お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2013年12月13日金曜日

判決全文

太字の部分は張成沢の告白。何処まで信用していいのか不明だが、真実らしきものも感じられる。

http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf

【平壌12月13日発朝鮮中央通信】

朝鮮労働党中央委員会政治局拡大会議に関する報道に接して反党・反革命分派分子らに革命のしゅん厳な審判を下すべきだというわが軍隊と人民の憤怒の叫びが全国を震撼させている中で、天下の希代の反逆者である張成沢に対する朝鮮民主主義人民共和国国家安全保衛部の特別軍事裁判が12日に行われた。


特別軍事裁判は、現代版分派のかしらとして長期間にわたって不純勢力を糾合し、分派を形成して朝鮮労働党と国家の最高の権力をさん奪する野望の下であらゆる謀略と卑劣な手口で国家転覆陰謀の極悪な犯罪を働いた被告張成沢の罪科に対する審理を行った。
特別軍事裁判に起訴された張成沢の一切の犯行は審理の過程に100%立証され、被告によって全面的に是認された。

公判では、朝鮮民主主義人民共和国国家安全保衛部特別軍事裁判所の判決文が朗読された。

判決文の一節一節は、反党・反革命分派分子であり、凶悪な政治的野心家、陰謀家である

張成沢の頭上に下された憎悪と憤激に満ちたわが軍隊と人民のしゅん厳な鉄槌同様であった。

被告張成沢は、朝鮮労働党と国家の指導部と社会主義制度を転覆する目的の下で反党的・反革命的分派行為を働き、祖国に反逆した天下の希代の反逆者である。

張成沢は早くから、金日成主席と金正日総書記の高い政治的信任によって党・国家の責任ある職位に登用され、主席と総書記の恩恵を誰よりも多く受けた。

張成沢は特に、金正恩元帥から以前よりも高い職務と大いなる信頼を受けた。
張成沢が白頭山の不世出の偉人たちから受けた政治的信頼と恩恵は、あまりにも身に余るものであった。

信頼には信義で報い、恩恵は衷情で返すのが人間の初歩的な道義である。
しかし、犬にも劣る醜悪な人間のくずである張成沢は、党と領袖から受けたこの上ない信頼と温かい肉親の愛を裏切り、天人共に激怒する反逆行為を働いた。

張成沢は、以前から汚らわしい政治的野心を抱いていたが、主席と総書記が生存している時にはあえて頭を上げることができず、機嫌を取りながら同床異夢、面従腹背していて、革命の代が交代する歴史的転換の時期になってついに時が到来したと思い、本性をさらけ出し始めた。

張成沢は、全党・全軍・全民の一致した念願と意思によって金正恩元帥を金正日総書記の唯一の後継者に高く推戴する重大な問題が討議される時期に、悪巧みをしながら指導の継承問題を陰に陽に妨げる千秋に許せない大逆罪を犯した。

また、自分の巧妙な策動が通じなくなり、歴史的な朝鮮労働党第3回代表者会議ですべての党員と人民軍将兵、人民の総意によって金正恩元帥を朝鮮労働党中央軍事委員会の副委員長に高く推挙したという決定が宣布されて場内が熱狂的な歓呼で沸き返る時、やむを得ず席から立ち上がっていい加減に拍手し、ごう慢不遜に行動してわが軍隊と人民のこみ上げる憤怒をかき立てた。

そして、その時、われ知らずそのように行動したのが金正恩元帥の軍指導地盤と用兵体系が強固になれば、今後、自分が党・国家の権力を奪取するのに大きな障害が生じると思ったからだと自認した。

張成沢はその後、総書記があまりにも突然、あまりにも早く、あまりにも哀惜に逝去すると、以前から抱いていた政権野望を実現するために本格的に策動し始めた。

張成沢は、金正恩元帥の現地指導をしばしば随行するようになったことを悪用して自分がいつも元帥の近くにいながら革命の首脳部と肩を並べられる特別な存在であるということを国内外に示して自分に対する幻想を生じさせようと企んだ。

張成沢は、自分が党・国家指導部の転覆に使う反動分子の群れを糾合するために総書記の教えに逆らい、自分にへつらい追従してひどい打撃を受けて罷免、解任された者をはじめ不純異分子らを巧妙な方法で党中央委員会の部署と傘下機関に引き入れた。

