お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2013年7月12日金曜日

外交の力 田中均を読む

いろいろと批判を受けている田中氏の著作を読み直している。

今回は日経から出ている「外交の力」

外交官としてのキャリアを説明したものだ。

北朝鮮との交渉についての部分がやはり興味深い。彼が北朝鮮外交で立てた原則は大きな絵を書く、交渉を一本化する、行動によってのみ相手を信頼する、一人で交渉せず、必ず交渉記録を残す、秘密合意を作らない、(交渉途中での)秘密はまもる、政府部ないの協議体制は徹底する。

 

北朝鮮側に自分を信頼させるため、自分が首相と頻繁にあっていることを伝え、総理の動静の新聞記事で確認してほしいと北朝鮮に伝えていた。交渉中88回、小泉首相とあったという。

それも週末と週明けに会っている。つまり休日をつかって交渉していたのだが、多くの記者は何が話し合われているか気がつかなかった。

0 件のコメント:

コメントを投稿