お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2010年8月28日土曜日

中国ネチズンは、金正日総書記の訪中を冷笑 聯合

市民がこのくらい冷静に見ているのなら、政府関係者も心の中ではいろいろ考えているでしょう。

【北朝鮮】金正日訪中、中国ネチズン分析・冷笑交錯

 金正日(キム・ジョンイル)北朝鮮国防委員長の電撃的な中国訪問の便りは、中
国政府の沈黙にもかかわらず、現地ネチズンらの冷笑を買っている。

 中国政府は27日午前現在、金委員長の訪中事実に対して一切言及していない状
況。しかし、一部ネチズンは韓国マスコミを引用した自国媒体のインターネット
報道で、金委員長が5月に続き3カ月後に再訪した事実に接し、先を争って意見を
アップした。

 特に金委員長が吉林市を訪問したためか、中国のインターネットポータル「百
度」(www.baidu.com)の吉林市コミュニティには金委員長に対する書き込みが相
次いだ。

 ID「xiaotao4144」のネチズンが、「金正日が何のためにきたのだろうか」と
いう話題を投げ、あるネチズンは「韓米軍事訓練にどのように対応するのかを私
たち(中国)と議論するため」というコメントをアップした。

 他のネチズンは金委員長が前日、父親の金日成(キム・イルソン)主席の母校で
ある吉林市毓文中学校を訪問した事実を伝え聞くと、「金日成の毓文中学校記念
館を見て、金を借り、私たちが洪水にどのように対処するかを見にきたのだろう」
と書いた。

 また別のネチズンは、北朝鮮媒体が金委員長訪中前日の25日、「中国が北朝鮮
に緊急水害救護物資を支援するようにした」と報道した事実を紹介し、中国の対
北支援問題と連結させた。

 このように分析的な反応もあったが、中国若者たちの冷笑的な対北朝鮮認識を
のぞかせる“皮肉”も少なくなかった。

 あるネチズンは「金正日が、パパが昔使ったトイレを見にきたのだろう」と茶
化すと、他のネチズンは「米国と韓国が北朝鮮を攻撃しようとしているから、そ
れを避けて、ここへ来て数日休むためかも」と皮肉った。

 これに加えて「核原料を作るため」「朝鮮族冷麺を食べようと」「不老不死が
金を求めにきた」という茶めっけの混ざった反応も上がってきた。

 これに先立って、25日、毓文中学校学生200人が加入している「百度」でも、
インターネットカフェには「金委員長の訪問のおかげで、1日休校になった」と
いう書き込みも載っていた。<連合>

0 件のコメント:

コメントを投稿