お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2011年10月3日月曜日

kim hansol メモ

金正男氏の息子に関して韓国で報道があいついでいる。

1日にはsnsからきれいに履歴が消されている。

facebookだけ消さずに閉鎖したのは、外部からのアクセスを遮断すれば秘密が守れることを知ってのことだろう。知識がありそうだ。まあここまで追いかけなくても良さそうなものだが。

以下の朝鮮日報の記事が興味深いのでコピペしておきます。

 

 

http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?SSI_20111003161443_Vid=20111004004002キャプチャ

消される前のツイッター画面

2011100300544

ユーチューブの自己紹介欄

 

北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記の最初の孫であるキム・ハンソル氏(16)は、先月30日にインターネットの交流サイト「フェイスブック」のIDが公表されたが、それ以外にも個人ブログなどを複数開設していたことが分かった。キム・ハンソル氏は1日早朝にフェイスブックと短文投稿サイト「ツイッター」のIDをストップしたが、本紙とあるネットユーザーがキム・ハンソル氏の二つのID(「khsol616」「kimhs616」)を追跡したところ、インターネット上でのさまざまな活動状況が新たに確認された。

 アイデンティティーが混乱しているからだろうか。キム・ハンソル氏が「祖国」と「イデオロギー」について書き残した内容には一貫性がなかった。11歳だった2006年11月に動画投稿サイト「ユーチューブ」に自らのチャンネル(動画集)を立ち上げ、そこでは「主体思想のためにこの空間を作った」とコメントしていたが、ここのお気に入り目録には、朴正熙(パク・チョンヒ)元大統領が作詞・作曲した『わたしの祖国』が含まれていた。このチャンネルの名称は「朝鮮民主主義人民共和国万歳!」だった

 自らの名前については「アンノウン(unknown=不明)」、出身地はDPRK(朝鮮民主主義人民共和国)と登録していた。自己紹介欄には「朝鮮労働党を支持する」と書き込まれており、また自分自身を「反資本主義者」としていた。お気に入りの本は『共産党宣言』だが、フェイスブックで行われたアンケート調査「共産主義か民主主義か」では、民主主義を選んでいた。これらの点から、5年前にユーチューブでチャンネルを立ち上げた当時の「主体思想擁護」からは、考え方が変わったのかもしれない。

 キム・ハンソル氏のユーチューブのお気に入りには519の動画がリンクされており、その中には資本主義国である韓国歌手の動画も数多く登場する。シン・ヘチョル「僕の心の奥深くの君」、ユ・ヨンソク「サランイヤ」、チョー・ヨンピル「風のウタ」、復活「ネバーエンディングストーリー」、カン・サネ「ラグヨ」、ワックス「化粧を直して」などだ。キム・ハンソル氏は2009年6月にマカオのベネチアン・ホテルで開催された韓国人歌手Rainのコンサートも訪れ、友人と共に特別シートで熱狂していたが、この事実は本紙によって報じられていた。キム・ハンソル氏は米国のドキュメンタリー放送「ディスカバリーチャンネル」で放映された「北朝鮮・キム・ジョンイルの素顔」もリンクしている。

 しかし、自らが直接アップした10本の動画は、ロシア国家、赤軍(ロシア軍)合唱、北朝鮮国家などばかりだ。韓国の国内問題に関するものも数十本以上あったが、それらの多くは韓国政府を誹謗(ひぼう)中傷するものばかりだった。中には韓国について「アルバイト天国、大学授業料地獄、犯罪天国、治安地獄、開発天国、虐殺地獄」などと非難する「ああ! 大韓民国、おお! 大韓地獄」も含まれており、また北朝鮮の対南宣伝サイトである「わが民族同士」も登録されていた。この動画では、4大河川開発事業反対と大学授業料半額化を求めるデモの際、警察と衝突して負傷した市民の様子が繰り返し映し出されていた。

