お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2013年6月22日土曜日

北、米価格上昇、安定傾向..6.28方針注目" 統一ニュース

北朝鮮の食料事情に関する記事。飢餓ではないが、構造的問題が解決されていないということだ。


北民協、'北朝鮮の栄養実態と2013年食糧供給現況'討論会開催
チョ・ジョンフン記者| whoony@tongilnews.com

北朝鮮内米市場価格が上昇、安定傾向を見せる点に対して、北朝鮮食料事情が悪いと見ることができないが生産性が低くて、相変らず食糧が不足だという分析が出てきた。

103038_32187_508

'対北朝鮮協力民間団体協議会'(北民協)が6月21日午後ソウル、乙支路国家人権委員会学びの場で開催した'北朝鮮の栄養実態と2013年食糧供給現況'討論会が開かれた。

この席で発表者で乗り出した金ヨンフン韓国農村経済研究院選任研究委員は"北朝鮮市場米価格が上昇している。

それでも米が不足だと判断することはできない"と発表した。

▲金ヨンフン韓国農村経済研究院選任研究委員によれば、去る4月米1kg当り価格は北朝鮮原画(韓国ウォン)で約8千5百ウォンで2010年2月400ウォン水準に比べて、20倍が上がった。

だが為替レート相場で問い詰めれば、去る4月米1kg当り価格は約0.7ドル(北朝鮮原画(韓国ウォン)約91ウォン)で、2010年2月約0.5ドル(約65ウォン)と大差ない。

また中国の米卸売価格と比較、2008年中国米価格上昇幅が北朝鮮の価格とも似ていて、米価格上昇を米不足で見られないということだ。

ところが北朝鮮の米価格が上昇.安定傾向を見せているといっても食料事情が良いと見られないと金首席研究委員は分析した。

金首席研究委員は"市場価格推移を見れば食糧価格が低い時(4、5月)と高い時(8、9月)差が約60%"として"これは飢餓線上でなければそのように出てこない。

根本的に北朝鮮社会で食糧が不足するということ"と話した。

彼は"北朝鮮食糧生産面積を計算すれば最小限650万トンを生産しなければならない"として"昨年490万トン需給は非常に向上したのだ。
前年に比べ10%以上増えた。
秋作物状況が良くなったためだ。
だが非常に不足する"と話した。

昨年11月世界食糧機構(FAO)と国連世界食糧計画(WFP)報告書によれば、昨年総490万トンを受給すると調査された。

そして北朝鮮当局は1人当り配給目標を年間213kg(一日580g)で把握しているけれど、実際配給は年間136~70kgで一日必要熱量の52~27%しかならないということだ。

こういう現象の原因で金選任研究委員は農業生産構造、農業生産要素供給不足、災害などを選んだ。

すなわち、北朝鮮の協同農場体制が非効率的で、1年に肥料が150万トンが必要だが現在最大70万トンが提供されていながら、山林荒廃など災害が頻繁なので食糧生産が向上することができないということだ。

そして彼は"北朝鮮が長い間の期間の間改革不振、資本不足から抜け出せずにいる。
これは経済危機と食糧難が持続する結果を産んでいる"と話した。

また持続的な通貨増加で6.28方針が成果を上げることあるのかどうかにも否定的な見解を出した。

6.28方針の主要内容は△協同農場と工場の生産に必要な初期費用を国家がまず保障して、△費用の保障は市場価格で計算しながら、△国家と農場(工場)が70:30で分配するものの、△協同農場の作業班規模を縮小するということだ。

これに対して金ヨンフン選任研究委員は"初期費用を国家が当てるということは典型的な社会主義だ。改革でない"として"国家が調達しなければならないのに今までできなかったのでもうするという約束に過ぎない"と話した。

そして"年間300~400%の高いインフレで市場価格支払いは意味がない"、"70:30分配は国家の資本持分(役割)が70%というものなのにこれは搾取だ。
不公正取り引きだ"と批判した。

だが6.28方針中協同農場の作業班規模縮小は意味があると彼は分析した。

彼は"今まで作業班は20人程度だったがほとんど2~3人規模で縮小するということ"としながら"これが現実化されれば経営管理と意志決定が速くなって農家経営の動機誘発を促進させること"と話した。

ところが今まで北朝鮮が2000年7.1措置、2009年貨幣改革などをしてきたが通貨増加現象で成功を収めることができなくて6.28方針も良い結果を出せないという指摘だ。

それと共に彼は"結局国際社会が資本を支援したり人道的支援などをしなければならない"として"そのためには北朝鮮の対外関係が解決されなければならない。

政治的、人道的、経済的に糸口が見つける状況がなければ、北朝鮮は食糧、経済などで困難を経験すること"と見通した。

この日討論会には李壽卿仁荷大教授が'2012年北朝鮮幼児栄養状態国連報告書'を分析発表したし、朴チャンイル北民協副会長の社会で新栄転漢陽大教授、金ユホ、ユ小児科医院院長、イ・ジュソン ワールドビジョン北朝鮮事業チーム チーム長などが討論者に加わり、30人余りが参加した。

http://www.tongilnews.com/news/articleView.html?idxno=103038

0 件のコメント:

コメントを投稿