お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2013年9月3日火曜日

北,“平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックに馬息嶺スキー場提供する用意ある”

馬息嶺スキー場の続報 このスキー場の狙いはここにあったのか。

イ・ケファン記者| khlee@tongilnews.com

承認2013.09.02 10:21:04

北朝鮮が1日2018年平昌冬季オリンピックで韓国や国際組織から要請がある場合馬息嶺スキー場を大会場で提供する“用意がある”と明らかにしたと<共同通信>がこの日咸興発で報道した。
教導によれば,北朝鮮体育省のウォンギル副大臣はこの日江原道に位置した馬息嶺スキー場の建設現場を共同通信など一部日本言論に公開した席でこのように話した。


合わせて,ウォン副大臣は“南北共同で(オリンピックを)主催するようになったら意義が深い”としながら“軍人など約1万人が動員されて,速い速度で工事が進行している”と付け加えた。


教導はこれに対して“最近南北の対話の雰囲気高調を考慮した発言と見られる”と評した。
一方,馬息嶺スキー場は北朝鮮最初の本格的なスキーリゾートとして,金正恩国防委員会第1委員長が全体軍隊と人民に‘馬食令(領)速度創造’を訴えながら,二回も視察して,今年中に運営することができるようにしろと促したことがある。

0 件のコメント:

コメントを投稿