お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2012年3月10日土曜日

張成沢は飛び石② 北朝鮮エリート官僚

 

北朝鮮エリート官僚出身A氏は言論との初めての接触に多少緊張した表情だった。
だがどんな質問にもわだかまりなしに自身の見解を表明した。
時間が流れるほど平壌抑揚の礼儀正しかった声がますます高まって速くなった。
間間‘セルポン(cell phone)’ ‘インゲイジモントゥ(engagement)’等英語単語を自然に混ぜながら話す姿が他の北脱出者とは違いが感じられた。


中東市民革命が続きます。
一部ではデモが長期化する場合北朝鮮にもある程度影響を与えないだろうかと期待している。

“北朝鮮の立場で見る時,今回の事態は1989年東欧圏兄弟国らが倒れた当時と比較するとそんなに大きい事件ではありません。
最も影響を受けやすかったその時期にも北朝鮮はびくともしなかったんですよ。
過去のソ連の影響圏下にあったし,半世紀以上東ヨーロッパと交易したのにね。
ソ連とKGBは失敗したが北朝鮮政権は相変らず健在です。”

東欧圏と関係が深かっただけに当時、北朝鮮エリート社会で変化がありませんでしたか?

“そちら側(東欧圏)人々と関係が非常に良かったです。
ほとんど毎週該当国の人と親善の集いを持ちましたよ。

両側でやりとりする招請形態で演説交換行事などを開きました。


そのような半世紀以上の歴史を持ったのに東欧圏没落が北朝鮮には影響を至りませんでした。”

http://article.joinsmsn.com/news/article/article.asp?total_id=5285956&ctg=10

0 件のコメント:

コメントを投稿