お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2012年1月3日火曜日

北朝鮮-中国新年初頭に高位級特使交流する見通し voa

普通、もうすこし正恩体制の行方を見つめたいが、中国はそんなことは言っていられないだろう。

2012年01月02日

金正日国防委員長死後、金正恩指導体制を足早に支持した中国が、新年を迎えて,北朝鮮と高位級特使交流に出ると発表されました。

北京の文記者を連結して,詳しい便り調べてみます。
文)年初に北朝鮮と中国間に特使交流がなされそうでしょう?現地の雰囲気はどうなのですか?

答)新年が始まっただけに北朝鮮と中国間にも交流が始まると見られるんですが,その間の慣例により近い将来特使派遣が始まることと観測されます。

北朝鮮は新年一日、官営'労働新聞’等を通して,発表した新年辞で去年金正日国防委員長の中国とロシア訪問を強調したんですけれど,これは今年北朝鮮の新しい指導部が中国との外交を強化するという意志を映ったという解説されます。

金正日委員長葬儀を行った北朝鮮が感謝表明次元で大物要人を中国に派遣する事もでき金委員長葬儀などで忙しい北朝鮮の事情を考慮して,中国が特使を送ることもできるという分析が出てきています。

文)と関連して,核心関心事はどうしても北朝鮮政権の後継者の金正恩労働党中央軍事委員会副委員長の中国訪問の可能性ではないですか?

答)はい,金正恩副委員長の中国訪問の可能性もあるが、現在では時期尚早という観測が優勢です。
金正恩副委員長が今は外交行事よりは北朝鮮内部指導体制を固めるのがさらに至急な状況という点のためですが,これを考慮すれば金正恩副委員長の委任を受ける人物が中国を訪問する可能性が大きいように見られます。

文)それなら北朝鮮では誰が中国を訪問すると予想されているんですか?

答)金正日委員長告別式で霊柩車を護衛した8人の中で金正恩副委員長を抜いた7人中1人が中国を訪問するという観測が出てきています。

告別式では金正恩副委員長の後に張成沢国防委員会副委員長,金己南労働党秘書と崔泰福秘書が従ったし,向い側にリ・ヨンホ労働党中央軍事委員会副委員長,金英春人民武力部長,金ジョンガク君総政治局第1部局長,ウドン側国家安全保衛部第1部部長が霊柩車を護衛しました。

彼ら7人は金正恩時代の核心人物に浮び上がったので特使資格で中国を訪問する可能性が高いです。

文)中国側からある人が北朝鮮を訪問するかも気になりますが?

答)中国側では権力序列9位中の共産党中央政治局常務委員が北朝鮮を訪問して,金正恩副委員長に会う可能性は現在では小さくて,特使を送ると予想されます。

中国が胡錦涛国家主席特使を送ったら伝統的な共産党大労働党交流次元で党要人の北朝鮮訪問の可能性が高いです。

このような点で中国1の‘北朝鮮通’と呼ばれるタイビングォ外交担当閣僚と王家瑞共産党対外連絡部長が対北朝鮮特使で議論されています。

合わせて金正日委員長告別式の時中国弔問団派遣と関連して,うわさが出回った張徳江副総理も北朝鮮で留学経験がある高位要人という点で北朝鮮を訪問する可能性が予想されます。

文)北朝鮮と中国間に相互高位要人訪問がなされたらどんな点などが重点議論されましょうか?

答)北朝鮮-中国間に高位要人を打ち出した特使訪問が始まれば韓半島非核化議論と経済協力が集中的に議論されると予想されます。
彼ら問題は金正日国防委員長の遺言といえるために核心議題になる展望です。

特に北朝鮮が食糧とエネルギー援助の必要性を痛感しているという点でこれに対する議論がなされると予想されるんですが,中国が食糧とエネルギー支援を打ち出して,北朝鮮に対する影響力を急速に拡大する可能性が注目されています。

文)中国が北朝鮮の金正恩体制を定着させるためにある程度の食糧とエネルギーを支援するかも関心事ですが,.

これと関連して,中国から出る話があるんですか?

答)中国政府は一切公式的な言及を避けているんですが,ただし金正日委員長死後金正恩体制を早期に安定させるために深刻な食糧不足とエネルギー難解消が至急だとみて無償支援に出ると予想されます。

中国は早ければ今月中北朝鮮に米など食糧50万tを緊急援助して原油も20万t以上無償支援することだと中国内一部北朝鮮専門家たちは見通しています。

中国はその間北朝鮮に年間数十万tの原油を支援しながら,その代価で地下資源を受けてきたのに,今回の原油増額分は無償で支援されることと観測されています。

文)こうした中胡錦涛国家主席が北朝鮮人民軍最高司令官と推戴された金正恩党中央軍事委員会副委員長に祝い専門を送ったでしょうか?

答)はい。
胡錦涛主席は先月31日中央軍事委員会主席名前で金正恩副委員長に送った専門で中国と北朝鮮の人民と軍は深くて厚い友好関係を持っていて新しい歴史的条件でも友好協力関係が強固になり強化されることだと明らかにしました。
胡錦涛主席はまた劉才洪北朝鮮駐在中国大使を通して,金正恩副委員長に年賀状を送りました。

0 件のコメント:

コメントを投稿