お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2013年12月13日金曜日

核問題も再燃か RFA

張成沢の処刑が確認され、本格的な混乱開始かもしれない。

http://www.rfa.org/korean/in_focus/nk_nuclear_talks/jangsongtaek-12122013154535.html

張成沢粛清,北核拡散の可能性大きくなって”
ワシントン-ヤン・ヒジョンyangh@rfa.org
2013-12-12Eメール反論コメント文コン・ユ印刷

米国,ワシントンの戦略国際問題研究所(CSIS)で開かれた北朝鮮とイランの核問題関連討論会のデービッド アッシャー前専任専門官.
RFA PHOTO/ヤン・ヒジョン
アンカー:米国の専門家たちは張成沢粛清以後イランに対する北朝鮮の核拡散の可能性がより一層大きくなったと憂慮しました。
ヤン・ヒジョン記者が伝えます。
米国のデービッド アッシャー前国務省東アジア太平洋担当専任専門官は米国などはイランの核交渉合意がなされた時点に北朝鮮の核拡散憂慮がより一層大きくなったと警告しました。
アッシャー前専任専門官:イランがウラニウム濃縮活動を制限するなど核兵器開発をしないと合意したと己惚れてはいけません。
イランは核兵器や関連物質を北朝鮮から輸入できます。
したがって,張成沢の失脚は良い兆候ではありません。

アッシャー前専任専門官は去る11日米国,ワシントンの戦略国際問題研究所(CSIS)と韓国の牙山財団政策研究員が共同で主催した北朝鮮とイランの核問題関連討論会(Iran Nuclear Deal and Its Implications to North Korea)でこのように話しました。

金正恩国防委員会第1委員長は統治資金を調達した張成沢国防委員会副委員長を粛清した後不法に核兵器や高濃縮ウラニウムなど関連物質の輸出を通した外貨稼ぎに躊躇なしに出るという指摘です。

アッシャー前専任専門官はそれと共に米国財務部と国務省などに北朝鮮の核問題に共同で対処できる具体的な行動計画を要求しました。

討論会を参観した戦略国際問題研究所のラリーニクシ博士もこの日自由アジア放送にイランが北朝鮮の核開発に数 十億ドルを投資した情況があるとし,張成沢の粛清がイランと北朝鮮の核協力を加速化することだと強調しました。

ニクシ博士:(張成沢が)さる2月北朝鮮核実験を止めようとしたという報道に信憑性があります。
張成沢は北朝鮮が核開発が加速化されれば北朝鮮と中国の関係が疎遠になることを憂慮したことでしょう。

彼が軍部強硬派に押し出されたので北朝鮮の核開発を支援するイランは速度を速めるように勧めるでしょう。
ニクシ博士は金第1委員長が核実験強行を推進した軍部強硬派の手をあげてくれたし張成沢が勢力争いで押された以上北朝鮮はミサイルと核プログラム開発により一層主力を注ぐと見通しました。

イランはシャハブ ミサイルと同じ技術を利用した北朝鮮のノドンミサイルに装着できる核弾頭がはやく開発されるほど自国の利益に大きく役に立つという立場という説明です。

この日討論会で提案をした韓国のチョン・ヨンウ前大統領府外交安保首席はより効果的で強力な国際社会の制裁が必要だと力説しました。
千前外交安保首席:中国は国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁が北朝鮮に打撃を加えないようにしただけです。(All China did was to make the UN Security Council Resolution harmless and teethless.)

千前外交安保首席は北朝鮮が非核化に対する真正性を証明できないならば米国をはじめとする関連国らは大イラン経済制裁と類似の新しい対北朝鮮制裁を通して,北朝鮮政権を圧迫するように一致団結するべきだと強調しました。
北朝鮮政権が核を保有したまま没落しようが核がなしで政権の安定を維持しようが選択しなければならない程効果的で強力な制裁が必要だという主張です。

 

北朝鮮幹部の名前と年齢

中国の場合、政治局員は70歳で定年だが、朝鮮労働党最高指導部の政治局員(20人)の内訳をみると、80代が最高齢の金国泰(89歳)を筆頭に最高人民会議常任委員長の金永南(85)、党宣伝扇動担当の金基南(84)、最高人民会議議長の崔泰福(83)氏らを含め8人もいる。また、70代も総理の朴奉柱(73)を含め6人いる。一番若いのが30歳の正恩氏で、その次が崔龍海軍総政治局長(63歳)だ。

また、最高権力機関の国防委員会(12人)のメンバーをみると、半数は70歳以上だ。中でも金正恩第一委員長の下に4人いる国防副委員長は、張成沢氏を除けば、李勇茂(88)、呉克烈(83)、金英春(77)らいずれも長老らだ。李勇茂氏は軍総政治局長を、呉克烈、金英春の両氏は軍総参謀長を歴任している。

張成沢解任を決定した政治局拡大会議では張氏の非理、不正を糾弾する討論が行われたが、討論の先鋒に立ったのが、金基南、朴奉柱、金英春ら古参の面々だった。このことを一つとっても、忠臣、重鎮として金日成-金正恩と二代にわたって支えてきた長老グループが三代目の背後にいることがわかる。

 

http://bylines.news.yahoo.co.jp/pyonjiniru/20131211-00030550/

0 件のコメント:

コメントを投稿