お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2013年12月14日土曜日

張成沢の遺体を火炎放射器で焼く? 国民日報

http://news.kukinews.com/article/view.asp?page=1&gCode=pol&arcid=0007846428&code=41111611

とんでもない方法を取った可能性がある。

 

理性を失った北指導部,最も残忍に… “張成沢機関銃射殺後火炎放射器で焼く”

[クッキー政治]韓国のの情報当局は張成沢国防委員会副委員長の処刑方式と関連して,北朝鮮が機関銃で射殺した後,彼の死体を火炎放射器で焼た可能性が最も大きいことと見ている。


情報当局高位関係者は13日“北朝鮮住民たちの恐怖感を極大化するために火炎放射器で死体を大きく傷つけたこと”と話した。

理性を失った北朝鮮指導部が最も残忍な方式で張副委員長を処刑したという分析に重きを置いている。
情報当局は火炎放射器が動員された情況を立証するために情報収集に総力を傾けると分かった。


北朝鮮は判決文に張副委員長を指し示しながら‘そうした者らは死んでもこの土地に埋められる席がない’と強調した。

墓に埋められる最後の人間的配慮もしなかったことを示唆する内容だ。

これに伴い、これまで提起されてきた‘砲撃による処刑説が実際活用された可能性は低い。


機関銃・火炎放射器処刑手法は最近になって北朝鮮でしばしば活用されると分かった。

見慣れない手法ではないのだ。


米国自由アジア放送(RFA)は去る11日北朝鮮が金正恩国防委第1委員長の夫人が関連した疑惑が提起された銀河水管弦楽団のポルノ製作疑惑と関連して,芸術家らを4連機関銃(銃身が4つある機関銃)で処刑した後,火炎放射器で灰にしたと報道した。
国民日報クッキーニュース ハ・ユネ記者justice@kmib.co.kr

0 件のコメント:

コメントを投稿