お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2010年7月2日金曜日

「党中央」は誰を指すのか 世界日報

労働新聞に、かつて、後継者内定段階の金総書記を指していた「党中央」
という言葉が出現し、関係者の間で関心を集めている。
金総書記は74年に後継者に内定、80年の党大会で姿を現した。

●【北朝鮮】労働新聞「党中央」はキム・ジョンウン?

 北朝鮮労働党機関紙の労働新聞に「党中央」という表現が登場して、その意味
が注目される。

 一部では金正日(キム・ジョンイル)国防委員長の後継者といわれているキム・
ジョンウンを意味するという解釈も出ている。

 労働新聞は9月に44年ぶりに開催される党代表者会について、先月30日付社説
で「偉大な金正日同志を首班とする党中央委員会を命がけで死守し、党中央の周
りに団結、団結、団結しなければならない」と書いた。

 この文句が目を引くのは、金委員長自身が後継ぎ構図を構築する過程で「党中
央」という表現で登場した前例があるからだ。

 金委員長が後継者としての地位を公式化したのは、1974年2月に開かれた党中
央委員会全員会議で、党中央委員会政治委員に任命されたときだ。

 当時、労働新聞は全員会の後、社説で「偉大な首領様の呼びかけと党中央の呼
びかけを敬って(中略)」として、「党中央」という表現を使ったことがある。

 以後「党中央」は最近まで、北朝鮮内の記事などで、金委員長を指し示す意味
として何度も使われたことがある。

 だが大部分、過去を回想する形式で使われたのと違い、今回の社説では、労働
党の代表的行事の代表者会に対する立場を明らかにする社説として、現在型で表
現されたという点が目を引く。

 特に今回の党代表会でキム・ジョンウンが労働党の公式職責を受ける可能性が
出ているだけに、今回の社説に登場した「党中央」という表現がキム・ジョンウ
ンを後継者として推戴する雰囲気を作るための措置という解釈が出てくる。

 専門家たちの分析は交錯している。張容碩(チャン・ヨンソク)聖公会大客員教
授は1日「今回の労働新聞の『党中央』表現はキム・ジョンウンを指し示したも
のと解釈する余地が多い」として、「9月の党代表者会でキム・ジョンウンが党
書記局組織担当書記や、中央委政治局常務委員、党中央軍事委員会委員などを引
き受ける可能性がある」と指摘した。

 反面、梁茂進北朝鮮大学院大学教授は「代表者会が開かれた後、
社説で『党中央』という表現が出てきたとすれば、後継者を暗示すると解釈でき
るが、代表者会が開かれる前に出てきたものを後継者と解釈することは難しい。
今回は金委員長を意味するものと見られる」と分析した。

0 件のコメント:

コメントを投稿