お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2013年8月16日金曜日

北,先進金融監督体系言及…'金融システム'変わるだろうか


聯合ニュース|記事入力2013-08-15 11:10

昨日は終戦記念日、東京の中心部は街宣車がたくさん繰り出して騒々しかった。彼らが日本人の代表ではないが、海外のメディアは同一視するかもしれない。

さて、北朝鮮の金融システムに関する報道。ネット銀行ができるとは思わないが、最先端を研究しているのはよくわかる。

金日成大学報,先進金融監督管理必要性強調論文掲載
(ソウル=聯合ニュース)イ・ヨンジェ記者=北朝鮮が電子金融の発展傾向に合わせて,先進金融監督体系を導入する方案に関心を現わして注目される。

15日聯合ニュースが入手した金日成総合大学報2013年第2号にのせられた'電子金融奉仕(サービス)とその発展方向に対する理解'という題名の論文は"網銀行は未来の銀行業発展の重要方向"としながら"その発展が規範化されることができないことにして,必ず監督管理と調整を進行しなければならない"と明らかにした。

北朝鮮で'網銀行'は電算システムでネットワークを構築した'電子銀行'を示す。
論文は"(監督管理と調整を進行してこそ)電子金融奉仕過程に現れる危険を計画的に避けられ,網銀行の円滑な発展を保障することができる"と強調した。
論文は金融監督体系が持つ危険管理機能に注目した。

論文は"網銀行の危険に対し監督と管理を進行しようとするなら網銀行の危険に対する識別を進行しなければならない"として"危険識別という網銀行の複雑な巨視的で微視的な危険環境と内部経営環境で網銀行が思いのほか受ける危険要素を識別すること"と説明した。

金融監督体系が管理しなければならない危険には金融情報流出事故も含まれる。
論文は電子金融が発展しながら,銀行電算業務に対する外部技術業者の参加度活発になるとし"商業銀行の業務秘密が暴露される危険があって,それが増加できる"と指摘した。

引き続き論文は'網銀行の運営に必要な専門的な技術部署'が必要だとし,金融監督専門担当機構を設置しなければと強調した。

金日成総合大学報は単純に学問的議論に終わらないで北朝鮮当局の意向を反映することで評価される。

したがってこの論文は北朝鮮が資本主義国家と類似の金融監督体系導入方案を検討していることを示唆したと解釈される。

論文はまた'国際的な標準'が金融システムの危険管理に尽くすと強調したし,電子金融取り引きの例で有価証券取り引きにも言及している。

北朝鮮の学術誌が金融発展の世界的傾向に従わなければならない必要性と電子証券取り引きまで触れたのだ。

チョ・ポンヒョンIBK企業銀行経済研究所研究委員は"金日成総合大学報が'6・28経済管理改善方針'にともなう金融改革の方向を提示したと見られる"として"北朝鮮が先進資本主義国家と類似の金融システム導入を推進するようだ"と話した。

0 件のコメント:

コメントを投稿