お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2013年7月5日金曜日

<金正恩随行新しい顔マ・ウォンチュンは'北朝鮮最高建築家'> 連合ニュース


日本語に訳されていないようだったので、訳出してみた。謎の人物。赤く囲まれている。

 

PYH2013070410240001400_P2

(ソウル=聯合ニュース)北朝鮮労働党財政経理部副部長兼設計室室長だと知らされたマ・ウォンチュン.
その間彼は北朝鮮媒体を通して'党中央委副部長'で紹介されただけ正確な職責が公開されなかった。
写真は去る6月1日金正恩国防委員会第1委員長が咸鏡南道海水浴場を訪問した時遂行した姿.
2013.7.5
'白頭山建築研究員'出身党財政経理部副部長兼設計室長
(ソウル=聯合ニュース)キム・ジョンウン記者=北朝鮮金正恩体制スタート以後新しく浮上した要人中1人のマ・ウォンチュンという人物は労働党財政経理部副部長兼設計室室長だと知らされた。

マ・ウォンチュンは昨年5月9日金正恩国防委員会第1委員長が平壌万景台遊園地視察する時、修行者名簿に初めて名前を上げた後今月2日まで金第1委員長の公開活動を20余回遂行した。

その間彼は北朝鮮媒体を通して'党中央委副部長'で紹介されただけ正確な職責が公開されなかった。

復讐の対北朝鮮消息筋は5日聯合ニュースにマ・ウォンチュンが北朝鮮の代表的建築設計機関で最高の建築設計社集団の'白頭山建築研究員'出身で、現在党財政経理部の副部長兼設計室室長を引き受けていると話した。

財政経理部は労働党の財政と暮らしを責任を負う部署だ。

その傘下にある設計室は金正日国防委員長とその一家専用施設の設計を専門担当する組織で、白頭山建築研究員出身建築設計社中でも最高実力者らが集まっている所だ。
マ・ウォンチュンは白頭山建築研究員時期から金国防委員長の官邸と特閣(別荘)等金正日一家の施設設計を専門担当したし、北朝鮮当局が心血を注いだ主要施設の設計図指揮したと伝えられた。

彼は金国防委員長の格別の信任を受けて、2000年頃党財政経理部設計室副室長に抜擢された。

2001年初めには'中国の建設を習ってきなさい'という金国防委員長の特命を受けて建設代表団を率いて上海を秘密裏に探して、現地の建築現況を調べてきたりもしたと知らされた。

しかしその間は北朝鮮媒体を通して、活動状況があらわれたことが全くないが金正恩が国防委第1委員長と推戴された後達人2012年5月から金第1委員長の公開活動修行者名簿に相次いで名前を上げている。

随行分野は住民便宜施設のリュギョン院、人民野外スケートリンク、祖国解放戦争勝利記念館など主要施設建設現場が大部分だ。


これに対して金第1委員長が後継者で内定した以後主要建築物建設を彼の業績で打ち出しながら、偶像化を試みる北朝鮮が財政経理部設計室が建築物の設計と建築を管掌するようにしたことではないかとの観測が出てきている。

0 件のコメント:

コメントを投稿