お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2011年11月5日土曜日

スカラピーノ、彼の人生、そのままが‘韓国の現代史’

ワシントン|ユシンボ特派員 simon@kyunghyang.com 京郷新聞
・アジア・韓半島問題碩学 スカラピーノ教授死亡

 

あらためて記事を読むと、韓国に大変な影響を与えた人だった。

韓半島とアジア問題の世界的碩学で米国バークレーカリフォルニア州立大で半世紀以上教授で活動してきたロバートAスカラピーノ教授が去る1日(現地時間)バークレー自宅で死亡した。
享年92才だった.
バークレー大は2日教授一同の名義で“深い悲しみと共にスカラピーノ教授が去る夜死亡したことを伝える”として知人らに彼の訃報を知らせた。
スカラピーノ教授は米国で本格的にアジアを研究し始めた1世代学者の中でひとりだ。
彼は韓国と中国・日本・インド・パキスタンなどアジアの政治・社会変化に深い関心を持って最近まで旺盛な活動を繰り広げた、この分野で他の追従を許さない研究業績を残した。
特に韓国の現代史と政治変化にも深い影響をおよぼし、北朝鮮を6回も訪問するなど南北関係にも格別な関心を注いだ。

高麗大名誉教授の韓昇洲前外相と李ジョンシク慶煕大平和福祉大学院大学院教授などが彼の弟子だ。

1919年米国、カンザス州リブヌォスで生まれたスカラピーノ教授は漏れた他バーバラ対を卒業してハーバード大で政治学修・博士を取得した。
以後しばらくハーバード大で講義したのを除いては、1949年からずっとバークレー大で教授で在職した。

バークレー大政治学科長を経験、1978年には東アジア研究所を設立して、1990年引退する時までこの研究所所長で仕事をした。
中国北京大学で3回にかけて、研究教授で在職することもした。
彼は今まで<韓国共産主義運動史> <現代日本政党と政治> <中国の社会主義革命>等大型の著書39冊と学術論文500編余りを発表した。
スカラピーノ教授がアジアに関心を持つようになった契機は第2次世界大戦だった。

彼は1943年から3年間海軍将校で服務しながら日本語を習い、アジア問題のとりことなった。
彼は昨年、出版した回顧録の性格をもつ著書<新東方見聞録-リブヌォスでラサまで> の序文でこのように明らかにした。
“2次大戦勃発以後からアジアは私の人生だった。
私は東アジア全体とその周辺地域を研究することに決心した。
それで私の研究と旅行は、常に色々な国家の独特の特性と彼らを国際環境を連結させる要素を悟るための努力の一部であった。”

スカラピーノ教授は特に韓国と格別の縁を結んできた。
彼は韓国内に多様な人脈と多くの弟子を通して、政治的助言をするなど韓国現代史に多くの影響をおよぼした。
1959年スカラピーノ教授は米国上院に提出した韓国関連報告書で軍事クーデターが発生することだと正確に予測した。20111105.01200102000001

彼は朴正煕政権時代を注意深く観察しながら、維新憲法を通した独裁強化を今後起きるようになる駐韓米軍撤収に備えるためと解釈した。
また1973年、日本に亡命中だった金大中前大統領と初めて会ったし、以後金前大統領が韓国で収監された後には彼を支持する意味で妻のイ・ヒホ女史を訪ねて行って会うこともした。

彼は1980年代軍事政府の出現を現実に受け入れたし、1984年には大宇グループの顧問を委嘱された。

しかし彼は軍事政権に平和的政権交代を薦め、1990年代には脱冷戦時代に対処するための北方外交の必要性を助言して、中国、ロシア、東欧圏国家らと修交するのにも一助となった。

 スカラピーノ教授は1990年定年退任した以後にもバークレー大終身名誉教授として活発な活動と知的探求を止めなかったし、亡くなる直前までバークレー大の東アジア研究所に自身の事務室を持っていた。

昨年6月最後になった韓国訪問で彼は“北朝鮮の崩壊や戦争が勃発しない限り韓半島の統一は当分不可能だと見られる”としながら“もし短期間に北朝鮮政権が崩壊し、韓国が北朝鮮を吸収統一するようになったら朝鮮半島の統一費用は、ドイツの場合とは比較もならない程途方もない額になる”と話したことがある。

http://www.icasinc.org/bios/scalapin.html

訃報

http://www.mercurynews.com/breaking-news/ci_19267954

0 件のコメント:

コメントを投稿