お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2013年9月29日日曜日

中国自動車,北朝鮮市場攻略'加速'


聯合ニュース|記事入力2013-09-28 16:36 |最終修正2013-09-28 16:52

平壌には中国産タクシー早く増えて
(ソウル=聯合ニュース)イ・ヨンジェ記者=中国自動車産業が北朝鮮市場進出に速度を速めている。chinese-taxis-north-korea
中国自動車関連企業らが相次いで北朝鮮側と販売契約を締結して平壌には中国産タクシーが増えている。
中国,遼寧にある自動車販売業者と見られる会社のある幹部は28日,朝鮮労働新聞にのせられた寄稿文で最近開幕した第9次平壌秋季国際商品展覧会に参加した所感を伝えながら"展覧会期間私たちは朝鮮の該当部門専門家たちと自動車販売と関連した契約も締結した"と明らかにした。

彼は'自分の会社が中国産貨物車を国内外市場に販売する業者と紹介した。
今回の展覧会には中国自動車ピヤディ(BYD)を販売するピヤディ自動車販売会社も参加した。
この会社の北朝鮮市場担当者は去る26日労働新聞寄稿文で展覧会参加目的を"ピヤディ乗用車らの販売と奉仕事業が上手なための"と明らかにした。

また今回の展覧会期間"平壌の通りを走る私たちの工事で生産したピヤディ乗用車等を見て多いことを考えるようになった"と付け加えた。

在日本朝鮮人総連合会(朝総連)機関紙朝鮮新報によれば今回の展覧会には北朝鮮でピヤディ販売事業をする'丹東ユ・リョンス出入有限公社'も参加した。

この会社関係者は"ピヤディ自動車を北朝鮮に売るようになって4~5年になるのに販売数量が以前より多く増えた"として"最近平壌市民の車需要が高まっていると考える"と話した。

朝鮮新報は今回の展覧会に12ケ国の226ケ貿易会社が参加したし,この中外国企業は118ケで,中国企業が大部分だと伝えた。

平壌通りでは最近中国産タクシーがはっきり増えたという便りが相次いで出ている。

米国の北朝鮮専門媒体のNKニュースは27日平壌を訪問した消息筋を引用して,平壌の'北京タクシー'が最近80台から300台に増えたと報道した。
北京タクシーはピヤディ'F3'モデルのタクシーを示す。

先立って米国自由アジア放送(RFA)は北朝鮮が最近タクシーで使おうとピヤディF3 60台を輸入したと報道した。

チョ・ポンヒョンIBK企業銀行経済研究所研究委員は"最近丹東と同じ北朝鮮接境地域に中国自動車関連会社が次から次へ入っている"として"北朝鮮で市場経済が拡散しながら,自動車需要が増えて,中国企業らが足早に動くように進出すると見られる"と話した。

ljglory@yna.co.kr

関連記事

http://www.nknews.org/2013/09/north-korea-expands-beijing-taxi-fleet-to-300-cars/

これまで80台だった北京タクシーが300台になった。ただし、その運賃は高い

0 件のコメント:

コメントを投稿