お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2011年4月6日水曜日

第六軍団はこうやって消えた その③ 東亜日報記者ブログより

この記事の前提には、北朝鮮の人事がある。これについての解説記事なので、引用しておく。
北朝鮮の軍の人事は、韓国との実戦というよりも、内部のクーデターを容赦なく取り締まってきた人間が評価されることが分かる。
====================================
出典 http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2009/04/0904j0217-00002.htm
人民武力部長に金永春氏、総参謀長に李英鎬氏任命

 朝鮮中央通信によると11日、朝鮮民主主義人民共和国国防委員会委員長である金正日・朝鮮労働党中央軍事委員会委員長の名義による国防委員会、党中央軍事委員会の決定が発表された。

 朝鮮人民軍の金永春次帥が朝鮮民主主義人民共和国国防委員会人民武力部長に、朝鮮人民軍の李英鎬大将が朝鮮人民軍総参謀長に任命された。

[朝鮮新報 2009.2.17]

====================================



以下は、記事の続き。


元応煕は総参謀部保安局長で人民武力部保衛司令官に昇進した後、金日成死亡以後1990年代末に行われた各種大粛清を主導した。
保衛司令部の権力は天を突き刺す勢いだった。

(韓国の)全斗煥時代の保安司(国軍保安司令部ーしばしば、最悪の人権弾圧機関として例に挙げられる)の威勢を凌駕しただろう。

はなはだしきは中央党幹部までも保衛司が内密調査し、数多くの幹部の首が飛んだ。
威勢をふるった保衛司令部は2002年に突然縮小された。

多分保衛司の権力が突出したため、金委員長が牽制したのだ。

そうでないとしても今は取り除くべきものはみな取り除いたとして、安定した権力委譲を成し遂げたと考えた金委員長が保衛司をこれ以上放置してはいけないと考えたとも見られる。

兎食狗烹(狡兎(こうと)死して=走狗(そうく)(=良狗(りようく))烹(に)らる。 史記(越王勾践世家)すばしこいうさぎが死ねば、猟犬は不要になって煮て食われる。敵国が滅びると、軍事に尽くした功臣はかえってじゃま者扱いされて殺されることのたとえ)という話が北朝鮮では、そのまま当てはまる。

半年以上執拗に空軍司令官を盗聴、監視し、ついに彼を反革命分子で粛清させた功労で金正日の目にとまり、成り上がった元応煕は、2004年5月65才という比較的若くして突然死んだ。

彼以外にも現在死んだり消えた人が多く、今保衛司の首脳陣の構成は1990年代末と全く違うという話もも伝えられる。

黄長燁前北朝鮮労働党秘書は昨年9月6軍団事件の収拾に当たった金英春を(金正日の義弟)張成沢が操縦したと明らかにした。
1994年当時張成沢の兄弟の張ソヌと張ソンギルは、各々北朝鮮軍大将と中将で、軍団長となっても不思議でない職位だったが、彼らを抜いて金英春がその地位に就いたのだ。

金英春に対する金委員長、または張成沢の信任が厚いことを語る。

これら6軍団事件中の多くの内容は、本記事により、韓国で初めて公開されるものだ。

筆者はこの内容を、当時北朝鮮軍保衛司令部最高位の将軍の子供の1人から聞いた。
そうやって金英春が人民武力部長となった。

韓国の国防長官で当たる地位である。

総参謀長に上がった李英鎬は平壌防御司令部(軍団級)司令官出身だ。

韓国とすれば首都防御司令部司令官である。

平壌防御司令部の任務中最も重要な任務は有事の際すなわちクーデターが発生すれば、金正日政権を守ることだ。

反面平壌防御司令部がクーデターを起こせば致命的だ。

したがって平壌防御司令部司令官は忠臣中の忠臣にならなければならない。
李英鎬は親衛隊の護衛局出身という証言もある。

結局北朝鮮は軍首脳部に最高の「クーデター鎮圧専門家」を任命したわけだ。

韓国のマスコミはは異口同音に、‘実戦にたけた軍人と彼らの表現するが内幕は、実戦よりは事実上クーデターを防ぐのに最も適任者である忠誠派を任命したといえる。

彼らを除いても北朝鮮には軍事作戦通は多い。

(続)

0 件のコメント:

コメントを投稿