お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2013年7月29日月曜日

北,馬息嶺スキー場建設費上納強要

最近では軍事パレードより、このスキー場の行く末が気になる。世界にいる出稼ぎ者に上納金を求めているという話である。


http://www.rfa.org/korean/weekly_program/eu_defector/skislope-07262013135250.html


ロンドン-キム・ドングクxallsl@rfa.org

北朝鮮が建設中の元山・馬息嶺スキー場建設現場.
写真-聯合ニュース提供

北朝鮮が江原道元山地域にある馬息嶺に大規模スキー場を作るのに総力を傾けています。


普段にスキーが好きな現統治者・金正恩の直接指示によって,進行になる今回の工事は多くの北朝鮮住民たちの犠牲が増え,怨念の声が天を突き刺すと北朝鮮のある高位幹部が英国に住んでいる友人に伝えられました。

北朝鮮中央党建設総局所属のこの幹部によれば北朝鮮は最近すべての海外代表部に馬息嶺スキー場建設名目で金を出せと指示したし,これに伴い海外公館ウォンと駐在員らはもちろん海外北朝鮮労働者や食堂従業員,研修生らにまで出さなければならないお金が割り当てられていると話しました..

さらに海外北朝鮮公館員らは上納金規模と関連近隣公館の顔色を見ている実情でヨーロッパに駐在している北朝鮮大使館らの場合は近隣公館らと競争心を誘発させながら,公館ウォンと駐在員らに個別支援金額をでたらめに高く策定して,海外駐在員らの怨まれていると具体的な事例まで聞きました。

彼は続けて,現在ヨーロッパ所在北朝鮮公館ウォンらは1人当り2百ユーロ,約265米ドル海外食堂従業員らには100ユーロ,建設勤労者らが大量で派遣された中東地域の北朝鮮勤労者らには月給の10%をスキー場建設金名目で強制的に取り込んでいると強調しました。

北朝鮮幹部:

ここでは皆大騒ぎです。

スキー場建設をすると大騒ぎをしておいて人々がざわめきます。
軍隊らも虚弱(栄養失調)かかって死んでいるんです。

それも足りなくて外国に出た人々からドお金を集めるそうです。


私どものおいも話するんですが,月給明細票が出てくれば何パーセントずつ,10パーセントずつ差し引くと使われて、不満が多いです。


そのようなお金があれば人民を食べさせて生かすべきですよ…

特別に彼は一般住民たちの怨念の声が天を突き刺すとし,北朝鮮当局の無差別的な上納金強要に海外北朝鮮労働者らはやむをえず割当金を上納しながらも,馬息嶺スキー場建設が北朝鮮の少数特権層のために人民らの血と汗を絞り取る金正恩式見せる政策の断面とし不満を露骨に表出している実情だと北朝鮮の雰囲気を伝えました。

また北朝鮮の一般住民たちは‘上で与えればいいが,与えなければ自らの力で解決しなさい’(自力更生という意味かー訳者注)という式の行政官僚主義は金日成,金正日に続き、金正恩までずっと続いているとし,こういう慣行が継続的に蔓延されたら北朝鮮住民たちの不満は日に大きくなって行くことだと話しました。


それと共に一部留学派出身者の中でも密かに金正恩のスイス生活が、口から口を経て回りながら,スイスで民主主義は習わないでスキーだけ学びできたんじゃないか式の皮肉が用心深く回っているそうです。


さらに一般住民たちが‘地方人民らは飢えを解決するために今日も‘生活戦線’に出ているのに,平壌の中央党幹部らは遊園地を大々的に設けるかと思えば,また国際社会の援助を自分らの贅沢生活に丸ごと浪費している’という式の不満を露骨に表わしている実情だと主張しました。


建設総局のこの幹部と(通話をやり取りした英国の北脱出者遊民は電話通話の最後の部分で元山市のある住民に聞いた意見し,そちら住民たちは馬息嶺スキー場工事を置いて‘直ちに戦争が起きそうな国に外国人らが何の観光をくるか’として皆皮肉っぽく見ていると伝えました。


一方北朝鮮馬息嶺スキー場は最近起きた集中豪雨による山崩れで多くの人命被害を出したと知らされました。


ロンドンでRFA自由アジア放送キム・ドングクです。

0 件のコメント:

コメントを投稿