お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2010年9月18日土曜日

北朝鮮は取引したい(筆者訳) ジミーカーター NY TIMES寄稿文

カーター元大統領は北朝鮮に行ったのに、なぜか金正日総書記に会えなかった。この文章はNYタイムズに寄稿されたものだが、会えなかった理由はやはり書いてない。

しかし、この文章で分かることは、最近北朝鮮は平和を願っている。それを行動で示している。中国も北朝鮮の姿勢に期待しているーということだ。それと注目すべきは、日本との関係改善にも触れたようだ。

いつもの戦略かもしれないが、見守ることにしよう。

出典 http://www.cartercenter.org/news/editorials_speeches/nkorea-nytimes-091610.html

news

2010年9月16日
元米国大統領ジミーカーターによるこのオペ(公開論説)は、ニューヨークタイムズ紙の2010年9月16日版に掲載された。

私の北朝鮮と中国旅行中、私は北朝鮮が米国と韓国、韓半島の非核化に関する包括的な平和条約交渉を再開したいという強力なシグナルを受けた。

そのような合意のコンポーネントはほぼ一定過去16年間続いている。最小は1994年に初めて米国と北朝鮮の指導者金日成の間で確認され、2005年9月の多国間協定交渉で繰り返された。

基本的な規定は、簡単に兵器級プルトニウムを生産することができる北朝鮮の古い黒鉛減速原子力炉、およびすべての関連施設や製品は、検査の下で、国際原子力機関で無効にされる必要がある。その原子炉は、シャットダウンされて、新しい発電所が建設されるまで、米国は、燃料油や北朝鮮への電力を提供する必要がある。米国が核攻撃や北朝鮮に対する他の軍事行動の脅威を行わないとの保証を提供する必要がある。米国と北朝鮮が政治経済関係の正常化と平和条約締結に向かい、より良い関係が、北朝鮮、韓国と日本の間に実現すべきである。さらにすべての当事者がエネルギーの経済協力、貿易と投資を強化すべきだとしていた。

2002年に、クリントン政権が成立した包括的な合意はブッシュ大統領が否認した。 北朝鮮はプルトニウムの再処理、2006年に核実験を行い、米国、韓国、中国、日本、ロシアとの協議がよい進展をみせた。

しかし、この状況はその後悪化して:交渉は2009年から止まっている。国連は北朝鮮の二度目の核実験後、長距離ミサイル発射後、北朝鮮制裁を強化し、北朝鮮は、離散家族の再会を禁止した。

緊張はまだ高い、今年、自国の領土に入り込んだゴメスと韓国漁船の乗組員を拘束した。

しかし、現在交渉を再開し、非核化と平和への取り組みの基本的な規定を受け入れる平壌から意欲の明確なシグナルがあります。

7月に、北朝鮮当局は、金正日との面会のため私を平壌に招待、北朝鮮の指導者は、ゴメスを釈放した。 私を招待した人々は、誰の要請であろうとも囚人の釈放は名誉なことだと語った。 彼らは、私が非核化と金日成が1994年の彼の死を前に結ばれた平和協定を復活させるに役立つかもしれないと希望していた。

私はこの招待状は、ホワイトハウスに連絡し、8月中旬に、私の訪問の承認が与えられた。その後北朝鮮は、ゴメスはすぐに病院から刑務所に送られる。その金正日は、もはや私とは会えない。 (私は後に金正日は中国にいると知った)

私は平壌でゴメスの自由を要求し、彼の再審、恩赦と釈放のための36時間を待たなければならなかった。 私は訪問中、金英南、6者協議の北朝鮮代表金桂寛外務次官と会談した。二人とも、前回の私の訪朝時金日成と私の交渉に参加していた。

彼らは、私は公式の立場ではなく、アメリカ政府の立場を代表できなかったが、私は彼らの提案に耳を傾け質問をした。私がアメリカに戻って、ワシントンへのメッセージを伝えた。

彼らは、これまでの10年間、日本の小泉純一郎首相、韓国の金大中大統領と築いた良好な関係を拡大したいと私に語った。

彼らはいくつか最近のアメリカの行動に懸念を表明した。これには不当な制裁や、核攻撃や韓国との挑発的な軍事演習といった明らかな侵入を含めている。

それでも、彼らは、彼らがは平和と非核化への希望を行動で示す用意ができている。 彼らは6者協議について"死が宣告されたが、まだ執行されていない"と語った。

次の週に私は北京を訪問した、私が北朝鮮にいる間、金正日総書記は中国の指導者に同じ視点を示した。その彼は後に韓国漁船の乗組員を発表し、離散家族再会の再開を提案した。これらの前向きなメッセージを北朝鮮は積極的に実現しようとしている。中国も積極的に6者協議の再開を推進しています。

朝鮮半島の和解はアジアの平和と安定に重要であり、それが長期にわたって遅れている。 北朝鮮からのこれらの肯定的なメッセージは、積極的に、遅滞なく、プロセスの各ステップを慎重かつ徹底的確認し、実現していく必要があります。

edition of The New York Times.

