お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2013年10月9日水曜日

金正恩時代要人改編、経済.専門性重視


統一部、北党.政.軍2年の間218人中97人交替
チョ・ジョンフン記者| whoony@tongilnews.com
承認2013.10.08 16:50:59

http://www.tongilnews.com/news/articleView.html?idxno=104419

逮捕された日本人の素性とはという記事は、関係者の申し出で削除しました。


北朝鮮金正恩国防委員会第1委員長執権以後、北朝鮮の党と内閣人事改編が経済と専門性を重視する傾向で分析された。
統一部が8日発表した資料によれば、党.政.軍主要人事218人中半分に近い44%である97人が更迭された。

特に、党と内閣は経済分野と各分野別専門家を主要職責で抜てきする傾向が目立ったという評価だ。

これは昨年4月4次党代表者会で崔龍海総政治局長、金ギョンヒ党秘書、張成沢国防委副委員長が重用されたのに反して、去る4月7次最高人民会議で代表的経済通のパク・ポンジュ内閣総理が登場したのが代表的だ。

党の場合、部長級以上96人中38人で40%が更迭されたし、党政治局を拡大して経済と技術官僚を重要視したことが把握された。

これは昨年4月4次党代表者会で政治局委員と候補委員が27人から36人に補充された点とクァク・ポムギ党秘書とロドゥチョル内閣副総理の候補委員進出、パク・ポンジュ内閣総理の政治局委員進出などが目立つ。

またクァク・ポムギ党計画財政部長、ペク・ケリョン軽工業部長、あるクアンなどが党部長に新規任命された点は、金正恩時代が経済と分野別専門性を重視する代表的事例に選ばれる。
反面、党政治局私の軍部人物比重は23%から35%に増加したが常務委員には進出できなかった。

統一部当局者は"金正恩時代に入って、党中心の国家運営強化が特徴"としながら"金正日時代には上手でなかった党関連会議体制を通した意志決定をしばしばするなど確かに変わった姿と解釈される"と話した。

本当に分野の場合は賞級以上の118人中55人の47%が更迭されたのに、これもまた経済分野と専門性中心の人事改編で分析された。

国防委員会の場合、昨年4月5次最高人民会議を通して、崔龍海総政治局長、金ウォンホン国家安全保衛部長、崔プイル人民保安部長などが国防委員会委員に含む、委員が5人から7人に補強された。

内閣の場合、パク・ポンジュ総理が任命されたのと同時に、2012年以降更迭された上級27人中85%である23人が経済関連人物に更迭された.また内閣内部昇進比率は74%で該当分野の専門性を重視していることが把握された。

これと共に、国家体育指導委員会、国家宇宙開発局、原子力工業省、経発委員会などの組織が新しく新設になった点が目立つ。
これに反し、軍要人は総政治局長、総参謀長、人民武力部長、作戦局長など核心要職者全員が頻繁に更迭される傾向を見せた。

統一部分析によれば、総参謀長の場合、李英鎬で現英哲(2012年7月)、金格植(2013年5月)、リ・ヨンギル(2013年8月)に更迭されたし、人民武力部長は金英春で金ジョンガク(2012年4月)、金格植(2012年12月)、張ジョンナム(2013年5月)、作戦局長はキム・ミョングクで崔プイル(2012年4月)、リ・ヨンギル(2013年3月)、変人では(2013年8月)で各々更迭された。

これに反し崔龍海総政治局長は昨年4月任命された以後、党政治局常務委員、党中央軍事委員会副委員長、国防委員会委員など核心要職を兼任している。

また昨年8月以後軍核心人物の階級が降格されたり復元される傾向を見せた。

代表的な例で崔龍海総政治局長は大将に降格(2012年12月)なった後、副元帥で復権(2月)した。崔プイル大将は上場で復権した。

金ヨンチョル隊長も中将で、金明植中将も最近復権した。
だが現英哲は昨年10月大将で降格された後、去る6月上将でまた降格された。

これに対してチョン・チャンヒョン国民大兼任教授は"概して軍地位を下降化する傾向と見られる"として"金正日委員長時期多少膨らんだ階級が全般的に党の軍隊に対する指導を強化するために階級をおろしたり循環をはやくする次元で補填人事らをしばしば交替するようだ"と分析した。

チョン教授は"全般的に金正恩時代軍部を導いていく過程"としながら"金正日時代軍人々が順次退陣しながら、金正恩時代を率いる新しい軍部人々が順次的に上がってくる過程だ。

不安定性というよりは安定を取り戻す過程"と評価した。

金正恩第1委員長の現地指導随行人物も初期金正日時代随行グループが退いて専門性をそろえた新進人物で構成された金正恩時代随行グループが浮び上がっていることで統一部は分析した。

2012年張成沢国防委員会副委員長(106回)、崔龍海総政治局長(85回)、金己南秘書(60回)等が主流をなした反面、2013年には崔龍海総政治局長(112回)、張成沢副委員長(49回)順で現れた。
特に、今年に入って、非常に薄く作った陶磁器の胴体性党中央委副部長(46回)、朴チョンチョン人民軍将星(36回)、ファン・ビョンソ党組織指導部副部長(36回)、マ・ウォンチュン党中央委副部長(30回)等が現地指導を遂行して、50~60台党副部長級で構成されたグループが浮び上がることで把握された。

