お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2010年10月21日木曜日

張成沢 正恩を囲む人間たち9 聯合ニュース

金正日総書記の義理の弟、張成沢は北朝鮮の中にしっかり人脈を張っているという分析。


金正恩の'後見の'で呼ばれる'金正日ロイヤルファミリー'一員

人脈厚くて体制維持・開放両面経験強力な点
(ソウル=聯合ニュース)ペク・ナリ記者=金正恩後継構図を支えている人物らの中で求心点になるほどの'最高実力者'を選べといえば多くの専門家たちが躊躇しないで張成沢(国防委副委員長兼党行政部長)を指定する。
9.28党代表者会で予想と別に政治局候補委員と中央軍事委員の肩書きを追加するのに終わったが金正恩の'後見の'に通じる張成沢の威勢は少しも弱くならなかったということが大半の意見だ。
張成沢のこういう'パワー'は何より金正日国防委員長の一つだけである妹金慶喜(党政治局委員兼軽工業部長)の夫だというところで出てくる。

金委員長には弟のような妹婿で,後継者金正恩には叔母の夫になるのでそれ自体で強大な力付けられることだ。
張成沢は革命遺児教育機関の万景台革命学院を出たが他のそうそうたる'革命2世'らに比較すれば平凡な家出身だ。
1946年1月咸鏡北道,清津で生まれた張成沢の父親は日帝時反日運動をしたが金日成主席の抗日パルチザンとは関係がないと知らされた。

その上に日帝に対抗した父親の経歴に力づけられて,やっと万景台革命学院を出た張成沢は1960年代後半、金日成総合大学政治経済学部に進学しながら派手な'人生逆転'を味わう。

同じ学部に通った金慶喜と恋人の間になったのだ。
だが二人が結婚にゴールインするまでは迂余曲折が多かったことが分かっている。
金正日委員長の妻の甥の故イ・ハニョン氏が北脱出して,書いた本には張成沢が'話がおもしろく上手にしてアコーディオンを非常にうまく演奏する魅力的な男'で描写されている。

この本によれば金日成主席は二人の結婚を防ぐために張成沢を江原道元山の農科大学で追い出したが、金慶喜の意思を変えることができなくて結局張成沢を婿にする。

その後の張成沢は常勝疾走して,1988年末党青年事業部長に起用される。1995年には最高要職の党組織指導部第1部部長になる。

この時から9年近い期間が張成沢の最初'黄金期'であったようだ。
党・君・正義高位級要人を総括する席に座って,現在'張成沢ライン'に属している側近らを管理し始めたのも直ちにこの時期と推定される。

しかし眼に触れる人脈管理が最高権力者の目に触ったのか,上手く行った張成沢に2004年初め試練の'逆風'がまき起こった。
'権力欲による分派行為'という罪名を使って一瞬にすべての職務を停止されたのだ。
この当時彼に従った側近らも大部分地方に追われて,肉体労働をする身分になった。
だが'ロイヤルファミリー'の一員の張成沢はその翌年の2005年末党勤労団体および首都建設部の第1部部長によみがえったし2007年末には公安と司法を総括する党行政府長に起用されて,また権力の核心に復帰した。
その過程で義理兄弟の金正日委員長の息が作用したことはもちろんだ。

本来金正恩後継が公式化された9.28党代表者会直前には張成沢が党の'一人地下'最高位職の政治局常務委員に上がるという観測が生い茂った。

だが観測ははずれて常務委員席は軍部のリ・ヨンホ(軍総参謀長).チョ・ミョンロク(軍総政治局長)と非軍部の金英南(最高人民会議常任委員長).崔永林(内閣総理) 4人にが選ばれた。

それにもかかわらず,党代表者会を通して,張成沢の'行動半径'はさらに広くなったという分析が有力に提起される。
大多数が元老級の政治局委員らと別に,実質的権限を持ってことを引張って行く政治局候補委員陣には崔龍海・太宗数・金評して・博徒チューは・ムン・ギョンドク(以上党秘書兼任),金ジョンガク(軍総政治局第1部局長),ウドン側(国家安全保衛部第1部部長),薄情順(組織指導部第1部部長)等張成沢を中心に動くほどの人物らが多く入ってきているということだ。
この他にも党と軍の主要町角には'張成沢ライン'に分類される側近と有力要人らが数人布陣している。

金正恩後継体制の'実力者'に浮び上がった崔龍海党秘書は張成沢が党青年事業部部長をする時,党の核心郊外周辺組織人社労青(社会主義労働庁年同盟)の委員長を引き受けていた人物で代表的な'張成沢ライン'に選ばれる。
リ・ヨンホ総参謀長が急浮上する直前まで軍部の看板だった金英春人民武力部長も張成沢と近い人物と知られている。

金英春は1995年当時組織指導部第1部部長だった張成沢の指揮の下6軍団のクーデター陰謀を鎮圧した。
9.28党代表者会'最高スター'のリ・ヨンホ君総参謀長(党政治局常務委員兼職)も広い意味の張成沢派閥に分類される。
だが張成沢にも決定的な限界があるので直ちに'もろ刃の刃物'と同じ,同年齢妻金慶喜の存在だ。

北朝鮮専門家は"強大な権力を握っている張成沢だが,金慶喜がなければ張成沢の力も消えると見なければならない"としながら"後継構築過程で彼ら夫婦の協力と牽制がどのように教職成っていくかも関心事"と指摘した。

0 件のコメント:

コメントを投稿