お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2011年5月4日水曜日

中朝国境の黄金坪、北が中国に開発権付与へ 朝鮮日報

訳そうと思ったら日本語訳があった。消える前にコピペしときます。原文はさらに長かった。

金正日 | 張成沢

 北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記の妹の夫に当たる張成沢(チャン・ソンテク)朝鮮労働党行政部長が5月末に中国遼寧省丹東市を訪問し、中朝国境の鴨緑江に浮かぶ島、黄金坪の開発問題で合意する見通しだ。複数の中国政府消息筋が29日、明らかにした。
 それによると、張部長は来月28-29日、国境都市の丹東市を訪れ、黄金坪を中国に50年にわたり賃貸(50年間の延長オプション付き)する方式で開発権を付与する協定を結ぶことが分かった。中国側は「副首相級」の幹部が対応する。黄金坪は面積11.45平方キロで、鴨緑江の堆積物によってできた肥沃な土地で、新義州周辺で最大の穀倉地帯として知られる。

 北朝鮮は昨年「黄金坪特区法」を制定し、中国の丹東華商海外投資有限公司と50年間の賃貸を条件に、開発権の譲渡契約を結んだとされる。

 丹東の企業関係者によると、中国は黄金坪の開発権の譲渡を受けた後、鴨緑江新大橋が建設される丹東新区の国門湾の開発に合わせ、黄金坪を物流、観光、委託加工団地として開発する計画とされる。

丹東(中国遼寧省)=池海範(チ・ヘボム)中国専門記者

0 件のコメント:

コメントを投稿