お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2012年11月15日木曜日

北朝鮮改革に着手か YTN


米国と中国の指導部改編が進行される中で北朝鮮が内部的に改革開放歩みを持続することが明らかになりました。


外国人観光客に対する規制が緩和されたし農業改革も試験的に進行されるという報道が出てきました。
取材記者連結します。
王ソンテク記者!
北朝鮮の改革開放歩みに対して先に伝えて下さい。
[リポート]
米国自由アジア放送RFAが香港,亜洲時報を引用して,北朝鮮の外国人観光客規制緩和状況を伝えた内容です。

http://www.rfa.org/korean/in_focus/nktour-11132012150755.html

http://www.rfa.org/korean/in_focus/food_international_org/reform-11132012154038.html


亜洲時報は観光日程同行経験を土台に作成した最近報道で過去何週ずつかかった中国人観光客の北朝鮮ビザ発給が一日ぶりになされたと伝えました。
また北中国境で北朝鮮側出入国審査員が中国観光客の与党を几帳面に検査することもなかったと伝えました。

また観光客らは移動中である車両中で自由に写真を撮れたし車両一番後座席に座っていた国家安全保衛部要員も消えたと報道しました。
外国人に対する規制緩和は中国人観光客の北朝鮮訪問者が急増した原因の中の一つで指定されています。

中国は先月25日発表した'2011年統計公報'で昨年北朝鮮を訪問した中国人数は19万余人で,2010年,13万余人に比べて,47.9%増加したと明らかにしました。


RFAはまた北朝鮮が一部地域で農業改革を試験中だと国連食料農業機構FA0関係者の話を引用して,報道しました。


FAOの担当者は北朝鮮一部地域で農業改革を試験していて成果が良ければ改革推進を公式発表することと分かると話しました。


国連調査団の一員で去る9月24日から10月8日まで北朝鮮の9ケ ドを訪問して,今年作物状況と食糧状況を調べたことがあります。

北朝鮮訪問期間北朝鮮高位当局者に農業改革と関連して"そのような計画がない"という答弁を聞いたが復讐の農業関係者らは改革と関連した言及をしたと話しました。

[質問]
その間北朝鮮がキム・ジョンウン体制登場以後改革開放に出たという観測と関連して,論議があったのに今回の報道を通して,追加的に確認された部分があるんですか?

[答弁]
北朝鮮が改革開放に出たのかに対してその間そうだという観測とそうではないという観測がありました。
ところが改革開放に出たと判断をしても試験的で制約的な水準に止まるという指摘が多かったです。
反対に改革開放に出たと見ることができないという観測もやはり完全に部分的な次元の政策変化に対しては同意をしていました。
また2種類観測皆北朝鮮の新しい指導者のキム・ジョンウン労働党第1秘書が民生向上のために力量を集中するという点に対しては同意する状況でした。

今回の報道やはり北朝鮮が本格的な改革開放よりは部分的で制約的な次元の政策変化を推進しているという事実を後押しする報道と見られます。
大きい枠組みで見ればキム・ジョンウン第1秘書が民生経済向上のために積極的な意志を見せているという点は確認されると見られます。

ただし韓国や米国一部で話す、正しくなされた改革開放努力なのかに対してはまだないとの評価がさらに多いことと見られます。

0 件のコメント:

コメントを投稿