お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2013年12月14日土曜日

張成沢,金正男接触発覚…金正男亡命か" YTN

[アンカー]
張成沢の側近がこの前金正恩第1委員長の腹違いの兄、金正男をこっそりと会ったしこれが張成沢処刑の導火線になったという主張が出てきました。
姜成山前北朝鮮総理の婿の康明道,ギョンミン大教授は今日YTNに出演して,このように明らかにして金は米国に亡命を試みるだろうと見通しました。


金文京記者です。
[記者]
"去る10月張成沢の側近が金正恩の腹違いの兄で金正日の長男の金正男

に会って,生活費を伝達した。
1年前から張成沢を監察してきた金正恩がこれを金を擁立しようとすることで判断して,張成沢を処刑した。"
姜成山前北朝鮮総理の婿だった北脱出した康明道教授はYTNに出演して,このように明らかにしました。

[インタビュー:康明道,姜成山前北朝鮮総理婿]
"10月末に側近に(金正男に)の金を与えるといったそうです.生活費を伝達してくれながら,静かにと送ったのに金正恩が見たら問題が深刻です。"

現在中国に留まっている金正男は米国に亡命を試みるだろうと話しました。

金正恩は金を危険な存在で認識して,何回も暗殺を試みたということです。

[インタビュー:康明道,前姜成山北朝鮮総理婿]
"金正恩は金正男を暗殺しようとしたことが何回かある。


保衛委員ら送って暗殺しようとした。
しかし中国が保護していて張成沢がいて,むやみにできなかった。暗殺を試みて逮捕された人々もいますね。"

また張成沢は北朝鮮核をあきらめようとしたし社会主義体制を変化させようとしたとして康教授自身もこういう試みに連携になっていたと明らかにしました。

[インタビュー:康明道,前姜成山北朝鮮総理婿]
"張成沢と手を握れば金正恩に打撃を与えられる,として張成沢が政権を取れば、核を放棄して南北関係を動かせるとのことをして連係輪を探していました。"

康教授は北朝鮮が海外派遣された高位外交官たちの動揺を憂慮して,東南アジア地域公館を中心に撤収命令を下したことと把握していると伝えました。

0 件のコメント:

コメントを投稿