お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2013年5月13日月曜日

ニミッツ号とは?

韓国のサイトより
http://terms.naver.com/entry.nhn?cid=639&docId=929025&mobile&categoryId=639

[ Nimitz号]
米国海軍の世界最大核推進空母
米海軍の世界最大核推進空母で,米国海軍提督C.W.ニミッツの名前を取って,命名された。

9万 3,000トン級 長さ332m,76.8mでサッカー場が3つはいる広さの飛行甲板を備え,航空機80台以上を積載できる。乗船人員だけ6,000人に達する。

1度の燃料装填で6ケ月間運航ができる。


米第7艦隊所属のNimitz号はディーゼルエンジンを使う在来式母艦に代わり1975年最初の核推進空母として建造され,就役した。

航空機をいつどこででも離陸、着陸させられるのが最も大きい特徴で,この飛行大隊を土台に敵軍地域で交戦が可能だ。


2008年2月26日に公開された米核潜水艦オハイオ号と一緒に2008年3月2~7日開かれた韓・米合同訓練の'2008年キリジョルブおよび鷲練習'のために韓国,釜山港に入港した。

ニミッツ号の釜山入りは、北朝鮮が暴露した。

その背景についてはハンギョレが報道している。

去る5日午後3時15分、北韓国防委員会政策局スポークスマンは<朝鮮中央通信>記者との問答で、韓・米の重要軍事訓練情報を暴露した。 去る3~4月キーリゾルブとトクスリ(鷲)演習に続き、5月10日頃に韓・米が連合海上訓練を行うということだった。 特にこの訓練に米国のまた別の戦略兵器である核推進航空母艦ニミッツ号(写真)が参加するために釜山港に入ってくるという便りまで付け加えた。

 この報道が出てくるや国防部と合同参謀本部、韓米連合軍司令部スポークスマンの電話に火がついた。 しかし国防部は「米国空母の参加有無は分からない」、合同参謀も「米軍側に確認中」と言うだけだった。 この日夜遅く、韓米連合軍司令部は「艦艇の作戦運用と港湾訪問について事前に公開していない」として空母の参加有無の確認を公式に拒否した。

しかし、あきれたことに重要軍事情報である米国空母の韓国訪問日程は、去る4日からインターネット サイトに上がっていた事実が一歩遅れて明らかになった。

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/14653.html

0 件のコメント:

コメントを投稿