お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2011年9月12日月曜日

暴風軍団の実像 北朝鮮 正恩の指示で動く組織

 

北朝鮮に後継者正恩の行きのかかった検閲組織が生まれたとの報道が相次いでいる。

その実態は?

北、'暴風軍団'検閲に住民たち恐怖
ソウル-ムン・ソンフィxallsl@rfa.org
2011-08-18

MC:北朝鮮国境地域で行われている‘暴風軍団’の検閲が住民たちを恐怖のるつぼに叩き込んでいる。

後継者金正恩の直接指示で現場での即決処分権まで持っていて、住民たちはもちろん幹部らまでその残忍さに歯ぎしりしているという便りです。
ソウルでムン・ソンフィ記者がお伝えします。

後継者金正恩の指示で5月初めに緊急組織された‘暴風軍団’の検閲が拡大し、北朝鮮国境沿線住民たちは恐怖に震えています。

咸鏡北道会寧市では‘暴風軍団’の無差別暴力で被害者が続出していると分かりました。
最近連絡がついた会寧市消息筋は“‘暴風軍団’の基本検閲隊が各人民班の住民たちに対する家宅捜索を始めた”として“家宅捜索過程で集団暴行を合って、頭が割れて肋骨が折れた人々もいる”と伝えられました。

また他の会寧市のある住民は“少しでも疑われると‘暴風軍団’に引きずられて満身瘡痍になる”と語り、“かつであくどいことで噂となった‘保衛司令部’検閲は‘暴風軍団’に比べるとたいしたことは無い”と話しました。

‘暴風軍団’は7月24日、地方議員選挙を前に体制を誹謗する落書き事件と有権者掲示板破壊事件が全国で相次いで発生して、これに怒った後継者金正恩が特別指示を下して、緊急組織した軍人検閲隊です。

特に彼らは、家宅捜索と逮捕権はもちろん、抵抗する住民たちに対する現場射殺権まで持っているということが現地消息筋らの説明です。

咸鏡北道、会寧市は8月1日、‘暴風軍団’の先発隊17人が入ってきて、現地調査を進行したのに続き8日には基本部隊が入り、各人民班に5人、警察派出所らに3人ずつ専門検閲構成員を配置したと知らされました。

また8.15 ‘光復節’の前日14日からは明け方1時から5時間に一般家庭らに押しかけて、無差別な家宅捜索を実施。これに抗議する住民たちを容赦なく殴打したと消息筋らは証言しました。

会寧市消息筋は普通一戸を検閲する時間が2時間から3時間程度かかるとし、茶碗から始めて、押し入れや家具の中までことごとく調べると話しました。

この過程で、あらかじめ宿泊登録をしない外部の人が家にいる場合は、外部の人はもちろん家主も逮捕されると言及しました。

そうかと思えば、主要取り締まり品目の不法携帯電話や麻薬、麻薬吸入機構、中国貨幣が出てくれば現場で家族皆が逮捕され、連行されると強調しました。

消息筋らは不法携帯電話は現場で発見されなかったけれど、麻薬吸入器と中国の紙幣がたくさん発見されて、住民たちが大量に逮捕されたとし、麻薬吸入器が発見された住民たちは別に調査を受けるが、中国の紙幣発見された住民たちは金だけ没収され家に送りかえすと付け加えました。

そかと思えば突然真夜中に家に入り込まれ、検閲構成員の無慈悲な殴打によって負傷する人々が増加しているというのが、消息筋らの指摘です。

これに対して一消息筋は“夜中に検閲にあった家に行ってみたら家が廃虚になっていた”として“夫はむちで打たれて、顔がぷっくりとはれて倒れていた。妻と子供らが泣く姿を見て怒りが込み上った”と話しました。

北、両江道銀行支配人公開処刑
011-09-09 14:53
"貨幣改革当時新しい貨幣200万ウォンを引き出して、知人らに不法的に交換"
[ノーカットニュース アン・ユンソク論説委員]
 北朝鮮の貨幣改革当時、不正疑惑で拘束された両江道銀行支配人が最近公開処刑されたと北脱出者団体が伝えた。
北脱出者学術団体の'NK知識人連帯'は9日北朝鮮内部消息筋を引用して"道銀行支配人が2009年両江道内の貨幣改革を責任をとり執行する過程で不正を行って保安局で拘束されたあと、1年6ヶ月後にに4日処刑された"と話した。
消息筋は"処刑された支配人は貨幣改革当時新しく発行した貨幣200万ウォンを引き出して、知人らに旧貨幣500万ウォンと不法的に交換して摘発された"と説明した。
また、"この事件で該当銀行課長2人が共に拘束されて、課長の中で1人は亡くなり残り1人は教化所に収監されたと話した。
この日公開処刑場所には数多くの機関、企業所、勤労者らと中学校学生たちまで参加させたと伝えた。
今回の公開処刑に対して住民たちは"銀行支配人の不正に多くの幹部らが結託されて、処罰できなくしている間軍検閲団の'暴風軍団'の検閲を契機に処刑した"と主張した

0 件のコメント:

コメントを投稿