お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2014年2月11日火曜日

張成沢連座、さらに拡大化? RFA

http://www.rfa.org/korean/in_focus/nk_nuclear_talks/recall-02072014092720.html

もともと中国国内の組織は張成沢との関連が指摘されていた。順番に調査を受けているのかも知れない。

 

北,中国内外貨稼ぎ責任者ら召還
中国-金ジュンノxallsl@rfa.org
2014-02-07
北朝鮮が中国に投資した二大外貨稼ぎ業者の北京ヘダンファ食堂と瀋陽の七宝山ホテル支配人が皆強制召還されたと知らされました。
中国で金ジュンノ特派員が報道します。

北朝鮮の中国内最も大きい外貨稼ぎ機関の責任者らが張成沢粛清を前後して,皆帰国措置されたと知らされました。
中国,丹東のある対北朝鮮貿易会社幹部消息筋は北京所在ヘダンファ食堂をはじめとする7ケ北韓国式食堂を総括している支配人が昨年10月中旬召還されて戻らないでいると7日自由アジア放送(RFA)に明らかにしました。

消息筋は“この支配人は平壌ヘダンファ館支配人の夫で平壌ヘダンファ館の副支配人職責も持っている人と知られている”としながら“彼が召還された時点が張成沢の粛清発表がある前の去る10月中旬だった”と話しました。

消息筋はまた“張成沢処刑と共に平壌ヘダンファ館支配人も共に粛清されたと伝えられている”としながら“平壌ヘダンファ館支配人が張成沢と深い関係といううわさもあった”と付け加えました。

したがって北京ヘダンファ館支配人も召還された後粛清された可能性が高いとこの消息筋は強調しました。

消息筋は続いて“平壌ヘダンファ館が丹東の新市街地にある丹東市政府庁舎近所に大型食堂を賭けにして北京ヘダンファ館支配人が建物まで物色する予定だったが支配人が本国で召還されたせいでその計画は不発に終わった”と話しました。
一方中国,瀋陽に位置した4星級ホテル七宝山ホテル支配人も召還されたと知らされました。
中国,瀋陽の対北朝鮮消息筋は“七宝山ホテル支配人は張成沢処刑以後中国貿易駐在員らがぞろぞろ召還された昨年11月に帰国した後まだ戻れずにいる”と話しました。

消息筋は続いて“召還された後彼の身辺に対して分からないが彼が誤ったということを他の貿易駐在員らから聞いた”と話しました。
‘誤った’という話(言葉)は彼が粛清されたとのことを迂回的に表現したという主張です。

瀋陽駐在北朝鮮総領事館付近に位置した七宝山ホテルは中国内北朝鮮所有の唯一の不動産で買入当時より不動産価格が大きく上がって,北朝鮮の成功的な投資事業体に選ばれています。

瀋陽,七宝山ホテルは北朝鮮の‘保険総会社’所属と知られていながら,投資成功に続く活発な経営実績で良い評価を受けたのに支配人が召還されたのに続き粛清説まで出回って,張成沢との関連説を後押ししています。

0 件のコメント:

コメントを投稿