お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2010年6月26日土曜日

痴呆症状か? 金総書記の発言に異常 韓国・文化日報

ついにという感じですが。
この情報委員会は、外部非公開のため、出席した国会議員が外に漏らす。それにしてもみんな実名で話しているところがおもしろい。

金正日(キム・ジョンイル)痴呆症状…語ならないたわごとしばしば”

北朝鮮金正日委員長が‘話にならないたわごとをしばしばするなど痴呆症状を見せている’という指摘が北朝鮮問題を扱う国会情報委員会から出された。

ウォン・セフン国家情報院長などが出席した中で行われた24日情報委会議で“金正日委員長が脳卒中以後健康悪化現象を見せている。痴呆現象というか,そのようなものしばしば現れるという”と複数の与野情報委員らが25日伝えた。

A議員は“金委員長が咸鏡道(ハムギョンド)・慈江道(チャガンド)など民生視察中に‘ジャガイモだけ食べて良いか。
米の飯も食べなくちゃ。米をちょっと送らなければならない’と話したという”として“食料事情を北朝鮮住民たちも明らかに皆知っているのに、現地視察でそのような発言をしばしば行い、北朝鮮内部でも金委員長の健康状態に対する心配が多いという”と話した。

 B議員は“国家情報院報告中に‘金委員長がおかしな症状を見せている’とする”として“現場視察出て行ってうわごとを言っている。

例をあげれば‘経済が悪いというのに外資が入ってくるのですぐ良くなるだろう。
外資誘致を100億ドル規模で実施する’と伝えた。

先立って24日国会情報委でウォン国家情報院長は“米国情報機関などで金正日がこれから5年,10年生存するという話があるのにどのように見るか”というある議員の質問に“一理があると見る”と答えたと知らされた。

ウォン院長はまた“北朝鮮は金委員長の健康問題のために後継体系を早期に構築するのに主力を注いている”と明らかにした。

彼はまた“現在金委員長の絶対的保護の下3男金ジョンウンでの権力世襲がなされている”として“‘金ジョンウン青年大将同志’歌を普及して暗唱競演大会までするなど全住民を対象に金ジョンウン偶像化がなされている”と話した。

また“金ジョンウンは金委員長の現場訪問時いつも同行しながら,政策関与の幅を拡大している”と話した。
金セドン・呉ナムソク記者sdgim@munhwa.com

0 件のコメント:

コメントを投稿