お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2012年8月16日木曜日

核巡り中朝が言い争いと報道

中朝外相が会談で言い争い? 北の核保有報道めぐり

興味深いのでクリップしておきます。

 聯合ニュースは6日、北京の消息筋の話として、北朝鮮の朴宜春外相が7月11日にプノンペンで中国の楊潔チ外相と会談した際、北朝鮮の核保有に反対すべきだとする中国メディアの報道を問題視して大声で抗議し「言い争いの場になった」と報じた。

 朴外相が持ち出したのは中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報が掲載した社説で、北朝鮮が核保有を憲法に明示したことに中国が反対の立場を示すよう主張する内容。朴氏は中国指導部も同紙と同じ立場なのかと会談で中国側に迫ったという。

 中国側は、南シナ海の領有権争いで北朝鮮が中国寄りの立場を取るよう会談で求めようとしたが、朴氏の抗議で話を切り出せなかったという。

 消息筋によると、金正恩第1書記の新体制発足後、中朝間では外相会談の時点まで外交当局の対話がほとんど行われておらず、中国が戴秉国国務委員の訪朝を数回打診しても北朝鮮が消極的な態度を繰り返していたという。(共同)

 

中国環球時報「中国は北朝鮮の核保有憲法化に反対すべき」
2012年06月04日11時34分

[? 中央日報/中央日報日本語版] comment4mixihatena0

  北朝鮮が4月の憲法改正で「核保有国」を初めて明示したことに対し、中国人民日報姉妹紙の環球時報は2日、中国政府はこれに反対しなければなければならないと促した。「中国は当然北朝鮮が核保有を憲法化するのを反対しなければならない」という見出しの社説でだ。中国政府はこの問題に対し公式な立場を明らかにしていない。

  環球時報は、「北朝鮮の核保有国憲法記載に韓国と米国が反対を示したが中国が韓米と力を合わせて北朝鮮を圧迫してはいけない」としながらも、「北朝鮮の行動に対し公開的に批判する必要があり、核保有を憲法化することに対し明確に反対しなければならない」と明らかにした。続けて「金正恩(キム・ジョンウン)政権はこうした国家策略を政治遺産として継承していくものとみられる。北朝鮮の核保有を防いだり遅らせるためにはたとえ効果がなくても北朝鮮が核保有のために取る危険な動きに対し毎回公開的に反対しなければならない」と中国政府に促した。

  同紙は「核保有は北朝鮮がすでに定めた方針。北朝鮮の目的は核を保有しながら他の利益を守ろうとするところにある」と分析した。このためこの数年間に核問題で北朝鮮は一歩後退した後に2歩前進してきたと指摘した。環球時報は北朝鮮の核保有国明示は韓国と日本を刺激し台湾の核武装に追いやり、東アジアの「核ドミノ」現象を招くものと警告した。こうした場合、中国と台湾の統一にも大きな障害として作用するため中国は明確な姿勢を示さなければならないと新聞は主張した。

  環球時報は党中央機関紙の人民日報が100%の株式を持つ姉妹紙だが、国際問題を専門的に扱う商業誌の性格が強い。敏感な政策に対し多様な見解を提示しており中国政府も時差を置いて政策に反映する事例が少なくない。

0 件のコメント:

コメントを投稿