お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2010年10月4日月曜日

北朝鮮3代世襲,後継者キム・ジョンウン時代] 3

 

voaの看板北朝鮮専門記者の分析。米国でも北朝鮮を熱心に見ている人が多いことが分かる。

カタカナの漢字表記は今日は時間がないのでご容赦を。


新しい権力中枢人物たち
北朝鮮が金日成で金正日に続き,また金正日でキム・ジョンウンにつながる3代目権力世襲を事実上公式化しました。
私どもの'米国の声’放送は北朝鮮の'キム・ジョンウン後継者時代’を展望する特集放送を送って差し上げています。
今日は三番目順序で,後継過程で浮び上がった北朝鮮の新しい権力中枢人物たちを調べます。


崔ウォンギ2010年10月01日

28日開かれた北朝鮮労働党代表者会は金正日国防委員長の三番目の息子キム・ジョンウンでの3台権力世襲を持ち上げる新しい権力中枢人物たちを登場させました。

彼らは最高権力機構の労働党政治局を中心に党と政府,軍部に布陣して,これからキム・ジョンウンを擁立しながら,次期北朝鮮政権の核心に浮び上がる展望です。

北朝鮮問題専門家たちはキム・ジョンウンの‘血族グループ’と党,本当に,軍などに属した権力実力派グループをキム・ジョンウン後継体制を支えていく新しい核心に選んでいます。
まず注目することは金正日委員長の妹でキム・ジョンウンの叔母の金ギョンヒなど‘血族グループ’です。

今まで党軽工業部長席に留まった金ギョンヒは今回‘人民軍大将’称号を受けたのに続き党中央委員と党の最高指導機関の政治局委員席に上がりました。

金ギョンヒの急浮上に対して米東部コロンビア大学のチャールズ・アームストロング教授は金正日委員長が妹の金ギョンヒを通して,権力継承の‘正統性’を強調しようとするようだと話しました。


“北朝鮮専門家のチャールズ・アームストロング教授は金日成一家の金ギョンヒなどを打ち出して,軍部を掌握しようとするようだと話しました。”

血族グループに属しながら,今回の代表者会を通して,急浮上すると予想された金ギョンヒの夫張成沢は政治局候補委員と党中央軍事委員会委員を引き受けるのに終わりました。
だが専門家たちは張成沢-金ギョンヒ夫婦がキム・ジョンウン後継体制で最も強力な後見の役割をするつもりだといったのに意見が一致しています。

軍部ではリ・ヨンホ総参謀長が実力者に浮び上がりました。
リ・ヨンホはキム・ジョンウンと共に党中央軍事委副委員長に上がったし,5人だけである政治局常務委員にも進入しました。

観測通らは今年68才のリ・ヨンホが党と軍でキム・ジョンウンの後継体制を(確かめる)固める核心勢力に浮び上がったと話します。

韓国国民大学校のチョン・チャンヒョン教授です。
“党中央軍事委員会,国防委員会,政治局常務委員会に二才軸にリ・ヨンホ参謀長が皆入っています。
これはリ・ヨンホを媒介に後継の影響力を行使しようとすると見られます。”

リ・ヨンホは金日成主席の核心側近で軍で活躍したユギョン随意(獣医)婿で,やはり崔ヒョヌィ息子で今回実力者に浮び上がった崔リョン年と一緒にキム・ジョンウンのつっかえ棒になると見られます。


崔リョン年は金日成主席のパルチザン同僚であった崔ヒョヌィ息子で,今回キム・ジョンウンと共に大将称号を受けて党中央委員になりました。


北朝鮮労働党の歴史を専攻したハワイ大学の徐・デスック,チョン教授です。
“リ・ヨンホぐらいならば北朝鮮住民たちして新しい指導者して間に関連性を自然に通り過ぎられます。”

この他に金ジョンガク政治局第1部局長と,崔プイル総参謀部副参謀長,ヒョン・ヨンチョル中将,キム・ミョングク作戦局長,そして哨戒艦天安号攻撃を主導したと知らされた金ヨンチョル上場も軍部実力者に浮び上がりました。

反面呉克烈国防委員会副委員長は党中央委員会委員になるのに終わりました。

ワシントンにいる米海軍分析センターのケン ゴス局長は呉克烈が遅れをとったところは2種類可能性があると話しました。

“金正日委員長が呉克烈がとても強くなるのを牽制しようとしたり,張成沢との葛藤により呉克烈が昇進できなかったこともあるということです。”

労働党では金ギョンオク組織指導部第1部部長と薄情順,崔リョン年などが実力者に浮び上がりました。

金ギョンオクは去る27日‘人民軍大将(隊長)’称号を受けたのに続きキム・ジョンウンと共に党中央軍事委員会委員と党中央委員に上がりました。

韓国国民大学校チョン・チャンヒョン教授の言葉です。
“組織指導部第1部部長に軍事担当に金ギョンオクがいて,新しく組織指導部第1部部長に薄情順が任命されました。
薄情順は中央党を担当することと考えになって,これからこの二人が中枢的な役割をすることと考えになります。”
内閣では総理崔永林が政治局常務委員と党中央委員会委員になりました。

また全秉浩秘書は内閣を担当する責任秘書で昇進しました。
北朝鮮官営朝鮮中央放送です。

“政治局委員全秉浩同志2010年9月から内閣政治局局長党責任秘書で事業…


これは今まで郡の長工業を担当してきた全秉浩秘書が党で内閣を担当する業務を引き受けるようになったのを意味します。

これに先立ち内閣副総理で昇進した姜錫柱は今回の党代表者会で政治局委員と党中央委員になりました。
北朝鮮では今回の党代表者会を契機に金日成-金正日血族と軍部,労働党,内閣などで数 十人の新しい権力実力者が浮び上がりました。
平壌の権力地図に新しく登場した彼ら核心人物らがこれからどのようにキム・ジョンウン後継体制を固めていくのか注目されます。

Technorati タグ:

0 件のコメント:

コメントを投稿