 キム・ハンソル氏はツイッターでも二つのIDを登録し、書き込みを続けてきた。4カ月前にはマグカップや中国のカップラーメンなどの生活用品をアイフォーンで撮影し、「マグカップ愛してる」「生活の救世主」などと英語でコメントをつけている。7カ月前には香港の日刊紙『サウス・チャイナ・モーニング・ポスト』の写真をアップし「世の中の最新の流れを知らねばならない。新聞をよく読むべきだ」と書き込んでいた。また、朝鮮日報とKBS放送もフォローしている。このようにツイッターに登場する10代のキム・ハンソル氏は、ユーチューブチャンネルに書かれた「資本主義・人種差別・ファシズム・米共和党・性差別反対、親共産主義者」という真面目なプロフィールとは対照的だ。

 キム・ハンソル氏は複数のブログを立ち上げており、パソコンやモバイル、インターネットをしっかりと使いこなしていることが分かる。昨年12月4日にはパソコンを使う自らの様子をアイフォーンで撮影し、リアルタイム動画投稿サイト「ユーストリーム」にアップした。また別の動画には「どうすれば“Auslogics BoostSpeed”(コンピューターシステムを最適化するプログラム)を無料で手に入れられるだろうか」とチャットで尋ねる姿を撮影し、ネットにアップしていた。ブロガー・ドット・コム上のブログでは、写真、旅行、食事、ワイン、温泉に関心があると自らについて紹介した。キム・ハンソル氏が好きな映画は、米国のラブコメディー『ラブ・アクチュアリー』だという。

香港の学校へのビザが拒否されたというscmの記事原文

Study-visa snub for Kim Jong-il grandson
   
Christy Choi
Oct 6, 2011
Ex-UWC principal Stephen Codrington

The grandson of North Korean leader Kim Jong-il has been denied a visa by the Hong Kong government, scuppering the plans of a local international school for him to study here.

Kim Han-sol, 16, was set to enrol at the Li Po Chun United World College in Wu Kai Sha last month, but despite several requests from the school - which has been making wider efforts to help bring North Korea out of isolation - immigration officials refused to grant him a student visa.

As a result of the snub, Kim has now enrolled at a UWC sister school in Mostar, Bosnia-Herzegovina.

Former Li Po Chun United World College principal Stephen Codrington (pictured), who interviewed Kim in April as part of an application process that began in February, said he was impressed with the teenager.

"I think it's Hong Kong's loss that the visa wasn't issued. It could have been a great thing in terms of building a relationship between Hong Kong and a part of the Asian region I think is very significant. It could have helped to foster a bond, which won't be able to happen now because of some hyper-conservative immigration officials," said Codrington, who is now head of The Awty International School in Houston, Texas.

"I think it was [Kim Han-sol's] idealism, the fact that he really wants to make a difference to the state of the Korean peninsula. [Han-sol] felt that in order to do that he had to understand better what people from all around the world think."

Kim Han-sol's father is Kim Jong-nam, Kim Jong-il's eldest and exiled son. He and his father have lived in Macau for years, supposedly after his father fell out of favour after he was caught trying to enter Japan with his family on a fake Dominican passport, claiming he wanted to visit Tokyo Disneyland. Before this episode many considered Jong-nam the front runner to succeed his father. Kim Jong-il is now said to be grooming his youngest son, Kim Jong-un, to rule.

Kim Han-sol is not the first North Korean to apply to study in Hong Kong. The Immigration Department has granted visas on a discretionary basis to two North Korean students now at Hong Kong University.

Nor is he the only student visa applicant with a colourful family background. In 2009 Zimbabwean president Robert Mugabe's daughter Bona was enrolled to study at the University of Hong Kong.

The Immigration Department declined to comment on Kim Han-sol's case. However, a spokesman said: "The entry arrangement for study does not apply to nationals of certain countries including the Democratic People's Republic of Korea [North Korea], Nepal and Cambodia. Notwithstanding the general policy, the Immigration Department will consider the merits of individual cases.

