お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2013年5月18日土曜日

農業改革は進んでいない

この民主朝鮮の記事を読むと、噂になっている農業生産単位の細分化は行われていないように思える。
 
◎「分組管理制の生活力を高く発揚させることで得た重要な問題」「民主朝鮮」4月19日付
リョンチョン郡協同農場経営委員会委員長リ・ミョンチョル

こんにち、農業部門の前には穀類生産目標を必ず達成して意義深い今年の祝日を輝かし、人民の食問題、食糧問題解消に資すべき課題が提起されている。
現実発展の要求にふさわしく分組管理制をさらに発展させることは農業部門の前に提起された栄誉ある課題を責任をもって遂行するための重要な方法の一つである。
金日成主席はつぎのように述べている。
「分組は共同労働と集団生活の細胞であり、分組管理制は農場員が共同経理に対する愛着を持って生産課管理に主人らしく誠実に参加するようにするりっぱな生産組織形態であり、管理方法です。」
分組管理制を正しく実施してその生活力を引き続き高く発揚させることは、農業部門に残した偉大な大元帥の不滅の指導業績を永遠に固守し、限りなく輝かすための重要な政治的仕事である。
はやくも主席は農業生産にチュチェ思想の要求をもっと徹底的に具現し、社会主義社会の本性的要求に合うように農村経理制度を絶え間なく強固にし、発展させるため労力と土地、役牛と農機具などを分組に固着させ、分組を単位にして生産活動を行う朝鮮式の独創的な農業生産組織形態として分組管理制を創始した。
主席の畢生の偉業をあくまでも継承する崇高な使命感を持った偉大な将軍は新しい世紀の要求に合うように分組管理制をもっと徹底的に具現することで提起される方向と方法を明るく照らした。総書記は、わが郡にだけでも数回、訪れて分組を強化し、分組農作をちゃんと営むことでしっかり握りしめていかなければならない具体的な教えをくれた。
農業部門では分組管理制の生活力をさらに高く発揮して偉大な大元帥様の尊い遺産を永遠に継承し、輝かさなければならない。
分組管理制を正しく実施するのは現時期、国の農業生産を飛躍的に増やすための重要な方法のひとつである。
農業生産の科学化、集約化水準が日増しに高まっている今日、町歩あたり穀物収獲高を高めるための根本担保のひとつは、生産の直接的担当者である農業勤労者が国の米蔵を責任をもった主人としての責任と役割を果たすところにある。
分組は、わが国で農村集団生活の細胞であり、生産及び労働組織の末端単位である。このため分組管理制を正確に実施する時、農業勤労者が集団経理の管理運営に積極的に参加するようになり、共同経理の主人という自覚を持って、農業生産で集団主義精神を高く発揮するようになる。
農村では、分組管理制を正しく実施してその生活力がもっとはっきりと現れるようにすることによって農業生産で一大飛躍を成し遂げなければならない。
わが郡ではこれまで現実発展の要求に合うように分組管理制を正しく実施するところに力を入れて農業生産でかなりの成果をおさめた。
分組管理制を正しく実施することでわれわれが重要にとらえなければならない問題のひとつは分組規模を正しく定めることであった。
先に話した通り、分組は生産及び労働組織の末端単位である。したがって分組規模は労力と生産手段の利用で経済的効果性を最大限に保障しながらも営農工程別に応じた作業を成功裏に遂行できるように合理的に定めなければならない。
分組規模をあまり大きくすれば、労力の浪費を招くかも知れず、あるいはまた、分組規模をあまり小さくすれば営農作業遂行に支障を得るかもしれない。
わが郡の経験によると協同農場の具体的な実情にしたがって、程度の差はあるが、分組の規模はほぼ15~20名程度にするのが合理的だった。私たちは分組規模を合理的に定めるとともに農場員の年齢と性別、技術機能レベルと責任感の程度を見つくろって労力構成を適切におこなった。
現実発展の要求に合うように分組管理制を正しく実施することで、われわれが重視した問題のもうひとつは分組長の役割を高めることであった。
分組長の役割を高めるためにわが郡では分組長隊列をしっかり整え、彼らを固着させた。
わが郡では責任感が高く、農作実務に明るい30~40代の農場員を中心に分組長隊列を整え、女性分組長隊列も増やした。このとともに分組長たちを最大限、固着させる原則を堅持した。いまわが郡には仕事の経験年数が5~10年以上の分組長が過半数を占めている。
分組長の役割を高めるため、わが郡では彼らを技術実務的にしっかり準備させることにも当然な力を入れた。
郡では分組長を先進営農技術を習得させることに優先的な関心を払った。
今年、郡ではかなりの面積に先進的な育苗方法を受け入れることをはじめ、農業生産の科学化水準を高めるための仕事を大胆におこなっている。このため郡では分組長たちを科学技術的に習得させるための仕事をいろいろな形式と方法で行っている。
すでに去る1月、分組長たちのための技術講習を数日間にわたって行っただけでなく、該当教育機関との連係のもとで農作業準備期間に農業科学技術に関する移動講義を設けた。営農工程別で行なわれる実体験の講習にこれまでは協同農場管理活動家と技術活動家を参加させたとすれば、今回は分組長たちまで全員を参加させている。
郡では分組長たちの実務レベルを高める仕事にも当然な力を入れた。
分組長たちにスケジューリングから労力及び生産手段に対する管理方法、作業日計算方法など分組管理制の正確な運営において必要な実務的な問題を正確に知らせる仕事をいろいろな形式と方法で絶え間なく行った。これとともに農業生産で成果をおさめている分組を積極的に紹介宣伝し、そのような分組長の経験を多くの契機毎によく知らせてその過程がそのまま、分組長たちの実務レベルを高める契機になるようにした。
現実発展の要求に合うように分組管理制を正しく実施するため、わが郡では分組管理制に対する指導を正確にすることにも当然な力を入れた。
わが郡では、郡内のすべての分組が自分の足で進めるようにすることに中心を置いて分組管理制に対する指導を準備して取り掛かっている。
農業生産で成果を上げている分組が引き続き、先頭に立てるように積極的に推してやり、そこで創造された経験を郡内の全ての協同農場に導入一般化するための仕事を準備して取り掛かった。
これとともに立遅れた分組が先頭に立った分組をはやく追いつけるようにするための仕事も準備して取り掛かっている。これらの分組に委員会の能力のある幹部をつけてやり、彼らが初級幹部と一致協力して農業生産と分組管理において提起されるいろいろな技術実務的な問題を適時に解決できるようにしている。
また営農工程別におこなう実体験を立遅れた分組に意図的に組織、進行してそこの初級幹部と農場員が信念と勇気を持って、さらに奮発するようにしている。
委員会のこのような組織指導事業によって、農業生産で毎年、郡で立ち遅れていたサンド協同農場のある分組が昨年には町歩あたり穀物収獲高をその前年に比べて1.3倍以上高めて郡のなかでも穀類生産でもっとも先頭に立った隊列に入るようになった。
われわれは今後も新しい世紀の要求に合うように分組管理制をもっと発展させて絶世の偉人たちの不滅の業績を擁護、固守し、国の米蔵により多くの穀粒を満たすようにするであろう。(了)

0 件のコメント:

コメントを投稿