お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2013年6月22日土曜日

北朝鮮の箱物行政とタブレットの関係 TBSひるおび

先日、TBSの人気番組、ひるおびに出演する機会があった。

情報系番組は、これまでいくつか出たが、若いスタッフたちが徹夜で企画を練り上げ、フィリップを作成して、本番に臨む。

その集中力はすごいの一言だ。

特にこの番組は北朝鮮を取り上げることが多い。

私が出た回は、北朝鮮が強硬路線を転換して、経済重視となり、市民の娯楽施設を数多く建設している。それはどうしてか。また最近ではタブレットもつくっているーどうしてだろう、という内容。

この内容だけで、本の一章になりそうなくらいよく調べてあった。

私は、北朝鮮の経済改革には懐疑的だ。そもそも社会主義、国家統制の枠の中でしか実行できない。昨年6月28日に経済改革をやると知らせたと言われているが、もう1年が経過している。

自国の体制があやうくなるような根本的な改革は無理だ。世襲の指導者が、父親の路線を突然、変更するのは簡単ではない。

それではなぜタブレットや、何百曲も歌えるカラオケのマイクが登場するのか。理由は3つ。

1つ目は、それは、北朝鮮はかつてのような情報鎖国ではない。韓国ドラマのDVDを見る人もいれば、携帯も200万台普及して、周辺国の事情をある程度把握している。そんな環境の中で、瀬戸際路線だけでは国がもたないことを、指導者層はよく知っているのだろう。

2つ目 タブレットは教育用だ。いい紙がない北朝鮮において、タブレットを教育用に開発すれば紙を生産せずにすみ、大量の情報を詰めこめる。ITの発達にも役立つ。住民の生活の質向上に役立つ。

3つ目 これは核、ミサイル開発と同じ理由だ。つまり、わが国は世界の最先端の技術力があることを国民に見せ、国に対する誇りを持たせる。

スキー場や水泳場を整備しているのも、上記の3つの理由があてはまる。

0 件のコメント:

コメントを投稿