During my recent travels to North Korea and China, I received clear, strong signals that Pyongyang wants to restart negotiations on a comprehensive peace treaty with the United States and South Korea and on the denuclearization of the Korean Peninsula.

The components of such an agreement have been fairly constant over the past 16 years, first confirmed in 1994 by the United States and Kim Il-sung, then the North Korean leader, and repeated by a multilateral agreement negotiated in September 2005.

The basic provisions hold that North Korea's old graphite-moderated nuclear energy reactor, which can easily produce weapons-grade plutonium, and all related facilities and products should be disabled under inspection by the International Atomic Energy Agency; that while the reactor is shut down, the United States should provide fuel oil or electric power to North Korea until new power plants are built; that the United States should provide assurances against the threat of nuclear attack or other military actions against North Korea; that the United States and North Korea should move toward the normalization of political and economic relations and a peace treaty covering the peninsula; that better relations should be pursued by North Korea, South Korea and Japan; and that all parties should strengthen their economic cooperation on energy, trade and investment.

The comprehensive agreement reached by the Clinton administration was disavowed in 2002 by President George W. Bush. Nevertheless, although North Korea reprocessed fuel rods into plutonium and tested nuclear explosives in 2006, good progress was made in its talks with the United States, South Korea, China, Japan and Russia.

But conditions have since deteriorated: the talks stopped in 2009, and that same year the United Nations imposed sanctions on Pyongyang after it conducted a second nuclear test and launched a long-range missile. North Korea also prohibited reunions between North and South Korean families.

Tensions grew still higher this year when North Korea detained an American, Aijalon Gomes, whom it accused of crossing into its territory, in January and a South Korean fishing crew in August.

However, there are now clear signals of eagerness from Pyongyang to resume negotiations and accept the basic provisions of the denuclearization and peace efforts.

In July, North Korean officials invited me to come to Pyongyang to meet with Kim Jong-il, the North Korean leader, and other officials to secure the release of Mr. Gomes. Those who invited me said that no one else's request for the prisoner's release would be honored. They wanted me to come in the hope that I might help resurrect the agreements on denuclearization and peace that were the last official acts of Kim Il-sung before his death in 1994.

I notified the White House of this invitation, and approval for my visit was given in mid-August, after North Korea announced that Mr. Gomes would soon be transferred from his hospital back to prison and that Kim Jong-il was no longer available to meet with me. (I later learned that he would be in China.)

In Pyongyang I requested Mr. Gomes's freedom, then had to wait 36 hours for his retrial, pardon and release. During this time I met with Kim Yong-nam, president of the presidium of the North's Parliament, and Kim Kye-gwan, the vice foreign minister and chief negotiator for North Korea in the six-party nuclear talks. Both of them had participated in my previous negotiations with Kim Il-sung.

They understood that I had no official status and could not speak for the American government, so I listened to their proposals, asked questions and, when I returned to the United States, delivered their message to Washington.

They told me they wanted to expand on the good relationships that had developed earlier in the decade with South Korea's president at the time, Kim Dae-jung, and Prime Minister Junichiro Koizumi of Japan.

They expressed concern about several recent American actions, including unwarranted sanctions, ostentatious inclusion of North Korea among nations subject to nuclear attack and provocative military maneuvers with South Korea.

Still, they said, they were ready to demonstrate their desire for peace and denuclearization. They referred to the six-party talks as being "sentenced to death but not yet executed."

The following week I traveled to Beijing, where Chinese leaders informed me that Mr. Kim had delivered the same points to them while I was in Pyongyang, and that he later released the South Korean fishing crew and suggested the resumption of family reunions. Seeing this as a clear sign of North Korean interest, the Chinese are actively promoting the resumption of the six-party talks.

A settlement on the Korean Peninsula is crucial to peace and stability in Asia, and it is long overdue. These positive messages from North Korea should be pursued aggressively and without delay, with each step in the process carefully and thoroughly confirmed.

Jimmy Carter, the 39th president, is the founder of the Carter Center and the winner of the 2002 Nobel Peace Prize.

0 件のコメント:

コメントを投稿