お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2012年9月22日土曜日

時事診断韓半島] “李雪主公開,現在までは成功的”

http://www.rfa.org/korean/weekly_program/news_analysis/sisakorea-09212012104751.html

きらびやかに着飾っている夫人は、反感の対象になる可能性もあるとの指摘。訳がこなれていませんがご容赦を。


ソウル-朴成雨,コ・ヨンファンparks@rfa.org
2012-09-21
写真-聯合ニュース提供
北朝鮮金正恩国防委員会第1委員長の夫人李雪主が最近平壌(ピョンヤン)万寿台地区昌廛事に新しく入居した家庭を訪問した当時台所に入って,カップを洗う姿.
アンカー:皆さんこんにちは。
‘時事診断韓半島’時間です。
私は進行を引き受けた朴成雨です。


金正恩第1秘書の夫人李雪主に対する関心が高まっています。
今日も国家安保戦略研究所のコ・ヨンファン戦略情報室長と共にします。
朴成雨:室長,去る一週無事に過ごしましたか?
コ・ヨンファン:よく送りました。

朴成雨:この頃李雪主に対する韓国言論の関心が高まっているんですが。
先に,李雪主はどんな人物ですか?
コ・ヨンファン:韓国の国家情報院は金正恩の夫人李雪主が1989年生まれで今年23才で,金星第2高等中学校を出た女性だと明らかにしました。
李雪主は中国に留学に行って,性悪を勉強したし,天の川管弦楽団所属歌手で歌を歌いましたよ。
また2005年韓国の仁川(インチョン)で開かれたアジア陸上競技大会に北朝鮮側応援団にきたこともある女性です。

結婚をいつしたのかは明確でないけれど2009年にしたと知らされましたし。
北朝鮮が欧州で高級赤ん坊用品と乳をしぼるのに使うスイス産(山)最高級さく乳器まで輸入すると見て子供も1人いると見られます。
ですから李雪主は二十才の時結婚をして結婚後いくらもしないで子供を出産したとのことでしょう。

金正恩が二十五才に,李雪主が二十才に結婚をしたことは北朝鮮でもきわめて異例的です。
大学を卒業して職場を得て,ことをして結婚するのが普通なのに,この夫婦はとても年齢が幼い時結婚したことですね。
これは私の推測ですが。

2008年金正日が脳出血で突然倒れた後北側は緊急に後継者を決めたし,金正日が死ぬ前に孫を見たくて,早く結婚をさせたことではないか考えます。

李雪主は現在韓国を越えて,世界で関心を引いているんですが。
その理由は20代始めに大統領あるいは国家指導者の夫人になった人が現代社会にはないためです。

北朝鮮は本当に色々な部門で世界的記録を破っているわけです。
朴成雨:李雪主が前例がない姿をたくさん見せているんですが。
室長はどのように評価しますか?

コ・ヨンファン:金正日時代北朝鮮は金正日の夫人を紹介しなかったです。
もちろんその理由は金正日には映画俳優成恵琳,タイピスト金ヨンスク,無用(舞踊)俳優高英姫,音楽家金オクなど夫人が四人ずつもなって,色々な夫人から多くの子供らをおいたためです。
ところで金正恩は後継者になった後まもなく自身の若い夫人を電撃公開しました。
電撃公開したのに終わらないで金正恩は夫人李雪主を軍部隊視察,芸術公演参観,国家行事出席,家庭訪問などにみな連れて通っています。

また金正恩は李雪主を牡丹(モラン)峰試験楽団公演に連れて出たりもしました。
この試験公演には背景画面に米国映画の場面らを流れるようにして米国の代表的な漫画映画主人公らの白雪姫,ミッキーマウス,熊石がふうっとも登場させました。
はなはだしきは李雪主が普通家庭を訪問して,皿洗いまでする姿も公開しました。
ところで李雪主が見せる姿に他の側面も眼に触れます。

李雪主は舅の銅像を訪問した時,約5千ドルティファニーネックレスをしたし,持っている手提げ鞄も2千ドルクリスティアン ディオール製品でした。
贅沢な生活をするという意でしょう。

皿洗いをする姿と高級保釈(宝石)をして通う姿があまりにも相反して紛らわしいです。
私は北朝鮮で外交官生活をしたし,韓国にきても北朝鮮の政治をずっと研究しています。
私が見る時は金正恩が李雪主を公開して現場視察に連れて通うのはまず何人かの夫人をおいた,それで精神的苦労をよくするようにしたお父さん金正日に対する反感の表現ではないのか考えます。

‘私は一人の公式否認だけ置くことでお父さんのように住まない’という意志の表現ではないかという乞食です。
朴成雨:北側は李雪主を公開することによって得ようと思った効果があったと思いますが。
期待した効果を巨頭があると見ますか?
コ・ヨンファン:前でも少しの間話したが金正恩が夫人李雪主を公開したことは父親金正日が金正恩のお母さん高英姫を最後まで隠して隠遁生活をするようにしたことに対し不満が最も大きいこともあると見ます。

