳を受け持った中国高位幹部が最近、スパイ罪疑惑で処刑されたと香港メディアが報道した。

23日香港のピンゴウ(リンゴ)日報は2005年と2006年2番目の北・中首脳会談の時、両首脳の通訳を受け持った中国対外連絡部の張留成前韓国・北朝鮮担当処長が韓国情報機関に首脳会談関連機密を漏洩した疑惑で最近死刑に処されたと報道した。
ピンゴウ日報は6・4天安門事件で米国に亡命した何頻など中国の反体制要人らが作る月刊誌'外参'最新号を引用した。
外参によれば、張留成は対外連絡部第2局(アジア担当)で韓国・北朝鮮事務を担当する処長だった。

外参は"張留成について、2005年胡錦涛主席が北朝鮮を訪問した時,同行して2006年金正日委員長が中国を訪問した時にも,同席して,両国首脳会談の通訳を受け持っていた"としながら"だが張留成は、両首脳が分けた機密内容を韓国当局に漏洩した疑惑が発覚した"と報道した。
この事件は胡錦涛主席を激怒させ、中国の中枢機関にもスパイが侵入して,活動するという憂慮をもたらしたと新聞は伝えた。

ただし中国当局は朝鮮半島問題の敏感性のために韓国との関係に影響を与えないために秘密裏に張留成だけ処刑したということだ。
しかし中国は内部的には張留成が朝鮮族出身であったという理由で,この事件以後朝鮮半島業務と関連して,敏感な部門を担当する核心人物らは朝鮮族出身を排除するように措置したとピンゴウ日報は伝えた。

ピンゴウ日報によれば,中国の国家安全部は'春暉作戦'を通じて,数件のスパイ事件を摘発した。
昨年始め社会科学院の日本研究所副所長だった金煕徳が日本および韓国,北朝鮮にスパイ行為をした事実と社会科学院の前韓国研究所研究員で国務院韓半島専門家の李敦球が北朝鮮に情報を漏洩した事実を明らかにしたということだ。
また2007年2月には李濱駐韓中国大使が逮捕された後,共産党党籍と現職を剥奪される処分を受けた。

ピンゴウ日報は"酒が大好きだった李濱前大使が、酒の席で韓国情報機関に中国の国家機密を漏洩したためだった"と説明した。

2007年11月には中国の国際友好連絡会理事で人民解放軍大佐級だった王慶が日本に軍事機密を漏洩した疑惑で軍事法廷で死刑宣告を受けたし,2007年末には新華社の外事局長だった虞家復が米国と韓国に機密を漏洩した疑惑で婦人と一緒に逮捕された。
ピンゴウ日報は"最近になって日本と韓国,北朝鮮が中国のシンクタンクと高位幹部を相手に、朝鮮半島関連情報収集を勧めており、中国当局のスパイ洗い出し工作も、より一層深く進行されているようだ"と分析した。

朝鮮日報は名前を間違っている。

香港の明鏡網
http://www.mirrorbooks.com/news/html/70/n-12570.html
によれば、死刑になったのは章榴成という名前で、2003年には有望な青年10人に選ばれるほどのエリートだったらしい。

新华网北京6月25日电(记者吕诺)建党82周年之际,在为党中央服务、为人民群众服务、为基层服务的工作中取得突出成绩的10位中直机关青年党员,近日被中直机关团工委、中直机关青联授予第五届“中共中央直属机关十大杰出青年”称号。
获此殊荣的是:人民日报社群众工作部记者马国英、新华社国际部《国际观察》室主任马晓霖、中央电视台《艺术人生》栏目制片人王峥、全国政协联络局副局长陈爱菲、中央办公厅信息中心副主任张云明、中央党校经济学部副主任赵振华、中央组织部干部一局任免处副处级调研员周绩、中央纪委第五纪检监察室二处主任科员段建涛、中青旅控股股份有限公司总裁助理郭晓冬、中央对外联络部二局朝韩处副处长章榴成。
这10位杰出青年来自中直系统的机关、新闻出版、教学科研、企业等部门。中直团工委、中直青联在表彰决定中指出,他们以党的十六大精神为指导,积极实践“三个代表”重要思想,为社会主义现代化建设和党的事业作出了重要贡献,在“三服务”工作中发挥了青年党员的先锋模范作用,充分体现了中直机关广大青年为党和人民的事业努力奋斗、矢志追求的精神风貌,以满腔热情谱写了精彩的青春篇章,是中直机关广大青年的优秀代表和学习榜样。(完)

香港の月刊誌「明鏡」に内幕が掲載される由。これは興味深い。

0 件のコメント:

コメントを投稿