お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2013年10月16日水曜日

中国バブルの現状  未来世紀ジパング【潜入!中国のゴーストタウン~史上最大のバブルの行方】のメモ

中国で増えている鬼城
ゴーストタウンの意味だ

中国には十二大鬼城がある。ゴーストタウンはこれだけではない。
内モンゴル オルドスは中でも最大級のゴーストタウンだ。
かつて日本とアメリカでバブルが弾けた。


日本はGDP474兆円 バブル不良債権は100兆円だった。
米国のGDPは1407兆円 リーマンショックで不良債権330兆円にのぼった。
中国はGDP882兆円 政府の公式発表では不良債権は9.2兆円とされる(2013年)が、米国の調査機関によればもっと多い

キャプチャ12キャプチャ13

 

ゴールドマンサックス316兆円  モルガンスタンレーは357兆円になると推測している。
シャドーバンキングが不動産開発を支えている。地方政府が、別組織をつくって資金を集める。
財源は理財商品と呼ばれる金融製品だ。
銀行で、保険会社の職員が売っている
理財商品の会社が相次いで倒産している。

年利18%の商品もあった。

投資期間は30日から半年まである。
中国では金利に上限があるので、なるべく高い利子の商品を求める。
シャドーバンキングには221兆円の資金が集められているという。

0 件のコメント:

コメントを投稿