お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2013年12月19日木曜日

-李雪主錦繻山太陽宮殿参拝 聯合ニュース


-金正恩と腕組 身辺異常説一蹴
-金ギョンヒ,追慕大会・参拝不参加
北朝鮮は17日金正日国防委員長の2周期追悼行事を開いて代を引き継いで,金正恩国防委員会第1委員長の'唯一統治'を強調した。

北김정은 리설주, 금수산태양궁전 참배<YONHAP NO-1833>

北朝鮮はこの日午前金正恩第1委員長が参加した中で平壌体育館で中央追慕大会を開催したのに続き金日成主席と金正日委員長の死体が安置された錦繻山太陽宮殿参拝行事もした。

中央追慕大会で金英南最高人民会議常任委員長は追悼辞を通して"将軍様の思想と偉業を代を引き継いで継承して光るように実現していかなければならない"として"金正恩同志を団結の唯一中心,指導の唯一中心で高く崇めて忠実に敬うのは将軍様の偉業を完成するための根本担保"と強調した。

崔龍海人民軍総政治局長は決議演説で"私たちの革命武力は最高司令官金正恩同志の外にはその誰も知らなくて,そのどんな天地波風の中でもただ1人最高司令官同志だけを敬っていくこと"としながら金第1委員長に対する忠誠を念を押した。
北朝鮮が張成沢の粛清以後、金委員長の2周期追悼行事を金第1委員長に対する忠誠結集の契機に積極的に活用したと分析される。
張成沢の粛清で関心が集まった、彼の夫人で金第1委員長の叔母の金ギョンヒ党秘書は中央追慕大会と錦繻山太陽宮殿参拝に皆参加しなかった。

また張成沢の処刑で去就が注目された金第1委員長の夫人李雪主は昨年に続き今年も錦繻山太陽宮殿参拝にだけ同行し、朝鮮中央TVはこの姿を公開した。

北朝鮮媒体が去る10月16日李雪主の行事出席便りを伝えて62日ぶりに公開席上に乗り出した金第1委員長夫婦はこの日李雪主に対する対内外の色々な説を意識したように腕組みをするなど親しい姿を誇示した。

追慕大会主席団には金第1委員長の右側へ崔龍海人民軍総政治局長,リ・ヨンギル君総参謀長,張ジョンナム人民武力部長などが座ったし,右側で金英南最高人民会議常任委員長,パク・ポンジュ内閣総理,抗日パルチザン出身のファン・スンヒ朝鮮革命博物館長などが位置した。

特に崔総政治局長は昨年と別に金第1委員長すぐそばに座って高まった地位を誇示したし,張成沢処刑を主導したと知らされた崔・ヨンジュン党組織指導部第1部部長と金ウォンホン国家安全保衛部長も主席団に姿を見せた。

0 件のコメント:

コメントを投稿