お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2014年1月27日月曜日

北朝鮮 張成沢氏の親族も処刑=金第1書記が指示

聯合ニュースの転電 これが事実とすると、処刑範囲はかなり広い事になる。http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2014/01/24/0900000000AJP20140124001300882.HTML

2014/01/26 10:09文字拡大  文字縮小  印刷 twitter  facebook
【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が、張成沢(チャン・ソンテク)元国防副委員長の粛清後、張氏の親族の大半を処刑したことが分かった。複数の北朝鮮消息筋が26日、明らかにした。

 消息筋によると、張氏の親族に対する処刑は金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の指示により大々的に行われ、処刑の対象者には幼い子どもも含まれた。

 張氏の姉と夫の全英鎮(チョン・ヨンジン)駐キューバ大使、おいの張勇哲(チャン・ヨンチョル)駐マレーシア大使と張大使の20代の息子2人は昨年12月初めに平壌で処刑された。全大使夫妻と張大使夫妻はいずれも銃殺された。このほか、張氏の2人の兄(いずれも故人)の息子や娘、孫に至るまで直系親族は全員処刑された。

 親族らの処刑の時期は確認されていないが、張氏が処刑された昨年12月12日以降と推定される。

 消息筋は、張氏の親族が処刑されたのは張氏の勢力を残さないためだとした上で、張氏の勢力の粛清は広範囲にわたって行われていると説明した。

 

韓国政府 「北朝鮮情勢指数」を初算出=脅威水準など反映

2014/01/26 09:00文字拡大  文字縮小  印刷 twitter  facebook
【ソウル聯合ニュース】韓国政府は、北朝鮮の脅威レベルや体制転換の可能性を示す「北朝鮮情勢指数(NKSI)」を初めて算出した。北朝鮮の反発を考慮し算出結果は一般には公開せず、政府内で政策の参考に用いる。

 統一部当局者は26日、2013年のNKSI算出作業が先ごろ終わったと明かした上で、「分析結果や報告書を作成中だが、外部への公開は難しい」と説明した。

 同部は北朝鮮情勢をより科学的に分析し、対北朝鮮政策に活用しようと2010~2012年に46億5000万ウォン(約4億6000万円)の予算を投入しNKSI算出システムを開発した。

 NKSIは安定指数と体制転換指数、危機指数の三つの分野から成る。

 安定指数は、北朝鮮の政治、経済、軍事などの分野別安定のレベルと北朝鮮当局の統制能力などから北朝鮮体制の安定レベルを測定したもの。

 体制転換指数は、北朝鮮の政治と経済の自由化、社会の多様化などを分析し北朝鮮の体制転換の可能性を示す。 

 危機指数は、分野別の脅威レベルなどを評価し北朝鮮体制の脅威レベルを推定したもの。

 この三つの指数は0~100の数値で示される。100に近いほど北朝鮮の体制が不安定、もしくは脅威や体制変化の兆候が高いことを意味する。

 簡易指数を四半期に1回、正式指数を年に1回算出する。

 昨年のNKSI算出業務は、統一部から委託された政府系シンクタンクの統一研究院が行った。

 ただ、北朝鮮専門家の間ではNKSIは学術的な性格が強く、実際の対北朝鮮政策立案には使いにくいという批判が出ている。

 今回算出された昨年のNKSIには、同12月に発生した張成沢(チャン・ソンテク)元国防副委員長の処刑は反映されていない。

 四半期ごとに算出する現行のモデルは、刻々と変化する北朝鮮情勢を点検し対応しなければならない状況では活用しにくいというわけだ。

 また、調達庁の公開入札を通じ毎年新たに委託機関を探さなければならない点も問題とされる。

 同部当局者は安定的に運用できるよう、一つの機関に3~5年単位で委託する方向で関係官庁と調整中だと説明した。

0 件のコメント:

コメントを投稿