 
張成沢は、青年活動部門に勤めながら敵に買収されて変節した者、裏切り者とぐるになってわが国の青年運動に重大な害毒を及ぼしただけでなく、これらの者が党の断固たる措置によって摘発、粛清された後も、その手先らを引き続き連れて党・国家の要職に就かせた。
また、1980年代からおべっか屋の李龍河を自分が他の職務に転勤するたびに連れて行き、党の唯一的指導を拒否する分派的行動をして追い出された彼を系統的に党中央委員会第1副部長にまで登用して自分の腹心手先につくった。
張成沢は、党の唯一的指導を拒否する重大事件を発生させて追い出された側近とおべっか屋を巧妙な方法で数年間に自分の部署と傘下単位に登用し、前科者、経歴に問題がある者、不平・不満を抱いた者を系統的に自分の周りに糾合しては、その上に神聖不可侵の存在として君臨した。
そして、部署と傘下単位の機関を大々的に増やし、国の全般事業を掌握して省・中央機関に深く手を伸ばそうと策動し、自分の部署を誰も侵せない「小王国」につくった。
また、不作法にも大同江タイル工場に金日成大元帥と金正日大元帥のモザイク壁画と現地指導事績碑を建立することを阻んだばかりか、金正恩元帥が朝鮮人民内務軍の軍部隊に送った親筆書簡を天然花崗岩に刻んで部隊の指揮部庁舎の前に丁寧に建てようという将兵の一致した意見を黙殺したあげく、やむを得ず陰の片隅に建立するように押し付ける妄動を振るった。
張成沢がこれまで朝鮮労働党の組織的意思である党の路線と政策に系統的に逆らう反党的行為を働いたのは、自分を党が結論した問題も、党の方針もひっくり返すことのできる特殊な存在であるかのように見せかけて自分に対する極度の幻想と偶像化を助長させようとする故意かつ不純な企図の発露であった。
張成沢は、自分に対する幻想を抱かせるために党と領袖へのわが軍隊と人民の清潔な衷情と熱い真心がこもっている物資までも中途で横取りして腹心手先らに分け与えながら、恩着せがましく振る舞う無作法な行為を働いた。
張成沢が自分に対する幻想と偶像化を助長させようとしつこく策動した結果、彼の部署と傘下機関のおべっか屋、追随分子は張成沢を「1番同志」とおだて、なんとしても気に入られるようにするために党の指示にも逆らうところにまで至った。
張成沢は、部署と対象機関に党の方針よりも自分の言葉をもっと重視し、受け入れる異質な活動体系を立てて腹心手先と追随者が朝鮮人民軍最高司令官の命令に不服する反革命的な行為をためらうことなく働くようにした。
最高司令官の命令に不服する者はそれが誰であれ、革命の銃は絶対に許さず、そのような者は死んでもこの地に埋まる所がない。
張成沢は、党・国家の最高の権力を横取りするための第1段階として内閣総理のポストに就く妄想をして自分の部署が国の重要経済部門をすべて掌握して内閣を無力化させ、国の経済と人民の生活を収拾できない破局へ追い込もうと画策した。

また、総書記が最高人民会議第10期第1回会議で立ててくれた新しい国家機構システムを無視して内閣所属検閲監督機関を自分の下に所属させ、委員会、省・中央機関と道・市・、郡級の機関を設けたり、なくしたりする問題、貿易および外貨獲得単位と在外機関をを組織する問題、給料適用問題をはじめ、内閣がつかさどっていた一切の機関活動に関するすべての問題を手玉に取って意のままに牛耳ることによって、内閣が経済司令部としての機能と役割をまともに果たせないようにした。

そして、国家建設監督機関に関連する問題を内閣と当該の省と合意もせず、党に偽り報告をしようと試みていて、当該の幹部らが偉大な大元帥たちが作成してくれた建設法に反するという正当な意見を提起すると、「それなら建設法を修正すればいいではないか」と妄言を吐いた。

張成沢は、職権を悪用して偉大な大元帥たちが立ててくれた首都建設に関する事業体系を乱して数年間に建設・建材拠点を廃虚のようにつくり、狡猾(こうかつ)な手口で首都建設単位の技術者、技能工の隊列を弱化させ、重要建設単位を腹心に渡して金もうけをするようにつくって平壌市の建設を故意に妨げた。

張成沢は、石炭をはじめ貴重な地下資源をむやみに売り払うようにして腹心らが仲買人にだまされて多くの借金をするようにし、去る5月にその借金を返済するとして羅先経済貿易地帯の土地を50年の期限で外国に売ってしまう売国行為もためらわなかった。

2009年、希代の反逆者である朴南基をそそのかして数千億ウォンの朝鮮通貨を乱発しておびただしい経済的混乱が起きるようにし、民心が乱れるように背後で操った張本人もまさに張成沢である。
張成沢は、政治的野望の実現に必要な資金を確保するために各種の名目で金もうけを奨励し、不正腐敗行為をこととしてわが社会に安逸で気が緩み、無規律的な毒素を広めることの先頭に立った。

