お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2013年12月30日月曜日

張成沢側近粛清信号弾なるか

粛清は一段落したとの見方もあったが、そうではないらしい。

http://economy.hankooki.com/lpage/politics/201312/e20131228011059120280.htm
■スウェーデン駐在北朝鮮大使本国召還
追加召還対象・範囲に触覚
ヤン・チョルミン記者chopin@sed.co.kr
入力時間:2013.12.28 01:10:59

張成沢前北朝鮮国防委員会副委員長の側近の朴グァンチョル スウェーデン駐在北朝鮮大使が本国で召還されたと知らされた。

北朝鮮が張成沢処刑以後初めて大使級外交官を召還するのにともない張成沢ラインに対する粛清が本格的になされることでないかという観測が出てきている。

27日複数の外交消息筋によれば朴大使夫婦はこの日護送組と見られる人々と共に北京発高麗航空便で北朝鮮に帰った。

スウェーデン,韓国大使館関係者も"朴大使夫婦が召還されたのが合いながら,これをスウェーデン政府から確認した"と伝えた。

朴大使は張成沢が育てた外務省ライン中1人で大使任命をはじめとする北朝鮮外務省要人過程で張成沢と志を同じくした最側近と知らされた。

今回の朴大使召還は張成沢ラインに対する本格的整理作業の信号弾を打ち上げたことではないかとの解釈が出てきている。

北朝鮮は張成沢を処刑しながら,彼を'反革命と反乱の首魁'で公式化しただけに追加粛清に対する名分もすでに確保しておいた状態だ。

北朝鮮は先月末張成沢の妹兄のキューバ駐在北朝鮮大使を召還したと知らされたし,張成沢のおいの張ヨンチョルマレーシア北朝鮮大使家族一行は去る5日召還されたことがある。

ただし張成沢人脈に分類されて,本国召還の可能性が高いと見られたチ・ジェリョン中国駐在北朝鮮大使など主要人物らが席を保全している状況を考慮すれば全面的な召還が始まったと見るには無理があるという分析もある。

実際北朝鮮は14日金国泰党検閲委員長の死亡と関連した国家葬儀委員会名簿を発表しながら,張成沢ラインの核心で呼ばれるロドゥチョル副総理をはじめとして,ムン・ギョンドク平壌市党責任秘書,リ・ヨンス党部長,金ヤンゴン党統一戦線部

長などを含めた。

ある対北朝鮮専門家は"張成沢関連人物が北朝鮮内部だけで数万人と推定される状況で無理な張成沢ライン粛清は金正恩体制の根幹を揺るがす可能性が高い"として"金正恩が冷酷に叔母の夫を処断した点などを考慮すれば張成沢ライン粛清と関連しては

 

緩急調節(スピード調節)をするものと見られる"と明らかにした。

北朝鮮の張成沢ラインに対する粛清方向は北朝鮮が追加で召還する人物の重量感や召還範囲によりその輪郭があらわれると展望される。

0 件のコメント:

コメントを投稿