お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2010年9月23日木曜日

ジョンウンは出てこない RFA

ワシントンの対北朝鮮放送のRFAは、28日の党代表者大会では後継者に関する決定はないと伝えた。

党代表者会,新しい経済政策出てくるようだ”
ワシントン-ジョンヨンjungy@rfa.org
2010-09-22
来る28日開かれる北朝鮮労働党代表者会に対する関心が高い中で,キム・ジョンウンの公式登場がなされない可能性があるという反応が対北朝鮮消息筋らの中で出てきて注目されます。

44年ぶりに開くようになる第3次労働党代表者会の話題は金正日国防委員長の3男キム・ジョンウンの公式登場です。
北朝鮮が金正日委員長の健康悪化にともなう後続措置で3男キム・ジョンウンに権力を譲るために今回の会議を招集したと見るからキム・ジョンウンが労働党核心要職に上がるだろうという観測が優勢でした。
だが,今回の党代表者会でキム・ジョンウンの公式登場がなされないという主張が複数の対北朝鮮消息筋を通して流れ出ています。
匿名を要求した咸鏡北道の一消息筋はこの前平壌に上がって降りてきた党代表者会関係者が“今回平壌に留まる間進行された予備講習会議でキム・ジョンウン青年大将(隊長)に対する言及が全くなかった”と話したと22日自由アジア放送に伝えました。
この消息筋は“代表者会でキム・ジョンウンが公式登場しそうだったから予備会議でキム・ジョンウン隊長に対する偉大性宣伝とか,業績称賛のような議論がありましたが全くそのような感じを受けることができなかった”と話しました。
この消息筋は“今回の会議がキム・ジョンウンの後継体制を敬う党指導機関選挙ではないのか”という質問には“今回の会議目的は2012年強い大国建設と関連した当面した経済目標を達成するための指導機関再確立で知っている”としながら“今回の会議で経済を発展させられる画期的な経済政策が出てくることと期待される”と話しました。
それと共に“党代表者会が遅れた理由はキム・ジョンウンの公式登場と関連した整理がうまくいかないで,新しい経済政策に対する細部条項がよく調整されなかったため”と付け加えました。
彼は“これから2012年4月15日まで強い大国総進軍のため新しい‘経済計画’が公表される可能性がある”と展望しました。
これに伴い今回の党代表者会でキム・ジョンウンの公式登場有無が関心事になっています。
まず金正日委員長が権力委譲を憂慮して,キム・ジョンウンにまだ権力を譲る時でないと判断したという観測と年齢も幼くて,経験も不足した幼い息子にめちゃくちゃになった経済を譲るには早いと判断して,今回の党代表者会に登場させないことという分析が出てきています。
これと関連して,北脱出軍の出身らで構成された‘北朝鮮人民解放戦線’は“キム・ジョンウンが後継者として資質と風貌をさらにそろえた後に党員同志らの建議を受け入れるという式で代表者推戴を拒否した”としながら“今回の会議にキム・ジョンウンが党代表に選出される可能性は希薄だ”と北朝鮮軍内部消息筋の話を引用して伝えました。
この前北朝鮮を行ってきたジミー・カーター前米国大統領も“来た家宝中国総理が去る6日自身との北京会見で金委員長が三男丁銀に権力を譲るという観測に対して‘西側のウワサ’と話した”と伝えたことがあります。

0 件のコメント:

コメントを投稿