お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2011年4月12日火曜日

改正党規約 ② 党総書記が党軍事委の委員長兼務

改正党規約の2、党総書記が党軍事委の委員長になるという、新しい記述があり、韓国でも「正恩氏が総書記になれば、自動的に党軍事委長になる制度ができた」などと報道されている。
訳文は正確でない部分もありますので、ご注意を。
参考
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=137249
http://saenulee.com/15468
22条
朝鮮労働党総秘書(日本の表記は総書記)は党の首班だ。
朝鮮労働党総秘書は党を代表する一方、全党を領導する。
朝鮮労働党総秘書は党中央軍事委員会委員長になる。
23条
党中央委員会は党大会と党大会間に党のすべての事業を組織指導する。
党中央委員会は全党と、すべての社会の主体思想化を党事業の総合的任務を掌握し、党の唯一思想体系と唯一の領道体系をしっかりたてながら、党と革命大悟を首領決死擁護の戦闘部隊で設けてその威力を高めながら、主体思想、先軍思想を具現して、党の路線と政策をたて、革命闘争と建設事業を政治的に指導し、国内外の各政党、団体らと事業を行い、党の財政を管理する。
24条
党中央委員会は全員会議を一年に一度以上招集する。
党中央委員会全員会議は該当時期、党の前に立ち向かう重要な問題を討議決定し、党中央委員会政治局と政治局常務委員会を選挙し、党中央委員会秘書らを選挙して秘書局を組織し、党中央軍事委員会を組織して党中央委員会検閲委員会を選挙する。
25条
党中央委員会政治局と政治局常務委員会は、全員会議と全員会議の間に
党中央委員会の名前で党のすべての事業を組織指導する。
26条
党中央委員会秘書局は党内部事業で立ち向かう問題とその他の実務的問題を主に討議決定し、その執行を組織指導する。
27条
党中央軍事委員会は、党大会と党大会の間に軍事分野で立ち向かうすべての事業を組織指導する。
党中央軍事委員会は、党の軍事路線と政策を貫徹するための対策を討議決定し、革命武力を強化して軍手工業を発展させるための事業をはじめとして、国防事業全般を指導する。
28条
党中央委員会検閲委員会は党の唯一思想体系と唯一適齢導体系に外れる行動をしたり党規約を違反するのを始めて党規律を破った党員に党籍責任を追及し、党規律問題と関連した道(直轄市)党委員会の提案と党員の新牛を審議して処理する。
29条
党中央検事委員会は党の財政管理事業を検査する。
30条
党中央委員会は党大会と党大会間に党代表会を招集することができる。

党代表会代表者選出比率と、代表者選挙の手続きは、党中央委員会が規定する。
党代表会は党の路線と政策、戦略戦術の重要な問題を討議決定し、党中央指導機関構成員を召還して補欠選挙する。
党代表会は朝鮮労働党最高指導機関を選挙、党規約を修正補充することができる。

1 件のコメント:

  1. 自分でコメントを書くのも変ですが、字を大きくしました。見やすい!!

    返信削除