お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2011年5月23日月曜日

米国が食糧支援決める 東亜日報

間違いなくこういう流れだろう。韓国はどうするか、こまった立場に追い込まれそうだ。


米が対北食料支援の5原則固める、北朝鮮人権特使が明日訪朝

MAY 23, 2011 07:39
米国政府は、すでに対北朝鮮の食料支援を実施する方針を決め、韓国との協議を通じて支援の時期や規模、目的、品目、方式に関する原則を固めたことが22日までに明らかになった。

複数の外交筋によると、△支援の時点は夏以降とし、△短期間の大規模支援は行わない、△緊急の食料危機でなく慢性的な食料難で困っている脆弱階層を対像に、△長期の備蓄と軍事的転用ができないよう支援品目を選ぶ、△北朝鮮が世界食料計画(WFP)に対して認めた内容より強化されたモニタリングを導入する――という内容となっているという。

ある消息筋は、「米国はWFPが、食料が底をつくと見込んだ5、6月を過ぎた時点で支援することで、WFPの調査結果を全面的に受け入れたわけではないことを示しだろう」と話した。

米国務省のマーク・トナー副報道官は20日(現地時刻)、「ロバート・キング北朝鮮人権問題担当特使が食料評価チームを率いて24日から28日まで訪朝する予定だ」と明らかにした。

訪朝チームには、国務省傘下の国際開発庁(USAID)海外災難支援局のジョン・ブラウス副局長ら専門家たちが含まれている。専門家たちは6月初めまで北朝鮮に滞在しながら、現地調査を行うという。08年に対北朝鮮食料支援の責任者だったブラウス副局長は、昨年は韓国の対北朝鮮支援団体に対して「北朝鮮が食料支援の再開を要請すれば、米国はいつでも提要する用意がある」との立場を表明した経緯がある。

欧州連合(EU)も対北朝鮮食料支援の検討を始め、食料評価団の訪朝構想を練っているとされる。

韓国政府筋は22日、「米国が食料を支援する用意がないまま食料評価団を北朝鮮に派遣したとは思えない」と見方を明らかにした。


http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2011052332628

0 件のコメント:

コメントを投稿