お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2011年8月4日木曜日

北朝鮮の武力挑発の黒幕は金英徹

奇しくも韓国の新聞に、軍暴走の黒幕に金英徹がいるとの指摘が出てきた。内容がそっくりなので、内部ブリーフしたのだろう。

以前からそういう声はあったが、彼の勝手な暴走だという見方だ。彼の処分が南北関係の鍵を握る。

朝鮮日報は日本語版、東亜日報はハングルから訳した。


韓国政府「金英徹氏がいる限り南北関係の改善は難しい」
金正日 | 金英徹 | 金日成
【李竜洙(イ・ヨンス)記者】 韓国政府関係者は1日「金正日総書記が金英徹偵察総局長を解任すれば、南北関係改善に向けて最低限の配慮を示したものと判断する」と述べた。

 2009年2月に韓国への工作を担当する偵察総局長に就任した金英徹上将(中将に相当)は、これまでの2年6カ月間、哨戒艦「天安」爆沈や延坪島砲撃、農協のネットワーク攻撃など大小さまざまな挑発やテロを企画・実行してきた事実上の主犯だ。韓国政府は金英徹氏が金総書記の周辺にとどまる限り、南北関係の根本的な改善は難しいとにらんでいる。

017976641419738958

 北朝鮮内部の事情に詳しい消息筋によると、金英徹氏は南北和解の雰囲気が高まると、自らは用済みになるかもしれないという恐れを抱いているという。故・金日成主席が1972年の南北共同声明を前に、68年1月の大統領府襲撃事件の責任者だった金昌鳳民族保衛相(現在の人民武力部長)と許鳳学朝鮮人民軍総政治局長を粛正したように、南北関係が改善されれば、哨戒艦爆沈の主犯である自分が「第2の金昌鳳、許鳳学」になるのではないかと恐れているという。

 今年の初めまで北朝鮮は対話攻勢に力を入れていたが、2月には南北軍事実務会談を決裂させ、6月には5月に北京で行われた南北秘密接触の内容を突然暴露した。これらはいずれも金英徹氏が中心となって行ったと韓国の情報当局は判断している。

 韓国政府筋によると、金英徹氏は金正恩氏が金日成軍事総合大学に在学していたころ、軍事知識について個人授業を行った縁で、正恩氏に大きな影響力を行使しているという。金英徹氏は個人的な席で「自分が金正恩を育てた」と発言したとされており、このことは北朝鮮の幹部の間でうわさとして広まっていると

 このように金英徹氏は正恩氏との個人的な縁を信じて傍若無人な行動を取っているため、北朝鮮の内部でさえも反発が広まっているという。これは韓国政府筋が明らかにした。とりわけ軍の元老である金英春人民武力部長や呉克烈国防委員会副委員長などは「若いヤツが金正恩氏にばかり近づこうとして、国を滅ぼしている」などと露骨に非難しているという。金英徹氏と同じく金正恩氏の後見グループとされる李容浩総参謀長や金正覚総政治局第1副局長でさえも金英徹氏の独走を快く思っていないようだ。韓国政府筋によると、北朝鮮外務省や統一戦線部など外交や対南工作を担当する省庁の幹部の間では「金英徹氏が退陣しなければ、北朝鮮は発展しない」「金英徹氏は権力を握るために目に見える成果にばかり執着している」といった声も上がっているという。

 韓国政府関係者は「金英徹氏が金総書記親子に影響力を行使している限り、最近の南北非核化会談や南北外相会談も本格的な南北関係改善にはつながりにくいだろう」と述べた。

 南北が本格的な対話局面に入る場合、金英徹氏による突発的な事態も予想される。韓国政府の安保部処(省庁)当局者は「偵察総局はスパイを浸透させ、韓国国内の重要施設を破壊したり、北朝鮮に反対する活動を行っている脱北者へのテロを引き起こしたりする可能性がある」「今年4月に起こった農協のネットワーク障害を上回るサイバーテロを起こすかもしれない」などと予想している。

 別の韓国政府関係者は「金英徹氏の悪辣で前後を省みない性格からすると、粛正が現実となればクーデターなど極端な行動に走る可能性も排除できない」と述べた。

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

東亜日報 8月2日

韓国哨戒艦・天安号-ヨンピョン砲撃主導した金英徹北偵察総局長“金正恩私が育てた”


粛清されるかと思って大声

北朝鮮が南北秘密接触事実を暴露した背後の核心人物が金ヨンチョル人民軍総参謀部偵察総局長といううわさが北朝鮮内部で回っていると分かった。
後継体系構築過程で核心勢力で位置付けた金総局長が南北間対話を遮っているという指摘も出る。