"In formulating [...] visa policy, the government will take into account factors which include immigration and security considerations, economic, social and cultural ties between Hong Kong and the country/territory, as well as individual circumstances."

Codrington said of Kim Han-sol: "He's a lovely kid. Very bright, charismatic, good English. Good sense of idealism. One of these people with a twinkle in the eye, and a real sense of humour."

The visa denial is a particular blow for Li Po Chun United World College, which for the past seven years has reached out to the secretive nation, taking student ambassadors to North Korea with the specific aim of building trust with the country, and ultimately bringing North Korean students to study at their school.

The last group visited in August, and, says Ronny Mintjens, who is currently running the initiative, they are still hoping North Korean students will be able to come to their school in the future.

While most comments on United World Colleges' official Facebook page welcomed Kim's acceptance by the Mostar school, some raised questions about nepotism and the lack of regular North Koreans among those selected.

"I would have been much more comfortable had this been coupled with awarding UWC scholarships to `regular' North Koreans and North Korean refugees abroad, wrote Sara Slama, an alumni of UWC Atlantic.

"Assuming North Korean nationals may not normally be allowed to exit the country, the issuing of such permits could have been a condition of Kim Han-sol's enrolment. For the benefit of Kim Han-sol himself, I would imagine that one of the most transformative aspects of a UWC education for him, could be studying with, and befriending ordinary people of his own."

"I wish it were that simple," said Codrington in response to Slama's post. "I think it is inevitable that one day we will see students being selected for UWCs from within the DPRK, and hopefully sooner rather than later - but the time isn't ripe for this yet, for a multitude of reasons that would not be appropriate to post publicly on the internet."

One possible difficulty is the ability of students from the isolated country to be able to integrate into the community.

"I'm not sure how they would adjust," said Aaron Sekhri, a former student ambassador to North Korea in a previous interview with the South China Morning Post. "I don't imagine they'd be allowed to learn our version of history."

Codrington said he believed Kim Han-sol would be able to fully adjust to the school.

"He's been going to school in Macau for the last six years or so. He has been mixing with students from a variety of backgrounds, but he still returns to North Korea during the summertime. So he is in touch with his own culture, his own society. Equally, he's mixed with people from around the world, his fellow students. He's had access to the internet, Facebook, all that sort of stuff."

What he is concerned about is the effect of the media frenzy around the Kim family. "I feel sorry for any 16-year-old that has to endure this," said Codrington. "Particularly when it has nothing to do with himself, it's to do with who his grandfather is. I think it's really sad that people make judgments based on someone's ancestry rather than on their own individual characteristics.

"When he applied for the college, he was evaluated on his own characteristics and potential, his own merit. Who his grandfather was is not a factor, as it's not a factor with any other applicant."

Scott Snyder, a senior fellow of Korea studies at the US-based Council on Foreign Relations, described Kim Han-sol as a special case because of his father's relationship with the North Korean leadership.

"His son [Kim Han-sol] will have had a completely different experience. In North Korea it's well known that the family pays for the sins of anybody who creates difficulty. I think that probably extends to Kim Han-sol as well," Snyder said.

The North Korean consulate in Hong Kong said it had no knowledge of Kim Han-sol's decision to attend school in Bosnia.

Meri Musa, a spokesperson for the school in Mostar, confirmed Kim had been accepted. However, it was unclear whether he had been issued with a visa to enter Bosnia.

Copyright (c) 2011. South China Morning Post Publishers Ltd. All rights reserved.

