お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2013年12月10日火曜日

拘束写真を公開した狙いは何か ニュース1

ネットニュースの分析、ここには北朝鮮専門記者がおり、詳しい分析が掲載されることがおおい。

要約すると

1 張成沢は拘束だけでなく、処刑のような異変が起きている可能性あり

2 細かな罪状を上げたのは、他の高級幹部への見せしめが狙い

3 金正恩独裁を印象付ける狙い

ということだ。ただし、妻の姿がないのが気になる。

北朝鮮が張成沢国防委員会副委員長に対する粛清を決めた後,9日関連報道を大々的に進行して,その意図が注目される。
北朝鮮は前日の8日金正恩国防委員会第1委員長が参加した中で進行された労働党中央委員会政治局拡大会議で張成沢に対して‘すべての職位解任’,‘すべての称号剥奪’,‘党除名および除名’という異例的な措置で張成沢を完全に‘武装解除’させた。


特にこの日朝鮮中央TVは張成沢が前日会議が終わった直後人民軍服を着た2人の保安要員らによって,逮捕されて引っ張られて行く姿とし写真まで公開した。
公開された写真には張成沢が労働党政治局拡大会の途中一番前の席に座っていて北朝鮮人民保安部要員らと推定される軍服姿の2人の要員に引っ張られて行く姿が含んでいる。


北朝鮮高位要人が粛清された後,逮捕される姿が公開されたことは北朝鮮が金日成時代の1970年代以後ではしなかったきわめて異例なことだ。


ただし該当写真が北朝鮮の発表のとおり8日進行された政治局拡大会議で撮影されたのかどうかは100%言えない状況だ。


公開された写真の中張成沢は他の出席幹部らと共に黒い色人民服姿をしていて,写真上では張成沢が自分らの側近らが処刑(11月下旬推定)なった後にも当局の調査を受けるものの拘禁生活をしないものと推定される。


しかし北朝鮮がこの日意図的に外部に写真を公開したという点で,北朝鮮が張成沢を拘禁状態で調べて会議にだけ出席させた可能性を排除できないものと見られる。

一部対北朝鮮消息筋らは張成沢がすでに粛清対象になった側近らと共に12月初め処刑されたという観測や伝言まで出している。
当初張成沢は失脚が既定事実化された以後にも夫人の金敬姫(金正恩の叔母)との関係など金氏一家での球を理由で身辺には異常がないという観測が優勢な方だった。

しかしこの日逮捕写真公開と提起された‘処刑’主張により張成沢の身辺に異常が生じた可能性が高いという気流が形成されている。

政府と情報当局は張成沢の逮捕写真が公開された直後までひとまず張成沢の身辺異常有無に対して具体的な確認を出来ずにいると分かった。

張成沢の処刑有無と別個でこの日北朝鮮の大々的な‘張成沢粛清’報道は北朝鮮が張成沢の粛清を北朝鮮内部と国際社会に向かって,明確に明言するのを目的でしたと見られる。

特に内部的にも強力な警告のメッセージを伝達する効果があることと専門家たちは見ている。

特に来る17日金正日国防委員長の2周期を控えてこのような大々的な報道を通して,金第1委員長の1人支配体制を強固にするのにその重心が傾いたと見られる。

金正日時代終盤の公式序列2位に浮上しながら,金正恩政権の‘後見の’役割をした張成沢全部取り除くことで金第1委員長が誰の助けも必要なしで自らしていくことができるという意志を表明しようとする意図を対内外的で明言しようとする意図という分析だ。


すなわちもう北朝鮮が‘金正恩の国’になったことを誇示するのだ。

北朝鮮が前日進行された会議結果を直ちに報道しないで待ってこの日放送,通信,新聞を通して,張成沢粛清と関連した全方向的な報道を進行したのもそのような意図が反映されたことで専門家たちは見ている。

合わせて張成沢が色々な幹部らの前で逮捕されていく,屈辱的であり,一面恐ろしさすら感じた写真を公開しながら,北朝鮮の各級幹部らに強力な警告のメッセージを送る効果も意図したと見られる。

朝鮮中央通信と労働新聞やはりこの日張成沢が‘色々な女性らと不当な関係を持ちながら,酒遊びを繰り広げることはもちろん麻薬まで使った’,‘病気治療を理由で海外に出て行って,賭博場を尋ね歩いた’というものの罪目をいちいち公開しながら“党では張成沢一党の反党反革命的分派行為に対しかなり以前から知って注目してきながら,何回も警告もして打撃も与えたが応じないで一線を越えた”と強調しながら‘張成沢一党’の不正をすでにかなり以前から把握していたことを強調することもした。


 

ある政府当局者は“朝鮮中央通信と労働新聞が女や麻薬など張成沢個人の‘破廉恥な’罪目までみな公開したことは各級幹部らに‘調べればみな出てくる’というメッセージを与えようとする意図もあること”と分析した。

また一部では金第1委員長が先代から引き継がれた一種の‘恐怖政治’の手段で、今回の張成沢粛清事件を活用したという分析を出したりもする。
(ソウル=ニュース1)

0 件のコメント:

コメントを投稿