1980年代の光復通りの建設時から貴金属をかき集めてきた張成沢は、手中に秘密機関を設けて国家の法は眼中になく銀行から巨額の資金を抜き取って貴金属を買い入れることによって、国家の財政管理システムに大きな混乱をきたす反国家犯罪行為を強行した。

張成沢は、2009年からあらゆる醜悪で汚らわしい写真資料を腹心の手下らに流布させて資本主義的不健全さがわが内部に入ってくるように先導し、行く先々でお金をやたらにばら撒いて浮華放縦に流れる生活をこととした。

張成沢が2009年の一年間だけでも、自分の秘密資金倉庫から460余万ユーロをおろして
蕩尽した事実と外国の賭博場の出入りまでした事実一つだけを見ても、彼がどんなに堕落、変質したのかがよく分かる。

張成沢は、政権野望に狂って無分別にのさばったあげく、軍隊を動員すれば政変を成功させることが可能だと愚かに打算して人民軍にまで魔手を伸ばそうと執ように策動した。

張成沢は、審理の過程に「わたしは軍隊と人民が現在、国の経済実態と人民の生活が破局的に広がるにもかかわらず、現政権が何の対策も立てることができないという不満を抱くようにしようと試みた」として政変の対象がまさに「最高指導者同志だ」と希代の反逆者ならではの醜悪な本心をそのままさらけ出した。

 
 
また、政変の手段と方法について
 
人脈関係にある軍隊の幹部を利用したり、側近を駆り出して手玉に取っている武力でしようとした。最近、任命された軍隊の幹部はよく知らなくても、以前の時期に任命された軍隊の幹部とは面識がある。そして今後、人民と軍人の生活がより悪化すれば、軍隊も政変に同調するのではないかと思った。そして、わたしがいた部署の李龍河、張秀吉をはじめとする腹心らはいくらでもわたしに従うだろうと思い、政変に人民保安機関を担当した人も、わたしの側近に利用してみようとした。このほか、幾人もわたしが利用できると考えた」とはばかることなく言い散らした。
張成沢は、政変を起こす時点と政変以後にはどうしようと考えたのかについて、「政変の時期ははっきりと定めていなかった。しかし、一定の時期になって経済が完全に破産し、国家が崩壊直前に至れば、わたしがいた部署とすべての経済機関を内閣に集中させてわたしが総理になろうと思った。わたしが総理になった後は、今までいろいろな名目で確保した莫大な資金で一定に生活問題を解決してやれば人民と軍隊はわたしの万歳を叫ぶであろうし、政変は順調に成功するものと打算した」と白状した。
張成沢は、卑劣な方法で権力を奪取した後、外部世界に「改革家」に認識された自分の醜悪なざまを利用して短期間に「新政権」が外国の「認定」を受けられるだろうと愚かに妄想した。
諸般の事実は、張成沢が米国とかいらい逆賊一味の「戦略的忍耐」政策と「待つ戦略」に便乗してわが共和国を内部から瓦解、崩壊させ、党・国家の最高の権力を掌握しようと以前から最も狡猾で陰険な手段と方法をすべて動員して悪らつに策動してきた天下にまたといない希代の反逆者、売国奴であることを示している。

 
張成沢の反党的、反国家的、反人民的な罪悪は、共和国国家安全保衛部特別軍事裁判所の審理過程にその憎悪すべき醜悪な全ぼうがことごとく明かされるようになった。
時代と歴史は、党と革命の敵、人民の敵であり、極悪な祖国反逆者である張成沢の歯ぎしりする罪状を永遠に記録し、絶対に忘れないであろう。
 
歳月は流れ、世代が十回、百回交代しても変化することも替わることもないのが白頭山の血統である。
わが党と国家、軍隊と人民はただ、金日成、金正日、金正恩同志以外
には誰も知らない。
この天下で、あえて金正恩元帥の唯一的指導を拒否し、元帥の絶対的権威に挑戦し、白頭山の血統と一個人を対置させる者をわが軍隊と人民は絶対に許さず、それが誰であれ、どこに隠れていても一人残らず掃き集めて歴史のしゅん厳な審判台に立たせ、党と革命、祖国と人民の名で無慈悲に懲罰するであろう。
朝鮮民主主義人民共和国国家安全保衛部特別軍事裁判所は、被告張成沢が敵と思想的に同調してわが共和国の人民主権を覆す目的で強行した国家転覆陰謀行為が共和国刑法第60条に当たる犯罪を構成するということを立証し、凶悪な政治的野心家、陰謀家であり、希代の反逆者である張成沢を革命の名で、人民の名でしゅん烈に断罪、糾弾しつつ、共和国刑法第60条に準じて死刑に処すると判決した。
判決は即時、執行された。

0 件のコメント:

コメントを投稿