彼が通っていた学校

http://www.schoolofthenations.com/

【北朝鮮】後継者問題 消えた正男氏、マカオの自宅ひっそり

1:東京ロマンチカφ ★[sage]:2010/10/04(月) 15:04:58ID:???
 北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記の三男・正恩(ジョンウン)氏(27)が後継者に決まって以降、長男の正男(ジョンナム)氏(39)は今、どこで何をしているのか。
 事実上無職の金正男氏には、北京とマカオに3人の女性と3人の子供がいる。北京の北郊の別荘地「ドラゴン・ビラ」には本妻のシン・ジョンヒ氏(30代後半)と息子のクムソル君(13)が住むとされる。マカオには第2 夫人のイ・ヘギョン氏(30代後半)と息子のハンソル君(15)、娘のソルヒさん(12)が暮らしており、高麗航空の元客室
乗務員のソ・ヨンラ氏(30代前半)が別の家に住んでいるという。
 先月29日、マカオのS・フランシスコ通り(加思欄馬路)8-10番地にあるマンション「嘉安閣」。築後20年がたつ古い建物の12階に、第2夫人と子供二人が暮らしているという。しかし、呼び鈴を鳴らしても人けがなかった。
マンションに入ってきた中学生は、「以前はキムさんのところの兄妹とよく会ったが、最近は見掛けない」と話した。
金正男氏の写真を見せると、「ニュースでは見たが、ここでは見たことがない」と話した。現地住民によると、金正男氏と第2夫人は別居中だという。
 マカオの旧市街地にあるマンション「芬香閣」の12階も、金正男氏が未明まで護衛や知人と酒を飲んでいた「アジト」だとされるが、マンション警備員は、「金正男氏の顔を一度も見たことがない。金正男氏について尋ねる外国人記者がよく来る」と話した。
 マカオのタイパ島北部にある国際学校、スクール・オブ・ザ・ネーションズ(連国学校)。建物の正面は5階まで半透明のガラス窓に約60カ国の国旗が刻まれており、韓国と北朝鮮の国旗も上の方に並んでいた。現地在住の韓国人は、「マカオでも学費が最も高い国際学校に子供を通わせる北朝鮮人は金正男氏だけで、あの北朝鮮国
旗も正男氏の子供たちが通っているという意味だ」と耳打ちした。正男氏の子供二人は昨年春まで、学校から500メートルの距離にある新築マンション「濠庭都会(ノバシティー)」の7号棟に住んでいたとされる。しかし、日本の取材陣が学校を訪れ、二人を尾行したために引っ越したという。
 3年前まで金正男氏と護衛らが住んでいた路環島(コロアネ島)最南端の高級別荘地「竹湾豪園」361号にも、人が出入りした痕跡はなかった。ドアの郵便受けに触れようとすると、警備員が走り寄ってきて制止された。3人目の女性、ソ・ヨンラ氏が住むとされる「海洋花園」でも、最近金正男氏を見たという人はいなかった。
 今年6月に金正男氏がマスコミに発見された高級ホテル、アルティラ・マカオ(新濠鋒)のレストラン、カジノ、1階ロビーの従業員も「最近金正男氏を見ていない」と話した。レストランを経営する韓国人は、「(韓国海軍の哨戒艦)
天安沈没事件後、VIPだけが入れる高級ホテルのコーヒーショップで金正男氏を見掛けたが、われわれ一行の韓国語が聞こえると、すぐに姿を消した。以前はマカオ在住の韓国人と堂々とあいさつしていたが、最近は知らぬふりだ」と話した。
 韓国の情報当局者は3日、「金正男氏は最近、数カ月にわたりマカオを離れ、中国と第三国に滞在中と把握
している。金正恩氏とそのもう一人の兄、金正哲(キム・ジョンチョル)氏(29)はいずれも高英姫(コ・ヨンヒ)氏(2004年死去)が母親だが、金正男氏は成恵琳(ソン・ヘリム)氏(02年死去)が母親であり、金正男氏の立場はますます危うくなるのではないか」と指摘した。
 一方、金正日総書記の異母弟、金平一(キム・ピョンイル)氏は1998年から12年にわたり、駐ポーランド大使としてワルシャワに住んでいる。
http://www.chosunonline.com/news/20101004000031
20101004182655_1_1
20101004182655_1_2

voaの報道 時間がないので、リンクだけ。
http://www.voanews.com/korean/news/UWC---------131220419.html

元校長の個人ブログ

http://www.stephencodrington.com/

0 件のコメント:

コメントを投稿