お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2011年4月4日月曜日

第六軍団はこうやって消えた その② 東亜日報記者ブログより

6軍団だけでなく咸鏡北道担当組織秘書など軍将軍らと結託した党、行政幹部らも逮捕された。
彼らは苛酷に処断され、家族らは政治犯収容所に送られた。
疑惑がもたれた数百人の軍官らが逮捕および処刑されたこと。他にも、クーデター試みを全く知らなかった初級軍官らも軍服を脱がされ除隊処分となった。

除隊期間がわずかに残った古参兵士たちも除隊されて、炭鉱など辺境地に配置された。

反逆の種を完全に除去して他の部隊にうわさが広がるのを徹底的に遮断するという意図であった。

わけも分からないまま除隊処分となり、辺境地に送られた彼らは単に6軍団所属であったという理由で人生が完全に変わったのだ。
翌年1月から軍団傘下3個現役師団が、勤務条件がよくない江原道で、夜ごと列車にのせられて、移動した。
そして反逆の代名詞になった6軍団という名前は消えた。

6軍団は9軍団で新しく改編されたのだ。
クーデター粛清と6軍団整理がある程度決着がつくと、金英春は大きく昇進した。
1995年9月金英春はそうそうたる先輩らを抜いて副元帥の肩書と共に総参謀長(韓国なら参謀総長)に上がる。
2000年には北朝鮮共和国英雄称号まで受けた。
元応煕は総参謀部保安局長で、人民武力部保衛司令官に昇進した後、金日成死亡以後1990年代末に形成された各種大粛清を主導した。

0 件のコメント:

コメントを投稿