お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2010年7月26日月曜日

中国,豆満江地域開発事業本格推進

NK知識人連帯の記事

中朝東北部の貿易が活発化しているようだ。中国が国際的な経済、金融制裁に参加するはずがないことは、これをみればわかる 


[ 2010-07-22 15:12:25 ]
中国の豆満江地域開発事業が政府の主導の下に本格化されている。

21日延辺日報によれば最近中国図們市政府は北朝鮮鉄道省と六海運連合運輸省と図們-南洋-清津の六海運輸送協議に関する了解覚書を締結した。


これに伴い延辺ヘファ会社は1000万中国元を投じて,清津(チョンジン)港で使う設備を注文製作したし,9月に清津-釜山間のコンテナ航空路を開通する予定という。


延辺ヘファ貿易会社はすでに50ケ貨物車両を北朝鮮に投じたし150個余り貨物車両も製造中にあるとこの新聞は伝えた。


また中国内3ケ大型物流企業が延辺ヘファ輸出入貿易会社と貨物輸送協議を締結したと明らかにした。

この他にも北・中国境地域での貿易のための鉄道工事が敷地整理に入って,8月に正式運行に入る予定であり,保税倉庫,物流情報センターなど年間貨物積載量が100万トンに達する変更物流中心センターが今年中に建設に入る予定だ。


この鉄道工事が完工すれば中国延辺地区と内陸地区の石炭,食糧など物資が北朝鮮に輸送されてまた海上通路を通して,中国東南沿海都市に輸送される。

北朝鮮-中国‐ロシアを連結する国際鉄道が建設されれば中国は図們通商区を通して,吉林省の食糧,紡織物などを北朝鮮鉄道を通して,ロシアで輸送してロシア,遼東地区の木材,鉱山,石油を北朝鮮鉄道を通して,中国で運送するという計画だと新聞は伝えた。

同じ新聞が以下のように報じている。

琿春の各通商口、貨物旅客通過量が激増

今年上半期、琿春の各通商口の輸出入貨物量は86185トンに達し、出入国人数は14万3475人余りに達し、 前年同期より成長したことが明らかになった。

今年に入り、琿春市の各通商口のインフラ建設とソフト環境のたゆまぬ向上に力づけられ、出入国通路がより一層 スムーズかつ便利になり、出入国の活発化を促している。

上半期、琿春通商口の輸出入貨物量は4449トンに達し、前年同期より23.4%成長した。 圏河通商口は国境橋の補修改造工事に より一定の影響を受けたものの、依然として輸出入貨物量25317トンを実現、沙 子通商口もやはり輸出入貨物量が 16370トンに達し、前年同期に比べて269.7%成長した。

琿春の各通商口の出入国人数は14万 3475人余りに達し、輸出入輸送車両は22134回に及び、前年同期より5.7%成長した。 そのうち琿春通商口を経由した出入国人数は8万9778人に達し前年同期に比べて19.7%成長した。 沙 子通商口を 経由した出入国人数は5243人に達して前年同期に比べて219.9%成長した。

http://www.iybrb.com/

0 件のコメント:

コメントを投稿