金正恩時代要人改編、経済.専門性重視
統一部、北党.政.軍2年の間218人中97人交替
チョ・ジョンフン記者| whoony@tongilnews.com
承認2013.10.08 16:50:59


北朝鮮金正恩国防委員会第1委員長執権以後、北朝鮮の党と内閣人事改編が経済と専門性を重視する傾向で分析された。
統一部が8日発表した資料によれば、党.政.軍主要人事218人中半分に近い44%である97人が更迭された。

特に、党と内閣は経済分野と各分野別専門家を主要職責で抜てきする傾向が目立ったという評価だ。

これは昨年4月4次党代表者会で崔龍海総政治局長、金ギョンヒ党秘書、張成沢国防委副委員長が重用されたのに反して、去る4月7次最高人民会議で代表的経済通のパク・ポンジュ内閣総理が登場したのが代表的だ。

党の場合、部長級以上96人中38人で40%が更迭されたし、党政治局を拡大して経済と技術官僚を重要視したことが把握された。

これは昨年4月4次党代表者会で政治局委員と候補委員が27人から36人に補充された点とクァク・ポムギ党秘書とロドゥチョル内閣副総理の候補委員進出、パク・ポンジュ内閣総理の政治局委員進出などが目立つ。

またクァク・ポムギ党計画財政部長、ペク・ケリョン軽工業部長、あるクアンなどが党部長に新規任命された点は、金正恩時代が経済と分野別専門性を重視する代表的事例に選ばれる。
反面、党政治局私の軍部人物比重は23%から35%に増加したが常務委員には進出できなかった。

統一部当局者は"金正恩時代に入って、党中心の国家運営強化が特徴"としながら"金正日時代には上手でなかった党関連会議体制を通した意志決定をしばしばするなど確かに変わった姿と解釈される"と話した。

本当に分野の場合は賞級以上の118人中55人の47%が更迭されたのに、これもまた経済分野と専門性中心の人事改編で分析された。

国防委員会の場合、昨年4月5次最高人民会議を通して、崔龍海総政治局長、金ウォンホン国家安全保衛部長、崔プイル人民保安部長などが国防委員会委員に含む、委員が5人から7人に補強された。

内閣の場合、パク・ポンジュ総理が任命されたのと同時に、2012年以降更迭された上級27人中85%である23人が経済関連人物に更迭された.また内閣内部昇進比率は74%で該当分野の専門性を重視していることが把握された。

これと共に、国家体育指導委員会、国家宇宙開発局、原子力工業省、経発委員会などの組織が新しく新設になった点が目立つ。
これに反し、軍要人は総政治局長、総参謀長、人民武力部長、作戦局長など核心要職者全員が頻繁に更迭される傾向を見せた。

統一部分析によれば、総参謀長の場合、李英鎬で現英哲(2012年7月)、金格植(2013年5月)、リ・ヨンギル(2013年8月)に更迭されたし、人民武力部長は金英春で金ジョンガク(2012年4月)、金格植(2012年12月)、張ジョンナム(2013年5月)、作戦局長はキム・ミョングクで崔プイル(2012年4月)、リ・ヨンギル(2013年3月)、変人では(2013年8月)で各々更迭された。

これに反し崔龍海総政治局長は昨年4月任命された以後、党政治局常務委員、党中央軍事委員会副委員長、国防委員会委員など核心要職を兼任している。

また昨年8月以後軍核心人物の階級が降格されたり復元される傾向を見せた。

代表的な例で崔龍海総政治局長は大将に降格(2012年12月)なった後、副元帥で復権(2月)した。崔プイル大将は上場で復権した。

金ヨンチョル隊長も中将で、金明植中将も最近復権した。
だが現英哲は昨年10月大将で降格された後、去る6月上将でまた降格された。

これに対してチョン・チャンヒョン国民大兼任教授は"概して軍地位を下降化する傾向と見られる"として"金正日委員長時期多少膨らんだ階級が全般的に党の軍隊に対する指導を強化するために階級をおろしたり循環をはやくする次元で補填人事らをしばしば交替するようだ"と分析した。

チョン教授は"全般的に金正恩時代軍部を導いていく過程"としながら"金正日時代軍人々が順次退陣しながら、金正恩時代を率いる新しい軍部人々が順次的に上がってくる過程だ。

不安定性というよりは安定を取り戻す過程"と評価した。

金正恩第1委員長の現地指導随行人物も初期金正日時代随行グループが退いて専門性をそろえた新進人物で構成された金正恩時代随行グループが浮び上がっていることで統一部は分析した。

2012年張成沢国防委員会副委員長(106回)、崔龍海総政治局長(85回)、金己南秘書(60回)等が主流をなした反面、2013年には崔龍海総政治局長(112回)、張成沢副委員長(49回)順で現れた。
特に、今年に入って、非常に薄く作った陶磁器の胴体性党中央委副部長(46回)、朴チョンチョン人民軍将星(36回)、ファン・ビョンソ党組織指導部副部長(36回)、マ・ウォンチュン党中央委副部長(30回)等が現地指導を遂行して、50~60台党副部長級で構成されたグループが浮び上がることで把握された。

0 件のコメント:

コメントを投稿