便りらによれば金正恩はおじいさん金日成をそのように見たがったが,何人かの婦人とその婦人から何人かの子を産んだ金正日が金日成の前に彼らを紹介して公開するのを極度に敬遠したといいます。

そのような父親に対する反感が“私は堂々と私の夫人を公開する”こういう姿で現れたようです。
また他の側面もあります。

実の母親高英姫が日本,大阪出身でしょう。
在日同胞ということでしょう。

偶像化するのがちょっと大変そうだから代わりに夫人李雪主を偶像化しようとする目的がないか考えます。

聞こえるうわさによれば北側が高英姫偶像化をあきらめたという話もありますね。
人々が心配しているから李雪主を公開して,それを相殺しようとする努力があったことのようです。
現在までは金正恩の意図のとおり夫人を公開したのが北朝鮮に得になったようです。
効果があったということでしょう。

人々がたくさん興味を持っていますね。
ところでこれからが問題です。
今は北朝鮮住民たちが指導者の夫人を見て‘可愛い,きれいだ,大丈夫である女であるようだ’と考えるだろうが,北朝鮮経済と暮らし向きが良くならなければ住民たちの怨念の声が金正恩と李雪主に帰れます。

住むことも大変で,水害が出て暮らすのが難しいが,あの若い人々は高齢な幹部らの前で腕組みをして笑いながら,遊び機構を(受ける)乗るか,そしてあの女は何をあのように高い服と保釈(宝石)らをぞろぞろ付けて通うか,本当に例嫌いだ,こういう不満らが出てくる可能性が高いと考えます。

朴成雨:李雪主が自分の勢力を作る可能性はないと見ますか?
コ・ヨンファン:李雪主は自身の舅金正日が何人かの夫人をおいたし,その中二人が捨てられたという事実をよく知っているでしょう。

おわかりの通り金正日は最初の夫人成恵琳と事実上結婚生活をしたのに金日成が反対したし,ですから金ヨンスクと正式に結婚をしたし,そうして三番目夫人であり,金正恩の実の母親の高英姫に会って,いよいよ安定をさがしましたよ。

それで高英姫と金正日の間には金正哲,金正恩,金余情など三人の子供をおくようになります。
この渦中に最初の夫人成恵琳は衝撃を受けて,憂鬱症にかかりながら,結局にはモスクワに送られて,治療を受けて寂しく一人で死亡します。


こういう事実は金正恩も李雪主もとてもよく知っているでしょう。
李雪主は成恵琳でなく高英姫になりたいでしょう。

そして現在としてはそうなる可能性が高いと見られます。
事実金日成の二番目妻金聖愛は一時北朝鮮で飛んで行く鳥も落とす程権力を享受しました。
そして自身のからだで生まれた金平日を後継者で作ろうとしましたよ。
もちろん権力闘争で金聖愛が金正日に押されて,権力2線で退いたし,金正日が後継者になった以

後にはびくともできなかったのが歴史的事実です。
李雪主も夫金正恩が力だけのせてくれたら第2の金聖愛のように権力を振り回す可能性が高いです。

李雪主は年を取るほど,分別がつくほど金聖愛や成恵琳のようになることが恐ろしくて,夫に影響力を行使しようとするでしょう。

そして幹部事業にも関与しようとするでしょう。
しかし昔から‘めんどりが泣けば国がほろびる’という声をたくさん聞いた北朝鮮住民たちはこういう李雪主をどのように見るのか気になります。

そして反李雪主,親李雪主派ができる可能性もあるから李雪主は北朝鮮の潜在的不安要素になる可能性があると見ます。

朴成雨:室長が李雪主に期待することでは何ですか?
コ・ヨンファン:最近発刊された米国の時事週刊誌‘タイム’にはエリック・ホ前香港特派員が書いた寄稿文がのせられました。

彼は寄稿文で李雪主がクリスチャン手提げ鞄を持っているのにこのカバン一つ値段が北朝鮮勤労者1年月給よりさらに高いといいながら,フランス革命の時パンがなければ菓子を食べれば良いことではないのかと話して革命軍と市民らによって,絞首刑に処されたフランス国王の夫人マリ アントゥワネトゥ身分になることができると評価しました。

私は李雪主が贅沢を日常行ったマリ アントゥワネトゥがなるのでなく食事心配に苦しめられる北朝鮮住民たちをさわる,そのような暖かくて素朴な生活をする女性になったら良いです。
朴成雨:そうです。

贅沢を日常行う指導者とその家族は末路が良くないという点,最近中東の色々な国家で見られましたよ。

李雪主もこの事実をよく知っていることと考えます。
今まで国家安保戦略研究所のコ・ヨンファン戦略情報室長と共にしました。

室長,今日も感謝申し上げてよ。
来週にまたお目にかかります。
コ・ヨンファン:ありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