お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2011年2月20日日曜日

38号室復活 外貨稼ぎ困難で 連合

ホテルや食堂などの外貨稼ぎを仕事とした38号室が復活した。
金がない、食べ物がない。国は何とか維持しているのが不思議なくらいだ。

北’金正日(キム・ジョンイル)金庫’ 38号室長に金東雲

(ソウル=聯合ニュース)張ヨンフン記者=北朝鮮が金正日国防委員長の個人金庫役割をする38号室長に金東雲前39号室場を起用したと知らされた。

対北朝鮮消息筋は20日”北朝鮮は昨年5月金委員長の秘密資金を担当してきた38号室を復活させる一方、室長に金東雲を任命したと明らかにした。

北朝鮮は2008年初め金委員長の秘密資金および物資管理を専門担当する38号室を労働党資金運用を担当する39号室で統合して、昨年5月再度分離した。

統一部も最近2011年版北朝鮮権力機構図を発表しながら,労働党38号室が復活したと明示したことがある。

北朝鮮が38号室を復活させたことは金委員長で後継者キム・ジョンウンにつながる後継ぎ構図を構築する過程で少なくない費用が必要だという判断に従ったと見られる。

新任金東雲は清津鉱山金属大学出身で1980年代採取工業委員会局長を歴任した。1990年代から対外的に大成総合商社副社長、大成経済連合体会長などの肩書を使いながら,39号室長の業務を遂行してきた。

彼は、38号室が39号室に統合されて,チョン・イルチュンが党第1部部長級の39号室長を引き受けてから、副部長として活動してきたと知らされた。

特に金室長は2010年1月ヨーロッパ連合(EU)が対北朝鮮制裁次元で旅行禁止対象に定めた北朝鮮高位要人13人に含まれており、現在ヨーロッパ旅行ができない状況だ。

一方チョン・イルチュンが室長を引き受けた39号室は大成銀行,高麗銀行など主要金融機関を所有しているだけでなくウォンピョン大興水産事業所,ムン・チョン金剛精練所,大成タイヤ工場など企業所100余ケ所を直営している。


以下は日本語版東亜日報

「金正日金庫」の38号室復活、統一部が最新の北朝鮮権力機構図公開
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2011021567158
FEBRUARY 15, 2011 08:49

北朝鮮は、外貨の獲得を通じ、金正日(キム・ジョンイル)総書記の秘密資金の金庫の役割をしていた労働党傘下「38号室」を復活させた。また、映画部を新設するなど、金総書記の3男、金正恩(キム・ジョンウン)氏への世襲構図の確立に向け、党と行政のシステムに手を加えたことが確認された。

●再開された38号室

統一部が14日に公開した「2011年北朝鮮権力機構図」によると、北朝鮮は2年前、「39号室」に統合した38号室を再び個別の専門部署に分離させた。38号室は、貿易やホテルの運営などでドルを稼ぎ、金総書記の家族の資金として管理する部署だ。しかし、09年、麻薬や兵器の取引、「スーパーノート(偽ドル札)」製造などで外貨を獲得する機関の39号室に統合された。

統一部の関係者は、「昨年中盤から、38号室が別途活動しているという情報が入ってきた。性格が異なる2つの部署を統合したが、期待していた効率性がなかったと判断し、原状復帰させたと見られる」と話した。同関係者は、「深刻な外貨難を打開するための措置」と説明した。

38号室の室長が誰なのかは、まだ確認されていない。39号室は、金総書記の秘密資金管理総責任者とされる全日春(チョン・イルチュン)氏が務めた。高麗(コリョ)銀行など主要金融機関やテソンタイヤ工場などの工場、企業所約100ヵ所を直営する39号室は、昨年、米政府の対北朝鮮制裁リストに新たに上り、対外活動にかなりの制約を受けているという。

●後継者の業績づくりの布石か

北朝鮮は映画部を新設し、18の労働党専門部署を20へ増やした。まだ性格や役割が明らかでない同部署の存在について、「過去、金総書記がそうだったように、金正恩氏も映画のような文化芸術分野で業績を積み、能力を認められたいのでは」という分析が出ている。北朝鮮が昨年、映画のほかにも国立演劇劇場を増築し、香山(ヒャンサン)ホテルに公演会場を設けるなど、文化芸術分野への投資を増やしたのも、同じ脈絡と見られる。

労働党組織構造図では、昨年まで党中央委員会と対等な関係だった党中央軍事委員会が、中央委傘下機構に変更された。これは、昨年、北朝鮮が発表した労働党改正規約で、正確な上下関係が確認され、修正されたと統一部は説明した。

●平壌市は半分に

北朝鮮は、平壌市(ピョンヤンシ)南方の江南郡(カンナムグン)、中和郡(チュンファグン)、祥原郡(サンウォングン)、勝湖(スンホ)区域などを黄海北道(ファンヘプクト)に編入し、平壌市を縮小・改編したことが、朝鮮中央年鑑で確認された。これにより、平壌市の面積が約57%、人口は50万人減少した。統一部の関係者は、「平壌市民に支給される特典に伴う財政負担を減らすための窮余の策である可能性が高い。平壌に対する選択と集中と見ることができる」と指摘した。

行政区域は、これまでの11市・道から、平安南道(ピョンアンナムド)の南浦(ナムポ)特級市を特別市に昇格し、12に拡大された。

関連サイト
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/61217.html

0 件のコメント:

コメントを投稿