1日北朝鮮内部事情に精通した消息筋によれば最近北朝鮮外交家では南北秘密接触暴露の核心背後が金総局長という噂が飛んでいる。

金総局長は昨年韓国哨戒艦・天安号爆沈と延坪島砲撃挑発,農協コンピュータ・ネットワーク ハッキング事件など各種対南挑発と威嚇を主導したと知らされた強硬派.
彼は現在米国行政府の対北朝鮮制裁名簿にも上がっている。
そのような金総局長は南北関係が対話局面で転換される場合自身が‘第2の金チャンボン’あるいはホ・ポンハクになることを憂慮していると分かった。

1968年大統領府奇襲事件の主犯で指定された民族保衛上金チャンボンと総政治局長ホ・ポンハクは翌年‘軍閥主義勢力’に追い込まれて,粛清された。
以後北朝鮮は南側との関係改善を試みる。

北朝鮮外交家では金総局長がこういう前例を踏むまいと南北秘密接触まで暴露する無理を強いたという観測が出てきている。

金総局長は後継者金正恩労働党中央軍事委副委員長の核心側近で強大な権限を行使している。

彼は最近私席で“金正恩は私が育てた”と話すなど自身の地位を誇示して通うと伝えられた。

彼は今年の初めから金正恩に各種諜報を直接見ろと指示を受けるなど‘個人教習’をしてきた。


対北朝鮮消息筋は“金英徹の権力欲と傍若無人的性分のために北朝鮮内部でも葛藤を引き起こすことで分かる”と伝えた。

呉克烈国防委副委員長や金英春人民武力部長のような元老らさえ“若い奴が金正恩にだけよく見られるために国を滅ぼす”として金総局長を露骨に誹謗しているということだ。

外務省や統一戦線部の対話派も“自身の権力掌握のため見せる式成果賭けに汲々とする”として不満を表出していると分かった。

情報当局は最近南北非核化会談がなされるなど南北関係が改善される兆しが見られる状況で金総局長が対南テロを行う可能性があると見て北朝鮮の武力挑発の可能性に神経を尖らせている。

政府関係者は“金英徹が金正恩の最側近腹心という点で彼が粛清される可能性が高くはない”ながらも“彼の性格と歩みなどで推し量ってみる時,

粛清に直面したら、クーデターのような極端な選択をする可能性も排除できない”と話した。

http://gendaikorea.com/20100507_03_hon.aspx

img_534479_13613073_0

偵察総局とは

                        2009/05/10 16:47 KST   
北朝鮮、対韓国・海外工作機関を「偵察総局」に統合

【ソウル10日聯合ニュース】北朝鮮が対韓国・海外工作業務を行う朝鮮労働党35号室と作戦部を党から切り離し、人民武力部の偵察局と統合して「偵察総局」に拡大改編した。偵察総局長には上将(中将)または大将クラスの現役将軍が任命されたという。偵察総局は人民武力部傘下の機関だが、長年にわたり朝鮮労働党の作戦部長を務めた呉克烈国防委員会副委員長の指示を受けるとされる。北朝鮮軍部の役割と機能が一層強化された形で、偵察総局は総政治局、総参謀部と並ぶ軍の3大機関のひとつとなった。

 特に、作戦部を合わせた偵察総局の発足は北朝鮮軍部が大きな資金源を確保したことを意味し、注目される。ある北朝鮮専門家は、北朝鮮の作戦部は偽造紙幣や麻薬の製造・取引、武器の輸出など違法行為で相当に大きな金を動かす機関だとし、作戦部が朝鮮労働党から人民武力部に移ったことで軍部は豊富な財源を手にすることになったと説明している。

 北朝鮮のこうした工作機関改編は、機関の領域調整や効率性引き上げのためとされるほか、米国の北朝鮮に対するテロ支援国家指定解除とも関連している可能性がある。朝鮮労働党の35号室と作戦部がこれまで韓国や海外に向けたテロ、拉致、破壊工作の代名詞とされていただけに、これらを正規の軍事組織に編入することで党のテロイメージを薄め、工作機関の対外活動環境変化に応じて役割と機能を再調整する狙いがあるとの見方だ。

 一方、こうした改編が最近急激に悪化している南北関係を反映し、韓国に向けた軍事工作活動の強化につながる可能性が懸念される。党所属の機関を人民武力部に移管・統合し、工作専門家の呉副委員長の指揮下に置いたことは、北朝鮮の対韓国政策の重心が会談や交渉より軍事工作などに移ることを予告するものとの見方もある。

 

北朝鮮軍部の強硬派で、正恩派と見られている人物

金正覚北朝鮮軍・総政治局第1副局長

禹東則国家安全護衛部第1副部長

李英ホ軍総参謀長

国防委員会の顔写真公開

0 件のコメント:

コメントを投稿