お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2011年3月7日月曜日

中国は正式要請していない 金正恩の訪中 連合

いきなりこの記事だけではわかりにくいが、国家情報院が最近自分たちが興したスキャンダルを隠すために、わざと訪中情報を漏らしたということか。
日本の新聞も、正恩訪中説を大きく伝えたが、いずれにせよ、根拠のしっかりした情報ではなさそうだ。

チェ・ジェソン"'中国、金正恩公式招請'事実と違う"
国会情報委民主党幹事チェ・ジェソン議員(資料写真)


(ソウル=聯合ニュース)カンビョンチョル記者=国会情報委民主党幹事のチェ・ジェソン議員は"中国が金正日北朝鮮国防委員長の後継者のキム・ジョンウンを公式招請した"と国家情報院が去る4日情報委で明らかにしたというマスコミの報道に対して"国家情報院は当時公式招請を確認していない"と主張した。

崔議員は7日国会で記者会見を行って,このように明らかにした後,記者らと会って"会議録を見ると、当時国家情報院は'ほとんど(中国が)招請したと見ているけれど、可能性があることであって(訪中有無は)断定できない'と話した"と明らかにした。

彼は"国家情報院にも公式招請でないという事実を再確認した"として"(国情院の)インドネシア特使団宿舎侵入事件で大変な苦労をする国家情報院と与党が、事態を水で薄めることのためにそのような内容を流したことでないか疑われる"と主張した。

引き続き"国家情報院と与党がこういう水で薄めることのような醜悪なことを繰り返せば、強力な措置を取るほかはない"としながら今後軍事秘密流出などの疑惑で検察に告発することができると警告した。

0 件のコメント:

コメントを投稿