お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2012年11月12日月曜日

「日本から見る朝鮮半島」一つの視点、2つの国 慶応大学

 
                             東京新聞編集委員 五味洋治 
1. 南北に対する取材経験(どのように見て来たのか)
韓国は4年間、北朝鮮は2回訪朝。
韓国は政治報道から社会報道に変化 人のパワー 韓流 サムソンの躍進に焦点

北朝鮮 異質性に焦点 危険、思惑、分断工作、瀬戸際、理解不能 正恩報道に見る陥穽

2. 朝鮮半島との関係回復(どのような関係なのか)と歴史

歴史を忘れやすい日本 教育制度 新聞にも歴史に関する記事少ない

戦争経験者減り、相手国への理解が抽象化 議員外交の形骸化

李明博 朴槿恵 日本の影響は常に残る 
韓国 慰安婦問題 国際的には日本に厳しい目
竹島・独島問題→他国は関与せず 実効支配していることが有利に 「独立の誇り」
日本 毎年抗議 未解決を持って解決となす、の密約?

北朝鮮の視点 竹島・独島問題  最近「政治的ヒステリー」と李大統領を批判
          慰安婦 強制連行として問題視→戦後補償の拡大狙う 

3. これからの関係(どのように課題を解決していくのか)

■領土に関する問題への評価(五味作成)
タイプの違う3つの地域
clip_image001      日本の所有度  相手国の友好度  将来的な日本期待度  危険度
北方領土  0          7             9              0
竹島     0          5             2              3
尖閣諸島  10         0             0              10

米国の関与、日本の植民地支配 戦後のあいまい処理の3つが問題を複雑にした。

領土をめぐる5つの解法

 1)戦争する 2)正面から論議する 3)時間をかけて沈静化を図り、棚上げする 4)共通項を増やし領土問題の比重を減らす 5)国際司法裁判所提訴

4.問題の所在と論議 考え方が違う人たちと、共存する時代に向けて
日韓間で竹島・独島の「アルザス・ロレーヌ」化は可能か 陸続きの欧州と海を隔てた日本
日本の歴史教育 考えさせず暗記させる 点数至上主義、戦後を教えない
交渉力の低下 論争不慣れ 話題がない 議員外交の衰退 
国際情勢の変化 日本の国力減退 米国の内向き化 台頭する中国とどう付き合うか






















0 件のコメント:

コメントを投稿